○広尾町勤労者生活資金貸付規則

平成9年4月14日

規則第19号

(目的)

第1条 広尾町内に居住する勤労者の福祉の向上を図るため、冠婚葬祭、就学、医療、就職等の生活に必要な健全な経費(以下「生活資金」という。)について、この規則の定めるところにより予算の範囲内で貸付する。

(貸付の対象)

第2条 この規則による貸付は、本町内に居住する勤労者の生活に必要なことが明らかな次に掲げる各号に該当するものに対してのみ実施するものとする。

(1) 本町内に居住する勤労者(ただし、労働組合又は、職員、従業員団体の組織に加入する勤労者を除く)

(2) 町税及び使用料等を完納しているもの。

(貸付の条件)

第3条 貸付の条件は、次のとおりとする。

(1) 貸付金額 1人20万円以内

(2) 貸付期間 1年以内

(3) 保証人 連帯保証人1名を必要とする。(町税及び使用料等完納のもの)

(4) 貸付方法 現金貸付とし、返納方法は、割賦あるいは期日一括返納とする。

(5) 貸付利率 年1%

(貸付申請の手続)

第4条 生活資金の貸付を受けようとするものにあっては、事前に手続き上の相談を町と行うものとする。

(貸付の認定)

第5条 前条による事前相談の結果、貸付をすることが適当と認められた申請者は、町が求める様式第1号及び様式第2号に次に掲げる必要書類を添えて提出しなければならない。

(1) 貸付を受けようとする本人及び連帯保証人の納税証明書各1通

(2) 貸付を受けようとする本人及び連帯保証人の住民票謄本各1通

(3) 貸付を受けようとする本人及び連帯保証人の印鑑証明書各1通

(貸付の取消し及び返還)

第6条 町長は前条により生活資金の貸付を受けたものが、次の各号の一に該当するときは、貸付を取消し、又はすでに貸付した場合貸付金の全部若しくは、一部の返還を命ずることができる。

(1) 借入金を第1条に掲げる目的以外に使用したとき。

(2) 貸付期間内に町税及び使用料の滞納が生じたとき。

(3) 本町より転居するとき。

(4) その他不正借入が明らかなとき。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行し、平成9年4月1日から適用する。

2 広尾町勤労者生活資金貸付制度要綱に基づき貸付けた生活資金は、この規則に基づき貸付けた生活資金とみなす。

附 則(平成11年規則第15号)

(施行期日)

1 この規則は、平成11年4月1日から施行する。

(適用区分)

2 平成11年3月31日までの貸付については、なお従前の例による。

附 則(平成12年規則第23号)

この規則は、平成12年7月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第19号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

3 この規則施行の際、現に残存する様式等は、この規則による改正にかかわらず、必要な改定を加えたうえ、なお当分の間、使用することができる。

画像

画像

広尾町勤労者生活資金貸付規則

平成9年4月14日 規則第19号

(平成19年4月1日施行)