○広尾町立学校「学校相談員」取扱要綱

平成23年3月28日

教委告示第4号

(設置)

第1条 広尾町内の学校において、児童・生徒が悩み等を気軽に話せ、ストレスを和らげることのできる第三者的な存在となり得る者を児童・生徒の身近に配置し、児童生徒が心のゆとりを持てるような環境を提供することが必要であることから、学校に「学校相談員」(以下「相談員」という。)を設置するものとする。

(職務)

第2条 相談員は、配置学校長の指示により次に掲げる職務を行う。

(1) 児童・生徒の悩み相談、話し相手

(2) 地域と学校の連携の支援

(3) その他学校の教育活動の支援

(4) その他配置学校長が指示する事項

(任命)

第3条 相談員は教職経験者若しくは福祉関連経験者など、広尾町に居住し、かつ前条の職務をよく理解し、積極的に取り組む意欲のある者の中から、教育長が任命する。

2 相談員の任用及び退職(任用期間満了の場合を除く。)は教育長が専決し、任命にあっては別記第1号様式により、退職にあっては別記第2号様式により、辞令書を交付して行う。

3 任用期間は1年以内で、かつ、一会計年度を超えないものとし、再任は妨げないものとする。

(定数)

第4条 相談員の定数は、計上予算の範囲内とする。

(勤務時間、その他の勤務条件)

第5条 相談員の勤務条件は、概ね次の各号に掲げることとする。

(1) 1週の勤務時間は6時間以内を基本とするが、配置学校の実態並びに計上予算の範囲において弾力的に対応することができる。

(2) 勤務地は、配置学校とする。

(3) 勤務を要しない日又は期間等は、配置学校長の指示による。

(報償費)

第6条 相談員が職務に従事したときは、報償費を支給する。

2 報償費は月額とし、1,000円に1箇月の勤務時間数を乗じて得た額とする。

3 報償費の計算期間は、月の1日から末日までとし、当該月の報酬の支給日は、原則として翌月の5日(その日が休日、日曜日又は土曜日(以下「休日等」という。)に当たるときは、その前日において、その日に最も近い日で、休日等でない日)とする。

(委任)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が定める。

附 則

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

画像

画像

広尾町立学校「学校相談員」取扱要綱

平成23年3月28日 教育委員会告示第4号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第11編 育/第2章 学校教育/第1節 町立学校
沿革情報
平成23年3月28日 教育委員会告示第4号