○広尾町道路の構造の技術的基準等を定める条例

平成25年3月21日

条例第7号

(趣旨)

第1条 この条例は、道路法(昭和27年法律第180号。以下「法」という。)第30条第3項及び第45条第3項の規定に基づき、広尾町が管理する町道(以下「町道」という。)の構造の技術的基準及び町道に設ける道路標識の寸法を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において使用する用語は、法及び道路構造令(昭和45年政令第320号)において使用する用語の例による。

(道路の区分)

第3条 この条例における道路の区分は、道路構造令第3条の定めるところによる。

(町道の構造の技術的基準)

第4条 町道を新設し、又は改築する場合における法第30条第3項の規定により条例で定める町道の構造の技術的基準は、法第29条に規定する道路構造の原則に従い、道路構造令で定める基準を参酌して、規則で定める。

(町道に設ける道路標識の寸法)

第5条 法第45条第3項の規定により条例で定める町道に設ける道路標識の寸法は、視認性並びに国道及び道道等との整合性を考慮して、道路標識、区画線及び道路標識に関する命令(昭和35年総理府・建設省令第3号)を準用する。

(移動等円滑化の措置)

第6条 高齢者、障害者等の移動等の円滑化を図るため、移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する主務省令で定める基準に適合させるために必要な措置を講ずるよう努めるものとする。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成25年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現に新設又は改築の工事中の道路については、当該規定に相当する地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の一部の施行に伴う国土交通省関係政令の整備等に関する政令(平成23年政令第424号)による改正前の道路構造令の規定があるときは、当該部分に関しては、改正前の道路構造令の規定の例による。

広尾町道路の構造の技術的基準等を定める条例

平成25年3月21日 条例第7号

(平成25年4月1日施行)