○広尾町収入証紙条例

平成14年12月24日

条例第26号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第231条の2第1項の規定に基づき、証紙による収入の方法等に関し、必要な事項を定めるものとする。

(証紙による収入の方法により徴収する歳入)

第2条 別表に掲げる使用料及び手数料は、証紙による収入の方法により徴収する。

(証紙の種類及び形式)

第3条 証紙の種類は、20円、30円、50円及び70円の4種とする。

2 証紙の形式及び表示の方法は、別に規則で定める。

(領収書の不発行)

第4条 第2条の規定により歳入を徴収したときは、領収書を発行しない。

(証紙の売りさばき)

第5条 証紙は、町長の指定する元売りさばき人及び売りさばき人(以下「売りさばき人」という。)において売りさばくものとする。

2 売りさばき人は、証紙を、町長の定めるところにより、町から買い受けるものとする。

3 町長は、第1項の規定により売りさばき人を指定したときは、直ちにこれを告示しなければならない。指定を取り消したときも、また同様とする。

(証紙の無効)

第6条 消印された証紙又は著しく汚染し若しくはき損した証紙は、無効とする。

(証紙の返還等)

第7条 証紙は、これを返還して現金の還付を受け、又は他の証紙とこれを交換することができない。ただし、第3条の規定による証紙の種類及び形式を変更し、若しくは廃止したとき、又は第5条第1項の規定による売りさばき人の指定を取り消したとき、その他町長がやむを得ないと認めるときは、この限りでない。

(規則への委任)

第8条 この条例に規定するものを除くほか、証紙の取扱いに関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成15年4月1日から施行する。ただし、売りさばき人の指定等に関しては、施行の日前にこれを行うことができる。

別表(第2条関係)

証紙による収入の方法により徴収する歳入

広尾町廃棄物の処理及び清掃に関する条例(平成14年条例第28号)第17条第1項に規定する一般廃棄物の処理手数料

広尾町収入証紙条例

平成14年12月24日 条例第26号

(平成15年4月1日施行)