○広尾町林道維持管理規程

昭和38年7月8日

規程第2号

第1条 北海道補助金等交付規則(昭和47年規則第34号)により補助金を受けて設置した林道並びに広尾町が開設し、その管理の責を負う林道については、広尾町が管理し、この規程の定めるところにより維持修繕を行い通行の安全をはかり災害の防止につとめる。

第2条 既設林道は、特別の理由ある場合のほか、当初の築造形態を保持するため毎年必要な管理計画を樹立し、これに基づき維持管理の業務を行う。

第3条 町(以下「管理者」という。)は、林道の現況を記載した台帳を備付しなければならない。

第4条 第2条の管理計画を実施するに必要な経費は、毎年度これを予算に計上する。

第5条 管理者は、必要があると認めたときは、第2条の維持管理の業務の全部又は一部を当該林道に関係ある森林所有者及び受益者の組織する林道愛護組合に実施させることができる。

2 前項の林道愛護組合の設立に関しては、管理計画に定める。

第6条 管理者は、第1条の目的を達成するため、必要と認めたときは、林道の使用者に対し、その使用について指示を行うことができる。

第7条 管理者は、林道の使用者がその使用に際し、林道又はその附帯施設を毀損した場合は、その原因が使用者の使用方法に起因するときは、使用者に対し速やかにこれを修理し、若しくはその損害を補填せしめる。

第8条 災害が発生し道の補助を受けなければ復旧不能な場合は、遅滞なくその状況及び数量、内容を道へ報告するものとする。

第9条 管理者は、適宜路線を観察して維持管理の計画を策定し、又は実施状況を把握してその状況を所定の帳簿(台帳)に記入する。

第10条 管理者は、毎年4月1日までに前年度の維持管理状況を調査し、6月1日までに道へ報告するものとする。

第11条 この規程実施の業務方法は、別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年訓令第1号)

この訓令は、平成12年3月1日から施行する。

広尾町林道維持管理規程

昭和38年7月8日 規程第2号

(平成12年3月1日施行)

体系情報
第8編 産業経済/第2章 林/第4節
沿革情報
昭和38年7月8日 規程第2号
平成3年1月22日 規程第1号
平成12年3月1日 訓令第1号