○中川一郎記念館の設置及び管理に関する条例施行規則

昭和63年6月27日

規則第14号

(趣旨)

第1条 この規則は、中川一郎記念館の設置及び管理に関する条例(昭和63年条例第11号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 中川一郎記念館(以下「記念館」という。)の開館時間は、午前9時から午後9時までとし、展示室及び迎賓室の開放時間は午前9時から午後4時30分までとする。ただし、町長が必要と認めたときは時間を変更することができる。

(休館日)

第3条 記念館の休館日は、次のとおりとする。ただし、町長が必要と認めたときは変更することができる。

(1) 毎週月曜日(月曜日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「国民の休日」という。)の場合はその翌日)

(2) 国民の休日の翌日

(3) 12月1日から4月24日まで

(使用の申請)

第4条 記念館の使用の許可をうけようとする者は、1週間前までに中川一郎記念館使用許可申請書(第1号様式)を町長に提出しなければならない。

(使用の許可)

第5条 町長は、前条の申請を受けたときは、その内容を審査し、使用の許可をするときは、使用許可書(第2号様式)を申請者に交付する。ただし、町の主催にかかるものについては、この限りでない。

(不許可の通知)

第6条 条例第6条の規定により使用の許可をしないときは、その旨を決定しこれを書面により申請者に通知するものとする。

(使用許可の取消又は変更)

第7条 第5条の規定により使用許可の交付を受けた者で、当該許可の取消又は内容を変更しようとするときは、2日前までに中川一郎記念館使用許可変更取消書(第3号様式)に使用許可書を添えて町長に提出しなければならない。

2 前項の規定による変更の許可で日程の変更又は使用許可の内容の変更を許可したときは、使用許可変更許可書(第2号様式)を交付する。

(係員の点検)

第8条 町長は、記念館の管理に必要があるときは、当該使用場所に係員を立ち入らせることができる。

(使用者の遵守事項)

第9条 第5条の規定により、使用許可書の交付を受けた者は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 使用許可を受けた施設以外に立ち入らないこと。

(2) 使用許可を受けた施設設備以外を使用しないこと。

(3) その他係員の指示に従うこと。

(入館者の遵守事項)

第10条 入館者(敷地内に立ち入る者を含む。)は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 所定の場所以外で喫煙し、又は火気を使用しないこと。

(2) 館内外を汚損し、又は施設設備を損傷しないこと。

(3) 騒音を発し、暴力を用いる等、他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(4) 指定場所以外に出入りしないこと。

(5) 指定場所以外に車を乗り入れ、又は駐車しないこと。

(入館者の規制)

第11条 町長が、明らかに館内の秩序を乱すおそれがあると認めた者は、入館を拒否することができる。

(損害賠償)

第12条 条例第9条の規定による損害賠償の額は、次の各号に定めるとおりとする。

(1) き損 修繕に要する額

(2) 滅失 残存価格に見合う額

(補則)

第13条 この規則に定めるもののほか、記念館の管理その他必要な事項については、そのつど別に定める。

附 則

この規則は、昭和63年7月10日から施行する。

附 則(平成元年規則第12号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年規則第11号)

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成17年規則第30号)

この規則は、平成18年1月1日から施行する。

附 則(平成20年規則第5号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

中川一郎記念館の設置及び管理に関する条例施行規則

昭和63年6月27日 規則第14号

(平成20年4月1日施行)