○広尾町水洗便所設置補助規則

昭和62年11月9日

規則第13号

(目的)

第1条 この規則は、町が公共下水道処理区域内において既設家屋(住宅、貸家、店舗等)の汲み取り便所を水洗便所に改造する者に対し、予算の範囲内において補助金を交付することについて必要な事項を定め、水洗便所の普及促進を図ることを目的とする。

(補助対象)

第2条 補助対象は、既設家屋を所有し、又は所有者の同意を得て、当該家屋の汲み取り便所を処理区域となった日から3年以内に自己資金をもって水洗便所に改造するため便器、洗浄用具及びこれに伴う給水装置、排水設備を設置する事業とする。ただし、国、地方公共団体、法人、団体が所有し管理する家屋及び町長の指定する用途に供する家屋を除く。)

(補助金額)

第3条 補助金額は、家屋1戸につき2基を限度とし、1基について1年以内は5万円、2年以内は4万円、3年以内は3万円とする。ただし、複数の家屋を有するものについては2戸までとする。なお、1系列(汚水管路)に2基ある場合は1基とする。

(補助の申込)

第4条 補助金の交付を受けようとする者は、あらかじめ町長に水洗便所設置補助金交付申請書(別記第1号様式。以下「申請書」という。)を提出しなければならない。

(補助の通知)

第5条 町長は、提出された申請書を審査し、交付決定をした者に対して水洗便所設置補助金交付決定通知書(別記第2号様式)を交付する。

(工事の完成)

第6条 補助金交付決定の通知を受けた者は、通知の日から60日以内に改造工事を完成させ町長に水洗便所改造完成届(別記第3号様式)を提出しなければならない。

(補助金の交付)

第7条 町長は、前条の届出後すみやかに完了検査を行い、これに合格した場合に補助金を交付する。

(補助の取消)

第8条 町長は、補助金の交付決定者が、次の各号の一に該当する場合は、補助の取消しをすることができる。

(1) 補助金交付決定の日から60日以内に工事が完了しないとき。

(2) 虚偽の申請その他不正な方法により補助の決定を受けたとき。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和63年規則第6号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成元年規則第12号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年規則第7号)

この規則は、平成3年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

広尾町水洗便所設置補助規則

昭和62年11月9日 規則第13号

(平成3年3月18日施行)

体系情報
第9編 設/第4章 下水道
沿革情報
昭和62年11月9日 規則第13号
昭和63年3月18日 規則第6号
平成元年6月30日 規則第12号
平成3年3月18日 規則第7号