○広尾町担い手会館施設設置及び管理運営条例

昭和53年12月19日

条例第45号

(設置)

第1条 担い手会館施設は、農業経営及び技術の改善等、農業振興に多目的利用を図るため設置する。

(名称及び位置目的)

第2条 施設は、「広尾町担い手会館施設」と称し、広尾町字野塚11線44番地1に設置する。

(事業内容)

第3条 第1条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1) 酪農振興会に関する事業

(2) 農業後継者協会に関する事業

(3) 農用地の利用調整に関する事業

(4) 農協婦人部、若妻会に関する事業

(5) トラクター利用組合に関する事業

(6) バルククーラー利用組合に関する事業

(7) 各種講習、研修、実習の開催

(8) その他必要な事業

(職員)

第4条 施設に施設長1名並びに管理人を置き、又は委嘱することができる。

2 施設長は、町長の命を受け、館務を掌理し、職員を指導監督する。

3 職員は、施設長の指揮に従い、執務に従事する。

(運営委員)

第5条 施設の運営を円滑にするため、担い手会館施設運営委員を置くことができる。

2 運営委員の数は10名以内とし、任期は2年とする。ただし、欠員を生じた場合の補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 委員は、次に掲げる者のうちから、町長が委嘱する。

(1) 農業団体に属する職員

(2) 農業改良普及所の職員

(3) 青年、婦人団体の役職にあるもの

(4) 町議会の議員

(5) その他学識経験者

4 委員は、施設の運営につき町長の諮問に応ずるほか、意見を述べることができる。

5 委員会の招集は、町長が行い、別に定めるところにより報酬及び費用弁償を支給する。

(使用承認)

第6条 担い手会館施設を使用するものは、使用願を施設長に提出して承認を受けなければならない。ただし、次の各号の一に該当する場合は、使用を承認しないことができる。

(1) 公安又は風紀をみだすおそれがあると認めるとき。

(2) 建物又は備品をき損するおそれがあると認めるとき。

(3) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)の活動に利用されると認めるとき。

(4) その他施設長が使用を不適当と認めるとき。

2 使用者が施設の使用にあたり特別の施設を使用するときは、あらかじめ施設長の承認を得なければならない。

(使用の停止又は取消)

第7条 次の各号の一に該当する場合は、その使用を停止し、又は使用の承認を取消すことができる。

(1) この条例に違反し、又は施設長、関係職員の指示に従わないとき。

(2) 暴力団の活動に利用されていると認めたとき。

(3) その他施設長において管理上支障があると認めたとき。

(原状回復の義務)

第8条 使用者が使用を終え、又は使用の停止、取消があったときは、直ちに原状に回復して返還しなければならない。

(使用料)

第9条 使用の承認を受けた者は、別表に掲げる使用料を承認と同時に納付しなければならない。

2 第6条第2項の規定により、施設長において特別の施設を使用したために要した費用は、別に徴収する。

3 使用料の徴収につき町の住民及び団体等において第3条に規定する事業及び行事を行った場合、その他町長が相当の事由があると認めたときは、使用料を減免し、又は後納させることができる。

(使用料の還付)

第10条 既に納入した使用料は、還付しない。ただし、次の各号の一に該当するときは、その一部又は全額を還付することができる。

(1) 公用、公益上その使用を取消したとき。

(2) 町長が還付を適当と認めたとき。

(賠償責任の義務)

第11条 施設の使用者は、建物又は附属設備備品などを損傷し、又は滅失したときは、町長が定めるところにより、その損害を補償しなければならない。

(規則への委任)

第12条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和54年2月1日から施行する。

附 則(昭和55年条例第6号)

この条例は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(平成2年条例第15号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成4年条例第16号)

(施行期日)

1 この条例は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成25年条例第2号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

別表

担い手会館施設使用料

(単位円)

区分

室名

使用料

備考

午前(8:00~13:00)

午後(13:00~17:00)

夜間(17:00~21:00)

暖房料

研修室

1,500

1,500

2,000

200

 

相談室(A)

800

800

1,200

150

 

相談室(B)

800

800

1,200

150

 

調理実習室

1,000

1,000

1,500

150

 

(注) 上記の料金には消費税額を含む。

広尾町担い手会館施設設置及び管理運営条例

昭和53年12月19日 条例第45号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第8編 産業経済/第2章 林/第1節
沿革情報
昭和53年12月19日 条例第45号
昭和55年3月11日 条例第6号
平成2年10月2日 条例第15号
平成4年12月22日 条例第16号
平成25年3月21日 条例第2号