○広尾町大丸山森林公園設置及び管理に関する条例

昭和57年3月15日

条例第2号

(趣旨)

第1条 この条例は、広尾町大丸山森林公園(以下「公園」という。)の自然の風光を保護するとともに、その利用の促進を図りもって住民の保健、休養に資するため、管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 公園の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 広尾町大丸山森林公園

位置 広尾町字広尾689番地内

(管理)

第3条 公園は、つねに良好な状態において管理し、その設置目的に応じて最も効率的に運用しなければならない。

2 町長は、施設の設置目的を効果的に達成するため、管理を委託することができる。

(行為の制限)

第4条 公園において、次の各号に掲げる行為をしようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

(1) 露店及び興行を行うこと。

(2) 競技会、展示会その他これらに類する催しのため、公園の全部又は一部を独占して利用すること。

(3) 指定した以外の場所へ車両を入れ、又は駐車すること。

2 前項の許可を受けようとする者は、行為の目的、期間及び場所又は行為の内容その他町長の指示する事項を記載した申請書を町長に提出しなければならない。

3 第1項の許可を受けた者が、許可を受けた事項を変更しようとするときは、当該事項を記載した申請書を町長に提出してその許可を受けなければならない。

4 町長は、第1項各号に掲げる行為が、公衆の利用に支障を及ぼさないと認める場合に限り第1項又は前項の許可を与えることができる。この場合、管理上必要な条件を付することができる。

5 町長は、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)の活動に利用されると認められるときは、第1項の許可を与えないものとする。

6 町長は、既に公園の利用を許可している場合において、当該利用が暴力団の活動に利用されていると認めたときは、当該許可を取り消し、又は当該利用の停止を求めるものとする。

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は規則で定める。

附 則

この条例は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(平成25年条例第2号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

広尾町大丸山森林公園設置及び管理に関する条例

昭和57年3月15日 条例第2号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第8編 産業経済/第6章
沿革情報
昭和57年3月15日 条例第2号
平成25年3月21日 条例第2号