心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPまちの紹介行政情報まちづくり人材育成「ひろお未来塾」>開催結果

まちづくり人材育成 「ひろお未来塾」<開催結果>G

第8回 講座

開催日時

開催場所

出席者数


 ひろお未来塾2年目のスタートとなる第8回講座が、4月12日にコミュニティセンター大ホールで開催されました。
 今回の講話では、行動する力を身につけることを目的とした講演会を開催。講師に広尾町出身の北海道議会議員 喜多龍一氏をお迎えし、「広尾町の未来を考える」をテーマにご講話いただきました。当日は一般公開の講演であったため、塾生18名に加え、多くの町民の方々にもご参加いただきました。
 講演会冒頭は、音調津生まれの喜多氏の生い立ちなど身近な話題からなごやかな雰囲気に始まり、その後の本題では3つのキーワードを基に、次のようなお話をいただきました。
 1つ目のキーワードは『自分の町をよく知る』こと。
 「自分の町には何もない、という人は自分の町のことをよく知らない人。町をよく知ることで必ず良さや特徴が発見できる。」
 2つ目のキーワードは『発想力・着想力を磨く』こと。
 「発想力や着想力がないと、どこかで見たようなものばかりになってしまう。新しいことをするためには、既存のものに縛られない新しい発想が必要である。」
 3つ目のキーワードは『町に対する熱い思いを持つ』こと。
 「どんなことをするにしても、町に対する熱い思いがないと良いアイディアは浮かばない。町に対する熱い思いを持つことが、まちづくりへの第1歩である。」
 次々と繰り広げられる熱のこもった講話に、熟成や参加者の多くがメモを取り、熱心に聞き入っているようでした。
 講演会終了後の第2部では喜多氏を囲み、塾生から感想や質問に答えていただく形式で座談会を行いました。
 その中で、相手に自分の考えを伝えるために喜多氏が実績していることは何か、という質問が寄せられると、「話す内容の構成が大切。自分の伝えたいことの柱を立てると話す内容がまとまりやすくなる。また、相手がしっかり自分の言葉を聞いてくれるようにゆっくりと話すことにも気を付けている。」とアドバイスをいただきました。
 また、広い視野を持つコツは何か、という質問に対しては、「多くの経験を積むこと。場数を踏むことでだんだんと視野は広くなっていく。」とお答えいただきました。
 最後に、「広尾町には皆さんのような熱い人たちが必要だ。精一杯頑張ってほしい。」と喜多氏から激励のメッセージを送られた塾生たちは、思い思いに決意を新たにしている様子でした。

【フェイスブックであなたのお店や事業を紹介してみませんか?

 “フェイスブック”とは、インターネットを利用して知人と連絡を取り合ったり、自分の投稿した写真や動画などを他者が閲覧することができるサービスです。
 ひろお未来塾では、昨年度からフェイスブックを活用した『広尾町の情報発信』を行っています。一年間にわたり、広尾町の魅力を感じるところ(自然、景観、食、産業、地域性、人など)や町内のイベントなどについて、塾生有志が持ち回りで担当をし、町内外に向けた紹介ページとして発信を続けてきました。
 今年度は、さらに発信する内容を拡大し、町内のお店や事業などについてもフェイスブック上で紹介していきたいと考えています。
 そこで、この情報発信ページを利用してお店や事業を紹介したい、という方を大募集しています!
 対象は町内で店舗、事業を経営されている方です。担当の塾生が直接お邪魔し、紹介する内容を打ち合わさせていただきます。

 
   

お問い合わせ
企画課 企画係(TEL:01558-2-0184)

 

back前ページへ戻る