○広尾町小中学校児童生徒の通学区域を定める規則

昭和34年3月1日

教委規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、広尾町内の児童生徒の通学区域を定めることを目的とする。

(この規則の効力)

第2条 この規則は、広尾町内の小、中学校について適用する。

(通学区域の設定の方針)

第3条 通学区域は、学校の分布地勢、交通状況、地区区画及び通学状況等を考慮して定めるものとする。

(通学区域)

第4条 広尾町内各小、中学校児童生徒の通学区域は、別表のとおりとする。

(通学すべき学校)

第5条 広尾町内小、中学校へ入学(転学及び編入学を含む。)しようとするときは、別表によらなければならない。ただし、特別の理由があるときは、入学通知書を受けた日から14日以内に教育委員会に許可申請をすることができる。

(区域外通学許可の手続)

第6条 第5条ただし書の規定により入学しようとする者は、通学を希望する学校の区域外通学許可申請書(別記様式)を教育委員会に提出しなければならない。

2 教育委員会が区域外通学許可申請書を受理したときは、委員会にはかり許可の有無を決定し、学校長を経て本人にその旨を通知しなければならない。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和34年2月1日から適用する。

附 則(昭和40年教委規則第2号)

この規則は、昭和40年8月20日から施行する。

附 則(昭和42年教委規則第2号)

この規則は、昭和42年4月1日から施行する。

附 則(昭和47年教委規則第1号)

この規則は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年教委規則第18号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和54年教委規則第9号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 昭和54年9月6日現在の在学児童、生徒に限りなお従前の例による。

附 則(平成2年教委規則第7号)

この規則は、平成3年1月1日から施行する。

附 則(平成19年教委規則第1号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年教委規則第3号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成26年教委規則第6号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年教委規則第1号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

別表

学校

地域

広尾小学校

ルベシベツ、音調津市街、オナヲベツ、ビタタヌンケ、美幌、フンベ、山フンベ、広尾市街、茂寄、野塚4線より南の野塚区域、野塚市街、新生全域

豊似小学校

野塚4線より北の野塚区域、豊似市街、東豊似、紋別全域

広尾中学校

町内全域

別記様式 略

広尾町小中学校児童生徒の通学区域を定める規則

昭和34年3月1日 教育委員会規則第1号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第11編 育/第2章 学校教育/第1節 町立学校
沿革情報
昭和34年3月1日 教育委員会規則第1号
昭和40年8月3日 教育委員会規則第2号
昭和42年3月6日 教育委員会規則第2号
昭和47年3月16日 教育委員会規則第1号
昭和53年3月11日 教育委員会規則第18号
昭和54年9月6日 教育委員会規則第9号
平成2年12月26日 教育委員会規則第7号
平成19年3月15日 教育委員会規則第1号
平成23年1月28日 教育委員会規則第3号
平成26年9月25日 教育委員会規則第6号
平成28年11月28日 教育委員会規則第1号