○広尾町居住不明介護保険被保険者の資格喪失事務処理要綱

平成21年6月19日

要綱第21号

(目的)

第1条 この要綱は、介護保険料を滞納している第1号被保険者で居住不明と思われる者(以下「居住不明被保険者」という。)の資格の確認及び喪失手続きに関し、必要なことを定め、被保険者資格の適正を図ることを目的とする。

(用語の定義)

第2条 この要綱において、「居住不明」とは、被保険者が住民基本台帳法上の手続きを行わずに転出し、若しくは転居しているか、又は届出地に居住していないことをいう。

(調査対象者)

第3条 調査の対象は、次の各号のいずれかに該当する被保険者とする。

(1) 介護保険料の納入通知書、督促状等の郵便物不着者

(2) 訪問時の常時不在者

(3) 親族、同居人、家主等から居住不明の申出があった者

(台帳等の整備)

第4条 居住不明被保険者の調査台帳(様式第1号)を作成し、処理状況を記載し5年間保管することとする。

(内部調査)

第5条 内部調査は、次による。

(1) 介護保険料の納付状況

(2) 住民基本台帳の確認

(3) 国民健康保険の加入状況(保険証等の更新状況)

(4) 町民税の納付状況

(5) 水道の使用状況

(6) その他

(現地調査)

第6条 現地調査は、次による。

(1) 居住状況の調査確認

(2) 親族又は同居人からの情報収集及び確認

(3) 家主、管理人、近隣者等からの情報収集及び確認

(4) その他

(居住不明被保険者の認定)

第7条 内部調査及び現地調査により転出又は転居している事実が確認出来る者

(居住不明被保険者の確定日)

第8条 居住不明の確定日は、内部調査及び現地調査により集められた資料を基に勘案し、居住しないと判断された日とする。

(決裁)

第9条 居住不明被保険者の認定等は、町長決裁とする。

(介護保険資格喪失の処理)

第10条 居住不明と認定した者は、確定日より介護保険の資格を喪失する。

(介護保険資格の回復)

第11条 介護保険資格を喪失した被保険者から、資格の回復の申し出があった場合、資格の回復年月日は、申し出のあった日とする。

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成21年4月1日から適用する。

画像

広尾町居住不明介護保険被保険者の資格喪失事務処理要綱

平成21年6月19日 要綱第21号

(平成21年6月19日施行)