○広尾町文化財保護条例施行規則

昭和45年4月2日

教委規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、広尾町文化財保護条例(昭和45年条例第12号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(指定文化財の申請手続等)

第2条 町指定文化財の指定を受けようとする者は、別記第1号様式の広尾町文化財指定申請書を広尾町教育委員会(以下「委員会」という。)に提出しなければならない。

(指定及び解除)

第3条 委員会が条例第5条の規定によって町指定文化財の指定をしたときは、別記第2号様式による広尾町文化財指定書(以下「指定書」という。)を所有者及び権原に基づく占有者又は保持者(以下「所有者等」という。)に交付するものとする。

2 委員会が条例第6条第1項の規定により、町指定文化財の指定を解除したときは、別記第3号様式による広尾町指定文化財指定解除書(以下「指定解除書」という。)を所有者等に交付するものとする。

3 所有者等は、前項による指定解除書を受けたとき又は条例第6条第2項の規定に該当するに至ったときは、すみやかに指定書を委員会に返納しなければならない。

(指定書の再交付申請)

第4条 所有者等が指定書を紛失し、又はき損したときは、別記第4号様式による広尾町文化財指定書再交付申請書(以下「再交付申請書」という。)を提出し指定書の再交付を求めることができる。

2 指定書の再交付をうけたいときは、さきに受けた指定書はその効力を失うものとする。

(所有者等の変更届等)

第5条 条例第9条の所有者等の変更等が生じたときは、別記第5号様式により委員会に届出なければならない。

(滅失、き損等の届出等)

第6条 条例第10条の滅失、き損等が生じたときは、別記第6号様式により届出なければならない。

(現状変更届出等)

第7条 所有者等が条例第11条第1項の規定による現状変更等について許可を受けようとするときは、別記第7号様式による広尾町指定文化財現状変更申請書を委員会に提出しなければならない。

2 委員会は、前項の申請を受けたときは、すみやかにその申請内容を審査し、許可することに決定したものについては、当該申請書に別記第8号様式による広尾町指定文化財現状変更許可書を交付するものとする。

(補助金の申請)

第8条 所有者等が条例第12条及び第15条の規定により、補助金をうけようとするときは、別記第9号様式による広尾町指定文化財保護補助金交付申請書を委員会に提出しなければならない。

(その他の届出)

第9条 広尾町指定文化財保持者の事故届は別記第10号様式、広尾町指定文化財修理届は別記第11号様式により届出しなければならない。

(文化財台帳)

第10条 委員会は、文化財台帳を備え文化財の保全活用の状況をあきらかにしておかなければならない。

(委任)

第11条 この規則の施行について必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和53年教委規則第13号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

広尾町文化財保護条例施行規則

昭和45年4月2日 教育委員会規則第1号

(昭和53年3月11日施行)