○広尾町電子計算機利活用推進委員会運営規程

平成9年4月1日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この訓令は、広尾町電子計算組織の管理運営等に関する規則(昭和62年規則第7号)第16条の規定に基づき、電子計算機利活用推進委員会(以下「委員会」という。)の運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(委員会の目的)

第2条 委員会は、次の各号に掲げる事項について調査研究及び審議を行うものとする。

(1) 電子計算機利活用推進のための調査研究に関すること。

(2) 電子計算機の簡素で効率的な管理運営に関すること。

(3) 電子計算機の更新のための調査研究に関すること。

(4) ソフトプログラムの研究に関すること。

(5) その他電子計算機に関すること。

(委員長及び副委員長)

第3条 委員の互選により、委員会に委員長1名及び副委員長1名を置く。

2 委員長は、会務を総括し委員会を代表するとともに、会議の議長となる。

3 副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故あるときはその職務を代行する。

(会議)

第4条 委員会は、次の各号に掲げる場合に開催し、委員長が招集する。

(1) 町長の要請があったとき

(2) 委員長が必要と認めたとき

(3) 委員の過半数が必要と認めたとき

2 委員会は、過半数の委員が出席しなければ会議を開くことができない。

3 委員会の議事は、出席委員の過半数で決する。

4 委員長は、必要と認めるときには委員以外の者を指名し、その出席を求めて意見を聞くことができる。

(委員の任務)

第5条 委員の任務は、次のとおりとする。

(1) 委員会を設置した趣旨を踏まえ、その効果を最大限に発揮するため、建設的な意見を反映させるよう努めなければならない。

(2) 委員会で決定された事項を職員に周知し、その徹底を図らなければならない。

(3) その他電子計算機の利活用推進の環境づくりに努めなければならない。

(分科会)

第6条 委員会に第2条の目的遂行のため必要なときは、分科会を置くことができる。

2 分科会は、委員長が委員会に諮り設置する。

3 分科会の会長及び会員は、委員のうちから委員長がこれを指名する。

4 分科会の会長は、分科会を招集し、その議長となり、その運営の任務にあたるとともに、分科会で調査及び研究した事項を委員会に報告しなければならない。

5 分科会の会長は、必要と認めるときには会員以外の者を指名し、その出席を求めて意見を聞くことができる。

(事務局)

第7条 委員会の事務は、総務課職員電算係において処理する。

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか、委員会運営上必要な事項は委員長が委員会に諮りその都度定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成10年訓令第9号)

この訓令は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成11年訓令第3号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年訓令第4号)

この訓令は、平成12年7月1日から施行する。

附 則(平成15年訓令第6号)

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

広尾町電子計算機利活用推進委員会運営規程

平成9年4月1日 訓令第4号

(平成15年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第4節 電子計算
沿革情報
平成9年4月1日 訓令第4号
平成10年4月1日 訓令第9号
平成11年4月1日 訓令第3号
平成12年6月27日 訓令第4号
平成15年3月20日 訓令第6号