○広尾町個別排水処理施設の設置及び管理に関する条例施行規則

平成15年3月13日

規則第7号

(目的)

第1条 この規則は、広尾町個別排水処理施設の設置及び管理に関する条例(平成14年条例第22号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めることを目的とする。

(排水設備等の計画の確認申請)

第2条 条例第5条第1項の規定により計画の確認を受けようとする者は、排水設備等計画確認申請書(別記第1号様式)を提出しなければならない。

2 前項の規定する申請書には、次の各号に掲げる設計図書を添付しなければならない。

(1) 位置図

(2) 平面図

(3) 縦断面図

(4) 構造詳細図

(5) 工事費内訳書

3 町長は、第1項に規定する申請書を受理したときは、これを審査し、基準に適合すると認めたときは、排水設備等計画確認書(別記第2号様式)を申請者に交付し、適合しないと認めたときは、その理由を付して通知しなければならない。

(工事着手)

第3条 前条第3項の規定により確認を受けた者は、確認を受けた日から7日以内に工事に着手しなければならない。ただし、町長が特別の事情があると認めたときは、この限りでない。

(職員の立会い)

第4条 排水設備等を個別排水処理施設に固着させるときは、町長の指定する職員の立会いを受けなければならない。

(排水設備等工事の完了届)

第5条 条例第5条第3項の規定による届出をする者は、排水設備等工事完了届(別記第3号様式)を町長に提出し、当該工事施工業者立会いのうえ、その工事の検査を受けなければならない。

2 前項の規定による検査の結果、不完全と認められる場合は、当該工事施工業者は、町長が指定する期間内に改修しなければならない。

3 当該工事施工業者は、工事完了後1年以内に生じた故障については、その費用を負担し、これを修復しなければならない。ただし、その故障が不可抗力若しくは使用者の故意又は過失に起因する場合はこの限りでない。

4 町長は、第1項の規定による検査(第2項の改修後の検査を含む。)を実施し、その工事が排水設備等の設置基準に適合していると認めたときは、排水設備等工事検査済証(別記第4号様式)を交付する。

(使用開始等の届出)

第6条 条例第6条の規定による届出をする者は、個別排水処理施設使用開始(再開・休止・廃止)届(別記第5号様式)を提出しなければならない。

2 条例第7条の規定による届出をする者は、個別排水処理施設使用(排水設備設置義務者)変更届(別記第6号様式)を提出しなければならない。

(使用料の減免)

第7条 条例第11条の規定により使用料の減免を受けようとする者は、個別排水処理施設使用料減免申請書(別記第7号様式)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の規定による申請について減免の必要を認めたとき、又は減免を却下したときは、個別排水処理施設使用料減免(却下)通知書(別記第8号様式)を申請者に交付するものとする。

(補則)

第8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に町長が定める。

附 則

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

広尾町個別排水処理施設の設置及び管理に関する条例施行規則

平成15年3月13日 規則第7号

(平成15年4月1日施行)