○広尾町立野塚公民館運営使用規則

昭和41年4月7日

教委規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、広尾町立野塚公民館設置条例(昭和45年条例第25号)(以下「設置条例」という。)第6条及び広尾町立野塚公民館使用条例(昭和45年条例第26号)(以下「使用条例」という。)第12条の規定により必要な事項を定めることを目的とする。

(運営審議会)

第2条 公民館運営審議会は、広尾町野塚公民館運営審議会(以下「審議会」という。)と称し、地域委員をもって組織する。

第3条 審議会に次の役員を置く。

(1) 運営審議委員長 1名

(2) 運営審議副委員長 1名

2 運営審議委員長及び副委員長は、委員の中から互選する。

第4条 審議会の会議は、年2回以上開催し、地域公民館活動の企画立案等を樹立する。

(使用申請)

第5条 公民館を使用するものは、別記第1号様式による使用申込書を公民館長に提出し、許可を受けなければならない。

(使用許可)

第6条 公民館長は、第5条の使用申込書により使用の内容を検討し、別記第2号様式による使用許可書を使用者に交付しなければならない。

(使用許可の条件)

第7条 使用条例第5条の規定による使用許可の条件として、原則として次の事項を厳守しなければならない。

(1) 使用目的が飲食のみであってはならない。

(2) 使用中において飲食する場合には、その時間が2時間をこえてはならない。

(3) 使用中であっても管理上好ましくないと認めたときは、これを停止することができる。

(4) 使用責任者は、使用条例第8条の損害賠償の責に任ずる。

第8条 公民館の開館、閉館時間を次のとおり定める。

開館時間 午前8時

閉館時間 午後9時30分

第9条 公民館には、休館日を定めない。ただし、館長が必要と認めたときは、臨時休館することができる。

(使用料の減免)

第10条 使用条例第7条第1項ただし書の使用料の減免については、次のとおりとする。

(1) 使用料免除

 社会教育関係団体。ただし、社会教育関係団体とは、社会教育法(昭和24年法律第207号)第10条の意義を有するもので、公民館の目的事業に全面的に参加協力する団体で、公民館に登録したものをいう。

 国及び地方公共団体が公のために使用する場合

 町の系統機関並びに補助団体が使用する場合

(2) 使用料減額

前号以外のときで長期及び定期的に使用する場合。ただし、使用料を減額する場合は、教育委員会がこれを査定する。

(雑則)

第11条 この規則の施行に関し必要な事項は、教育長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和53年教委規則第11号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成元年教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

広尾町立野塚公民館運営使用規則

昭和41年4月7日 教育委員会規則第3号

(平成29年9月15日施行)

体系情報
第11編 育/第3章 社会教育/第2節 公民館
沿革情報
昭和41年4月7日 教育委員会規則第3号
昭和53年3月11日 教育委員会規則第11号
平成元年5月19日 教育委員会規則第2号
平成29年9月15日 教育委員会規則第2号