○広尾町営牧場運営管理条例

平成2年4月11日

条例第6号

広尾町営牧場運営管理条例(昭和43年条例第23号)の全部を次のように改正する。

(設置)

第1条 広尾町における畜産振興の確立を図り、もって農業経営の安定に寄与するため、広尾町営牧場(以下「牧場」という。)を設置する。

(名称、位置及び面積等)

第2条 牧場の位置及び面積は次のとおりとする。

名称

位置

面積

用途区分

オソウシ牧場

広尾町字オソウシ

294.6ha

採草

放牧

東豊似牧場

広尾町字紋別

157.7ha

採草

放牧

(利用者)

第3条 牧場を利用する者は、本町に居住する住民であって乳牛、肉牛を飼養する者(以下「利用者」という。)に利用させる。ただし、町長が特に必要と認めた者についてはこの限りでない。

(利用者の承認)

第4条 利用者は、町長に申請しその承認を受けなければならない。

(使用料)

第5条 利用者は、別表第1に定める使用料を納めなければならない。

2 第3条ただし書の適用を受ける者にかかる使用料は、別表第2のとおりとする。

(利用の変更承認)

第6条 利用者は、牧場の利用に関し、次の各号に掲げる事項を変更しようとするときは、あらかじめ町長の承認を受けなければならない。

(1) 家畜の放牧の利用期間

(2) 家畜の放牧の利用頭数

(指示等)

第7条 町長は、入牧中の家畜が疾病その他の理由によって牧場の管理に支障をきたすおそれのあると認めたときは当該利用者に対して必要な指示をすることができる。

(事故免責)

第8条 利用者の家畜が獣害、盗難、失踪、発疾、外傷、へい死及びその他の事故を生じたときは、町に重大な瑕疵ある場合を除き町はその責を負わない。

(管理の委託)

第9条 町長は、牧場の設置目的を効果的に達成するため必要と認めるときは牧場の全部若しくは一部の管理を委託することができる。

2 前項の管理に関する委託の条件その他必要事項は規則で定める。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は規則で定める。

附 則

この条例は、平成2年5月1日から施行する。

附 則(平成4年条例第16号)

(施行期日)

1 この条例は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成6年条例第5号)

この条例は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成14年条例第30号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年条例第6号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

別表第1(第5条関係)

利用区分

家畜区分

 

乳牛・肉牛(生後9か月以上のもの)

夏期放牧期間

1日1頭当たり 250円

発情牛捕畜料

年間1頭当たり 2,000円

(注) 上記の料金には消費税額を含む。

別表第2(第5条関係)

利用区分

家畜区分

 

乳牛・肉牛(生後9か月以上のもの)

夏期放牧期間

1日1頭当たり 590円

発情牛捕畜料

年間1頭当たり 2,000円

(注) 上記の料金には消費税額を含む。

広尾町営牧場運営管理条例

平成2年4月11日 条例第6号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第8編 産業経済/第2章 林/第3節
沿革情報
平成2年4月11日 条例第6号
平成4年12月22日 条例第16号
平成6年3月22日 条例第5号
平成14年12月24日 条例第30号
平成22年3月15日 条例第6号