○広尾線鉄道記念館設置及び管理に関する条例

昭和63年3月17日

条例第1号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき広尾線鉄道記念館の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 南十勝の開発と地域の発展に貢献してきた「広尾線」の歴史と資料を保存、展示するための施設として、広尾線鉄道記念館(以下「記念館」という。)を広尾町丸山通北2丁目101番地3に設置する。

(管理)

第3条 記念館は、常に良好な状態において管理し、その設置目的に応じて最も効率的に運用しなければならない。

2 町長は、記念館の設置目的を効果的に達成するため、管理を委託することができる。

(賠償責任の義務)

第4条 入館者は、建物及び施設設備、展示資料等を損傷し、又は滅失したときは、町長が定めるところにより、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

広尾線鉄道記念館設置及び管理に関する条例

昭和63年3月17日 条例第1号

(昭和63年3月17日施行)

体系情報
第6編 務/第4章 契約・財産
沿革情報
昭和63年3月17日 条例第1号