○広尾町営牧場管理委託事務取扱要綱

平成2年4月11日

要綱第2号

(趣旨)

第1条 この要綱は、広尾町営牧場(以下「牧場」という。)の管理委託に係る必要な事項を定めるものとする。

(管理委託の手続き)

第2条 管理委託の手続きは、次のとおりとする。

(1) 町長は、毎年、管理委託内容を広尾町農業協同組合(以下「農協」という。)に提示する。

(2) 農協は、前号の委託内容に基づき、事業計画書(第1号様式)を作成し、町長が定める日までに提出しなければならない。

(3) 町長は、前号の事業計画書を審査の上、委託契約を締結するものとする。

(4) 農協は、委託事業完了後、実績報告書(第2号様式)を提出しなければならない。

(5) 町長は、前号の報告を受けたときは、その内容について支出証拠書類等の関係書類の検査を行うものとする。

(使用料の徴収手続き)

第3条 使用料の徴収手続きは、次のとおりとする。

(1) 農協は、毎月の使用料が確定したときは、ただちに収納金報告書により会計管理者に通知し、併せて町長に使用者別明細を報告しなければならない。

(2) 農協は、調定後、毎月納期限を定めた1週間前までに納入通知書により利用者に通知しなければならない。

(書類の整備)

第4条 農協は、次の書類を整備しなければならない。

(1) 家畜管理台帳

(2) 業務日誌

(3) 使用料確定台帳

(4) 経理簿

(5) 支出証拠書類

(6) 出勤簿及び出役簿

(7) その他町長が指示するもの

(調査、指示)

第5条 町長は、牧場の管理運営に必要と認めるときは、委託業務の遂行に関する調査及び指導、指示を行い、農協はこの指示に従い委託業務を遂行しなければならない。

(報告等)

第6条 農協は、毎月牧場の管理状況について、翌月15日までに管理状況報告書(第3号様式)を町長に提出しなければならない。

2 農協は、牧場内で家畜法定伝染病又はその疑いのある疾病の発生をみとめたときは、ただちに町長及び関係機関に報告し、その指示に従って適切な措置を得なければならない。

3 前項のほか、次の事項は、その都度速やかに町長及び関係者に通知し、その指示を得なければならない。

(1) 施設の全部又は一部の利用を休止する必要が生じたとき。

(2) 牧場内で人身事故が発生したとき。

(3) 家畜の死亡事故が発生したとき。

(4) その他町長が指示すること。

(協議)

第7条 農協は、次の事項については、事前に町長に協議しなければならない。

(1) 事業計画の変更

(2) 施設の構造に係る補修及び1件10万円以上の修理

(3) 施設の使用許可に関すること。

附 則

この要綱は、平成2年5月1日から施行する。

附 則(平成19年要綱第25号)

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

画像画像

画像画像

画像

広尾町営牧場管理委託事務取扱要綱

平成2年4月11日 要綱第2号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第8編 産業経済/第2章 林/第3節
沿革情報
平成2年4月11日 要綱第2号
平成19年3月26日 要綱第25号