心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOP広報ひろおひろおフォトダイアリー2015(平成27年)9月

ひろおフォトダイアリー2015 (平成27年) 9月

9月5日
地域創生成長産業推進講演会
広尾・大樹町民を対象とした「地域創生成長産業推進講演会」が、
前大樹町長 伏見悦夫氏と農林水産大臣政務官 中川郁子氏を講師にお招きし、
広尾町児童福祉会館で行われました。それぞれ「航空宇宙基地づくり」
「地方創生成長産業づくり」と題した講演を行い、今後、
広尾町と大樹町の連携が地域づくりに繋がる、などの講演をしていただきました。
9月6日
サンタランドジャズコンサート
サンタランドジャズコンサートが児童福祉会館で行われました。
広尾・札幌・幕別のジャズスクールが出演し、
日ごろの練習の成果を存分に発揮し、集まった観客を魅了しました。
9月9日
市街地区敬老会
市街地区の敬老会が児童福祉会館で開かれ、
75歳以上の高齢者約200人が出席しました。主催者を代表して、
菅原恵子町内会女性部連絡会長からあいさつの後、村P町長から白寿1人、
米寿9人、喜寿17人の方々にお祝いの言葉とともに記念品が手渡されました。
参加者は、おいしい昼食と余興を楽しみながら、思い出話などに
花を咲かせていました。他にも、町内会各地で9月中に敬老会が行われました。
9月9日
広尾中陸上部全道大会出場
陸上で全道大会への出場権を獲得した広尾中学校(加藤健一校長)の生徒3名が
教育委員会を訪れ、笹原教育長に意気込みを語りました。
「十勝の代表として、これまでの練習の成果を発揮する。」
「少しでも良い成績を残す。」など一人一人が抱負を述べ、
笹原教育長は「出場種目は違うが、
1つのチームだと思って頑張ってください。」と生徒たちを激励しました。
9月13日
福祉まつり
毎年恒例の福祉まつりが、高齢者健康増進センターで開かれました。
幼稚園・保育園の年長児のかわいいダンスやよさこい
小学生や中高合同の吹奏楽に会場は盛り上がりました。
高齢者団体の余興に続き、ゲストの「ゆうこと弥生」が、
観客と一体となって大いに会場を盛り上がりました。
9月14日
3施設合同敬老会
養護老人ホーム・特別養護老人ホーム・なごみの三施設合同敬老会が、
養護老人ホームかもめで開かれました。
長寿の記念品が贈呈されたのち、祝宴が開かれ「まこと会」の皆さんによる
踊りを楽しみながら参加された方はなごなかなひとときを過ごしました。
9月14日
黒澤さん長寿賞
9月14日に満100歳の誕生日(大正4年生まれ)を迎た目黒ハマ子さんに、
町から長寿賞が贈呈されました。村P町長が目黒さんを訪問し、
「これからもお元気で長生きしてください。」と記念の楯を手渡しました。
目黒さんの健康の秘訣は「毎日雨が降っても歩くこと」とおっしゃっていました。
9月14日
広尾高校国際交流派遣生徒あいさつ
9月26日から10月4日まで、カナダ・アルバータ州ブルックス市で海外研修を行う
広尾高校2年の田村未路さん、吉田菜摘さん、松祥太さん、安達優さんの4人と
引率の本村悠也教諭、牧野敏校長らが役場を訪れ、
村P町長、笹原教育長に出発のあいさつを行いました。生徒たちは
「しっかりコミュニケーションを取りたい」「たくさんの人とふれあいたい」など
派遣の抱負を語りました。現地ではホームステイをしながら、
市長への表敬訪問や小・中学校を訪問して日本の文化を紹介するなど、
様々なプログラムが予定されています。
9月20日
広尾町開町記念式典
平成27年度の開町記念式典がコミセン大ホールで行われ、約50人が出席しました。
式典では村P町長が「町民みんなが安心、快適に暮らせるまちづくりを目指します。」
と式辞を述べた後、広尾町発展に尽力された12名・2団体に功労賞、感謝状が贈られました。
9月21日
十勝神社秋季例大祭
十勝神社秋季例大祭が9月20日から22日まで行なわれました。
21日には伝統のみこし行列が行われ、晴天の下、担ぎ手約50人の
威勢のいいかけ声とともにみこしが町内を勇壮に練り歩きました。
各スポーツ少年団による子どもみこしも一緒に練り歩き、
たくさんの町民が沿道から声援を送っていました。
神社境内には飲食物やゲームの屋台が立ち並び、もちまきや
子ども相撲大会も行われるなど、町内はお祭りムードに包まれていました。
9月26日
加藤流三絃会ミニコンサート
加藤流三絃会ミニコンサートが老人福祉センターで行われました。
三味線による「ソーラン節」などの演奏のほか、三味線講座受講者との演奏を行い、
客席からは盛大な拍手。また、手遊びコーナーでは手足を動かしながら歌を歌い、
その難しさに苦戦しながらも、お客さんは楽しんでいる様子でした。
9月27日
海洋博物館開館30周年記念事業
広尾町海洋博物館開館30周年記念事業として、「ミニ百年記念館」と
「蓄音機レコード・コンサート」が9月27日に海洋博物館で行われました。
ミニ百年記念館では小学生以下を対象に、はく製などを用いて、
エゾリスの生態について学びました。レコード・コンサートでは
「襟裳岬」や「風雪ながれ旅」など12曲を聴くことができました。
9月29日
広尾漁協が2施設へ「広輝」を贈呈
広尾漁協さけ定置部会(松安貴雄会長)が、秋サケ「広輝」など計8本を老人ホーム、
特別養護老人ホームへ贈りました。「おいしく食べてください。」と
当日の朝に水揚げされたばかりの広輝を手渡すと、入所者は
「立派な広輝を食べて元気いっぱいになります。」と大喜び。
「広輝」は、焼き魚やあら汁として振る舞われました。
9月30日
秋の交通安全キャンペーン
秋の全国交通安全運動に伴い、町内の関係機関による交通安全キャンペーンを実施しました。
町内の事業所などから約30人が集まり、午前11時から十勝神社前の国道336号で
旗波作戦を実施。道行くドライバーにスピードダウン、
デイライトの点灯など安全運転を呼びかけました。
 ←8月へ 10月へ→


back前ページへ戻る