○広尾町立図書館設置条例施行規則

平成15年3月27日

教委規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、広尾町立図書館設置条例(昭和58年条例第18号)第7条の規定に基づき、広尾町立図書館(以下「図書館」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(開館時間と休館日)

第2条 図書館の開館時間は、次のとおりとする。ただし、図書館長(以下「館長」という。)が必要と認めたときは、これを変更することができる。

(1) 火曜日から日曜日 午前9時30分から午後5時30分

2 図書館の休館日は、次のとおりとする。ただし、館長が必要と認めたときは、これを変更することができる。

(1) 月曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日

(3) 年末年始(12月31日から翌年の1月5日までの日で前号に掲げる日を除く。)

(4) 資料整理日

(5) その他館長が必要と認めた場合

(事務分掌)

第3条 職員の事務分掌については、次のとおりとする。

(1) 図書館協議会に関すること。

(2) 図書資料の収集整備に関すること。

(3) 図書の貸出及び資料・情報の提供に関すること。

(4) 読書サークルの育成に関すること。

(5) 地域、学校教育との連携に関すること。

(6) 町史、年表の管理に関すること。

(7) 児童福祉会館の管理運営に関すること。

(8) その他図書館に関すること。

(入館者の心得)

第4条 入館者は、次の各号に掲げる事項を遵守するものとする。

(1) 所定の場所以外に図書館資料を持ち出さないこと。

(2) 館内において、静粛にし、他人に迷惑をかけないこと。

(3) 喫煙、飲食等を行わないこと。

(入館者の制限)

第5条 館長は、入館者が他人に迷惑を及ぼし、又は館及び備え付け物件をき損又は滅失するおそれがあると認めたときは、退館させることができる。

(利用者の制限)

第6条 館長は、この規則及び館長の指示に違反した者については、図書館資料の利用を一時停止することができる。

(個人貸出)

第7条 図書資料の貸出しを受けることができる者は、十勝管内に居住し、又は通勤、若しくは通学している者とする。ただし、館長が必要と認めた者については、この限りではない。

(貸出期間及び冊数)

第8条 図書の貸出期間は2週間以内とし、同時に貸出しを受けることができる冊数は1人5冊とする。ただし、館長が必要と認めたときは、冊数を別に指定することができる。

2 貸出期間の延長は、期間内に申し出のあった者に対してのみ、返納日から2週間までを限度として認める。ただし、予約者のある場合は、これを認めない。

(返納を怠った者に対する処置)

第9条 館長は、図書を期間内に返納しなかった者に対し、期間を定めて貸出しを禁止することができる。

(団体貸出)

第10条 図書館は、読書活動を行う団体、事業所、機関等(以下「団体」という。)に対し、図書の貸出しを行うことができる。

2 図書の貸出期間は、1ヵ月以内とし、同時に貸出しを受けることができる冊数は、1団体50冊以内とする。ただし、館長が必要と認めたときは期間及び冊数を別に指定することができる。

(図書資料の複写)

第11条 複写をしようとする者は、館長に申込むものとする。

2 館長は、申込みがあったときは、その内容を確認し、許可することとする。

3 複写に要する費用は、実費負担とする。

(パソコンの利用)

第12条 パソコンを利用しようとする者は、館長に申込むものとする。

2 利用者は、館長が別に定める事項を守り使用することとする。

(委任)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長の承認を得て、館長が定める。

附 則

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成16年教委規則第1号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成24年教委規則第3号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

広尾町立図書館設置条例施行規則

平成15年3月27日 教育委員会規則第1号

(平成24年4月1日施行)