○広尾町職員の特殊勤務手当の支給に関する規則

昭和56年3月20日

規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、広尾町職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和56年条例第14号。以下「条例」という。)に基づき、職員の特殊勤務手当の支給に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(伝染病防疫作業手当)

第2条 条例第4条に規定する「伝染病」とは、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第6条第2項及び第3項に定める感染症のほか結核、狂犬病予防法(昭和25年法律第247号)第2条及び家畜伝染病予防法(昭和26年法律第166号)第2条に規定する伝染病(特に人体に感染の危険のあるものに限る。)をいうものとする。

(養護業務手当)

第3条 条例第6条第2項の規定による規則で定める額は、当該職員の給料月額に次の表に掲げる職務の区分に応じる割合を乗じて得た額(10円未満切捨)とする。

施設名

職名

割合

広尾老人ホーム

支援員

100分の2

介護士

100分の2

介護員

100分の2

特別養護老人ホーム

生活指導員

100分の2

介護士

100分の4

介護員

100分の4

(特殊勤務手当の日割計算)

第4条 条例第6条第1項に規定する職員が月の中途において、次の各号の一に掲げる事由に該当した場合には、給料の支給方法に準じて日割計算により支給する。

(1) 新たに当該職員になったとき又は職員でなくなったとき。

(2) 離職し、又は死亡したとき。

(3) 休職又は停職になったとき。

(特殊勤務手当の支給日)

第5条 特殊勤務手当の支給日は、その月分を翌月の給料支給日に支給する。ただし、養護業務手当の支給については、給料の支給方法に準ずる。

(帳簿の作成)

第6条 任命権者は、特殊勤務手当実績簿(別記様式)を作成し、所要事項を記入し、かつ、これを保管しなければならない。

附 則

この規則は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和56年規則第17号)

この規則は、昭和56年7月1日から施行する。

附 則(昭和58年規則第3号)

この規則は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(昭和58年規則第16号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和58年4月1日から適用する。

附 則(昭和62年規則第3号)

この規則は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成2年規則第24号)

この規則は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成5年規則第14号)

この規則は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成6年規則第8号)

この規則は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成12年規則第23号)

この規則は、平成12年7月1日から施行する。

附 則(平成17年規則第3号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第16号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年規則第10号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年規則第21号)

この規則は、公布の日から施行し、平成22年4月1日から適用する。

画像

広尾町職員の特殊勤務手当の支給に関する規則

昭和56年3月20日 規則第2号

(平成22年6月18日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当
沿革情報
昭和56年3月20日 規則第2号
昭和56年6月29日 規則第17号
昭和58年3月28日 規則第3号
昭和58年12月26日 規則第16号
昭和62年3月14日 規則第3号
平成2年12月25日 規則第24号
平成5年4月1日 規則第14号
平成6年3月29日 規則第8号
平成12年6月30日 規則第23号
平成17年2月7日 規則第3号
平成19年3月27日 規則第16号
平成21年3月18日 規則第10号
平成22年6月18日 規則第21号