○広尾町テレビジョン共同受信施設組合補助金交付規則

平成10年6月16日

規則第20号

(目的)

第1条 本町におけるテレビジョン放送の難視聴解消を目的にテレビジョン共同受信施設(以下「施設」という。)を設置し、テレビジョン放送の再送信業務を行っているテレビジョン共同受信施設組合(以下「組合」という。)に対し、町長が予算の範囲内で必要な助成措置を講ずることにより、地域住民の生活文化の向上を図ることを目的とする。

(対象地域)

第2条 テレビジョン送信アンテナの所在地から遠隔のため又は自然の地形が原因でテレビジョン放送の視聴が困難な地域。

(補助対象経費)

第3条 補助交付の対象となる経費は、日本放送協会から指定されている共聴幹線指定保守業者(以下「保守業者」という。)が積算した経費のうち、次の各号に該当する経費とする。ただし、日本放送協会が負担する経費は、補助対象としない。

(1) テレビジョン放送受信用アンテナ設備に要する経費

(2) 主伝送線設備(主伝送線、増幅器、分岐線等)に要する経費

(3) 第1号第2号の工事に従事する作業員に要する経費

(4) 第1号から第3号までの積算経費の諸経費

(5) 自然災害による施設復旧工事等町長が特に必要と認める経費

(処分等の制限)

第4条 補助金の交付に係る設備について、当該設備を設置した日から起算して5年を経過するまでは町長の承認を受けないで補助金の交付目的に反して使用、譲渡、貸付け及び担保に供してはならない。

(広尾町補助金等交付規則の準用)

第5条 補助金の交付、決定等については広尾町補助金等交付規則を準用する。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

広尾町テレビジョン共同受信施設組合補助金交付規則

平成10年6月16日 規則第20号

(平成10年6月16日施行)

体系情報
第7編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成10年6月16日 規則第20号