○広尾町まちづくり推進計画委員会条例

平成10年6月30日

条例第15号

広尾町総合開発振興計画策定審議会条例(昭和53年条例第18号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 広尾町の有する豊かな資源を有効に利用し、及び開発して産業を振興するとともに、生活、文化等に関する施策を推進し、もって町民福祉の向上を図る見地から、広尾町まちづくり推進計画(以下「まちづくり計画」という。)を作成し推進するため、町長の付属機関として、広尾町まちづくり推進計画委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(所掌事項)

第2条 委員会は、広尾町に関するまちづくり計画(計画変更を含む。)につき、町長の諮問に応じて調査審議し、又は意見を具申する。

2 委員会は、まちづくり計画の進捗状況の報告を求め、主要な施策の推進に関し、町長に助言することができる。

(組織)

第3条 委員会は、委員30人以内をもって組織する。

2 委員は、有職者、関係機関等に属する者その他町民のうちから町長が委嘱する。

3 特別な事項を調査審議するため必要があるときは、委員会に臨時委員を置くことができる。

(委員の任期)

第4条 委員の任期は3年とする。ただし、委員に欠員が生じた場合の補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 委員は再任されることができる。

3 臨時委員は、特別な事項に関する調査審議が終了したときは、委員を解かれたものとみなす。

(委員長及び副委員長)

第5条 委員会に委員長及び副委員長各1名を置き、委員の互選により選出する。

2 委員長は会議の議長となり、会務を総括する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

4 委員長、副委員長ともに事故があるときは、あらかじめ委員長の指名する委員が、その職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会は、必要に応じ委員長が招集する。

2 委員会は、委員の過半数が出席しなければ、会議を開くことができない。

(専門部会)

第7条 委員会に委員会の決定により専門部会を置くことができる。

2 専門部会は委員(臨時委員を除く。)及び町職員並びに行政委員会の職員をもって構成する。

3 専門部会は第2条の規定による具申及び助言に関し、委員会から付託された事項について調査審議し、又は案等を作成することができる。

(町長への委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は町長が規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

広尾町まちづくり推進計画委員会条例

平成10年6月30日 条例第15号

(平成10年6月30日施行)