○広尾町介護予防ボランティアポイント制事業実施要綱

平成27年4月6日

要綱第12号

(目的)

第1条 この要綱は、介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)第115条の45第1項に規定する地域支援事業として、高齢者がボランティア活動に取り組むことで積極的に地域に貢献することを奨励及び支援し、並びに高齢者自身の社会活動を通した介護予防を推進することにより、いきいきとした支え合いのまちづくりを推進することを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において「介護予防ボランティア」とは、第9条の町長が指定した介護予防ボランティア活動の受入れをする施設等(以下「受入施設等」という。)において、支援を必要とする高齢者等に対して実施する原則無償で行う自由意思に基づく奉仕活動をいう。

2 この要綱において「地域包括ケア」とは、住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために、高齢者の健康や生活の変化に対応して提供する総合的な支援をいう。

(基本方針)

第3条 この事業は、高齢者がボランティア精神を尊重し、地域において自らの介護予防を推進するように配慮した実施がなさなければならない。

2 この事業の実施に当たっては、次の効果を上げることができるよう配慮しなければならない。

(1) 地域包括ケアの推進に不可欠な住民参加に関する認識が高まること。

(2) 社会参加活動等に参加する元気な高齢者が増加すること。

(3) 要介護高齢者等に対する介護予防ボランティア活動に関心が高まること。

(4) 介護給付費等の抑制につながること。

(事業の内容)

第4条 この事業は、高齢者が介護予防ボランティア活動を行った場合、その活動実績に応じた評価ポイント(以下「評価ポイント」という。)を付与し、当該対象者の申出により、その評価ポイント数に応じて地域振興券と交換できるものとする。

(対象者)

第5条 対象者は、町内に住所を有する法第9条第1項に該当する介護保険第1号被保険者とする。ただし、次の各号のいずれかに該当する者は、除くものとする。

(1) 感染性の疾病がある者

(2) 疾病又は負傷のため入院治療が必要な者

(3) 法第19条に規定する要介護認定及び要支援認定を受けた者

(4) その他町長が不適当と認める者

(介護予防ボランティアの登録)

第6条 介護予防ボランティア活動を希望する者(以下「申請者」という。)は、広尾町介護予防ボランティア登録申請書(様式第1号)を町長に申請し、登録を受けなければならない。

2 町長は、前項の規定により申請書の提出を受けたときは、その内容を審査し、認めた場合は登録台帳に登録するとともに、申請者に登録証と介護予防ボランティア手帳(以下「手帳」という。)を交付するものとする。

3 前項の規定により要件を満たしていると認められる者は、町が開催する介護予防ボランティア活動を行うために必要な研修を受講するものとする。

4 申請者が受入施設等で活動を行う際は、登録証を常に身に付けていなければならない。

5 前項に規定する手帳は、同一年度において1冊とし、年度ごとに更新するものとする。

(登録の取消し)

第7条 町長は第6条の規定により登録された申請者が次の各号のいずれかに該当するときは、当該登録を取り消すものとする。

(1) 広尾町から転出又は死亡したとき。

(2) 登録台帳に登録されている本人が登録取消しを申し出たとき。

(3) 町長が不適当と認めるとき。

2 前項で登録を取り消したときは、前条第2項の規定により交付を受けた登録証及び手帳を町長に返還しなければならない。

(ボランティア保険の加入)

第8条 介護ボランティアは、町が指定するボランティア活動保険に加入するものとする。

2 前項の規定にかかる費用は、申請者が個人で負担するものとする。

(活動内容及び受入施設等の指定)

第9条 受入施設等は、広尾町介護予防ボランティア活動受入施設等指定申請書(様式第2号)により、あらかじめ町長の指定を受けなければならない。

2 町長は、前項の申請書を受理したときは、その内容を審査し、指定の可否を、当該受入施設等に通知するものとする。

3 受入施設等は、介護予防ボランティア活動を受け入れたときは、広尾町介護予防ボランティア活動記録簿にボランティア活動の実績を記載し、当該ボランティア活動の受入れを行った年度終了後、速やかに町長に報告しなければならない。

(事故等の報告)

第10条 受入施設等は、受け入れたボランティア活動中に事故があったときは、速やかに広尾町介護予防ボランティアポイント制事業事故報告書により町長に報告しなければならない。

(評価ポイントの付与)

第11条 町長は、介護予防ボランティア活動に応じて、次項に定めるところにより、当該介護予防ボランティアの手帳に評価ポイントを付与するものとする。

2 評価ポイントの付与の基準は、次の表のとおりとする。

活動時間

ポイント

評価ポイント付与の上限

30分以上1時間30分未満

1ポイント

活動した受入施設等の数にかかわらず、1日あたり2ポイントを上限とする。

1時間30分以上

2ポイント

3 前項の表に規定する活動時間は、受入施設等にて介護予防ボランティア活動を行った時間並びに介護予防ボランティア活動を行うために必要な説明、指導及び研修を受けた時間の合計を基本とする。

4 介護予防ボランティアは、付与された評価ポイントを第三者に譲渡することはできない。

(評価ポイント交換の申請等)

第12条 介護予防ボランティアは前条の規定により、当該年度に付与された評価ポイントに応じた地域振興券の交付を受けようとするときは、翌年度の一定期間内に広尾町介護予防ボランティアポイント交換申請書(様式第3号)に手帳を添えて町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の規定による申請があったときは、その内容を審査し、評価ポイントの可否を決定するものとする。

3 評価ポイントは、1ポイントにつき100円相当と換算し、広尾町福祉ボランティア評価ポイントと合算し年間50ポイントを上限として、町が発行する地域振興券と交換するものとする。

4 偽りその他不正の行為により、地域振興券の交付を受けた者は、直ちに町長に返還しなければならない。

(ポイントの有効期間)

第13条 評価ポイントの有効期間は、介護予防ボランティア活動を行った日の属する年度の月から、当該年度末までとする。ただし、10ポイント未満の評価ポイントについては繰り越すことができる。

(手帳の紛失)

第14条 介護予防ボランティアが、活動期間中に手帳を紛失した場合は、新たな手帳を交付するものとする。この場合において、それまでの評価ポイントは活動内容の確認がとれる場合を除いて、付与しないものとする。

(個人情報の保護)

第15条 ボランティア活動を行って知り得た個人に関する情報は、正当な理由なく他人に漏らしてはならない。

2 前項の規定は、ボランティア活動を退いた場合も同様とする。

(その他)

第16条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関して必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

1 この要綱は、公布の日から施行し、平成27年4月1日から適用する。

画像

画像

画像

広尾町介護予防ボランティアポイント制事業実施要綱

平成27年4月6日 要綱第12号

(平成27年4月6日施行)