○広尾町地域集会施設整備補助規則

平成4年9月10日

規則第15号

(趣旨)

第1条 広尾町における地域コミュニティ活動を促進するため、地域内の住民活動に供することを目的として建設された地域集会施設について、この規則の定めるところにより予算の範囲内で補助金を交付する。

(定義)

第2条 前項に規定する地域集会施設とは、地域住民が地域的な共同活動に供することを目的として建設したもので、当該地域住民が施設の維持管理を行っていることが認められる施設とする。

(補助対象施設)

第3条 補助交付対象となる施設は、当該地域において町長が地域コミュニティ活動の促進を図るうえで、必要と認める地域集会所をいう。

2 前項に該当する場合であっても、次の各号の一に該当するときは対象としない。

(1) 季節的な使用及び短期間の使用と認められる施設

(2) 地方公共団体が現にその施設整備に対し、経費の一部を負担している施設

(3) 営利活動を目的とした施設

(補助金の額の決定)

第4条 補助金の額は、施設建設、増改築、改修に要する経費の4分の1以内で町長の定める額とする。ただし、50万円を限度とする。また、補助金の計算結果において、100円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。

(補助の要望)

第5条 補助金の交付を受けようとする者(以下「補助事業者」という)は、地域集会施設整備補助金交付要望書(第1号様式)に次の書類を添付して町長に提出し、協議するものとする。

(1) 設計図の写し

(2) 見積書の写し

(補助金交付及び不交付決定)

第6条 町長は、申請書に記載された事項及び添付された書類について審査し、必要に応じて現地調査、関係機関への事実の確認等の調査を行い、速やかに可否を決定し地域集会施設等整備補助金交付(不交付)決定書(第2号様式)により、通知するものとする。

(補助金の申請)

第7条 補助事業者は、地域集会施設整備補助金交付申請書(第3号様式)に、次に掲げる書類を添えて町長に提出しなければならない。

(1) 設計図の写し

(2) 様式第4号の領収証明書に所定事項を記載したもの又はこれら所定事項が記載された施設整備工事を行った者の発行した領収書の写し

(3) 完成写真(施設)

(処分等の制限)

第8条 補助金の交付に係る施設については当該施設を整備した日から起算して20年を経過するまでは、町長の承認を受けないで補助金の交付目的に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付けし、取り壊し等、又は担保にしてはならない。ただし、補助金の全部に相当する額(加算金又は延滞金を納入しなければならない場合はそれらの額を含む。)を町に納入した場合は、その限りではない。

2 補助事業者は、次に掲げる事項については、あらかじめ町長の承認を受けなければならない。

(1) 申請した事業の事業量の10パーセントを超える設計変更

(2) 申請した事業費の20パーセントを超える設計変更

(3) 施設等の主要構造の変更

(4) 実施主体又は実施箇所の変更

(5) 補助事業の中止又は廃止

(再申請の禁止)

第9条 第8条の制限を受ける期間内において、重ねて補助金の申請を行うことはできない。

(広尾町補助金等交付規則の準用)

第10条 本規則に定めるもののほか、補助金の交付、決定、変更等については広尾町補助金等交付規則を準用する。

第11条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

付 則

この規則は、公布の日から施行し、平成4年4月1日以後に整備された施設について適用するものとする。

画像

画像

画像

画像

広尾町地域集会施設整備補助規則

平成4年9月10日 規則第15号

(平成4年9月10日施行)