○広尾町有保安林管理条例

昭和46年12月16日

条例第28号

(趣旨)

第1条 町有保安林の取得、維持、保存及び運用(以下「管理」という。)並びに処分について、法令及び他の条例に特別の定めがある場合を除くほか、この条例の定めるところによる。

(定義)

第2条 この条例において「町有保安林」とは、町の所有に属する林野であって、昭和37年7月26日農林省訓令第42号による保安林及び保安施設地区に関する事務処理規程第2条の規定する17種類のうち町が指定を受け保安林として維持経営するものとする。

(境界の確定)

第3条 町長は、保安林の境界が明らかでないため、管理その他に支障のあるときは、隣接所有者に対し立会を求め、協議の上その境界を確定しなければならない。

(保安林の貸付売払い)

第4条 町有保安林は、その管理上、支障のない限り次の各号に該当する場合は、貸付又は貸付以外の方法により使用させることができる。

(1) 公用、公共用又は公益事業の用に供するとき。

(2) 放牧又は採草の用に供するとき。

(3) 部分林設定をなすとき。

2 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)の活動に利用されると認められるときは、町有保安林を使用させないものとする。

3 既に町有保安林を使用させている場合において、当該使用が暴力団の活動に利用されていると認めたときは、当該使用の停止を求めるものとする。

4 売払いする場合は、その保安林の所在する場所が産業の発展に有効である場合に限る。

(整備計画)

第5条 町有保安林の整備計画及び前条に定める事項のうち採草を除くほかは、町議会の議決を得なければならない。ただし、植栽については、国が樹立する森林計画に基づいて編成する森林経営計画によって施工する。

(監守員の設置)

第6条 山火、盗伐、境界侵害等の防止及び合理的な管理経営を行うため地区監守員及び常勤監守員を置くことができる。

(その他)

第7条 この条例施行のため必要な事項は、町長が別にこれを定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年条例第15号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

広尾町有保安林管理条例

昭和46年12月16日 条例第28号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第8編 産業経済/第2章 林/第4節
沿革情報
昭和46年12月16日 条例第28号
平成25年3月21日 条例第15号