○広尾町の木、花、鳥

昭和53年9月12日

告示第24号

1 広尾町の木 オンコ

2 広尾町の花 つつじ

3 広尾町の鳥 カモメ

選定理由

町の木 オンコ(イチイ科)

イチイ科の常緑針葉樹で、北海道ではオンコといい、枝は密生し葉が緑色でこんもりと茂り、落ちついたなかにも美しく、樹質は緻密で狂いも少なく、建築材、彫刻用として用いられている。

広尾町では庭園(観賞用)、生垣などに多くつかわれ、秋には甘い実がなり子どもたちにも親しまれてきた。

木全体の力強さは広尾町の歩みであり、常緑の葉は町が発展していく様子をあらわしている。

町の花 広尾つつじ(ツツジ科)

花は漏斗状、合弁花冠で色は赤を基調として変化に富み、庭園(観賞用)に欠かすことのできない花として広く町民に愛されている。

真紅の花は愛情を表現し、町の将来を担う若者の情熱をあらわしている。

町の鳥 かもめ(カモメ科)

優美な姿で飛びかう海鳥かもめは、翼が長く、尾と脚は短かく水かきをもち、水上を巧みに泳ぎ、日本近海ではカムチャッカ、千島列島で繁殖し、北海道に渡ってくる。

重要港湾を背景に飛びかう姿は、十勝港の躍進をあらわしている。

広尾町の木、花、鳥

昭和53年9月12日 告示第24号

(昭和53年9月12日施行)

体系情報
第1編 規/第1章 町制施行
沿革情報
昭和53年9月12日 告示第24号