心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOP広報ひろおひろおフォトダイアリー2015(平成27年)2月

ひろおフォトダイアリー2015 (平成27年) 2月

2月1日
町民スケート大会
広尾町スケート協会(良知明会長)主催の第38回広尾町民スピードスケート大会が
広尾小学校スケートリンクで行われました。幼児・小学生が合わせて44人参加し、
日頃の練習の成果を披露。客席からは、子どもたちを応援する大きな声が響き渡っていました。
2月1日
町民スキー大会
北海道新聞社主催の道新杯広尾町民スキー大会(広瀬浩一会長)が
広尾町営スキー場で行われました。子どもから大人まで参加することができ、
各部門に分かれて競技開始。幼児の部では一生懸命滑る子どもたちの姿に、
保護者や参加者から応援の声が響き渡りました。
2月2日
中高一貫進路講話
広尾高3年生による中高一貫進路講話が広尾中学校体育館で行われました。
講師となった高校3年生の6人はそれぞれ進学・就職の進路が決定しており、
自らの体験談等を広尾中の1〜3年生、豊似中の1、2年生に講話。
中学生の生徒たちは生活態度や勉強のアドバイスを
今後の進路活動に活かすため、真剣に聞いていました。
2月3日
北海道青年農業者会議で最優秀賞
北海道青年農業者会議のプロジェクト発表畜産経営部門で最優秀賞を獲得した
鈴木敏文さんが、村P町長へ受賞報告を行いました。乳牛の病気による経営難を乗り越え、
牛の健康の見直しなど様々な取り組みを紹介。鈴木さんは
「ここまでこられたのは支えてくれた人たちのおかげ。今後は
同じ問題で困っている方々の力になりたい。」と話しました。
2月3日
各保育所・幼稚園で豆まき
町内の各保育所・幼稚園で節分の豆まきが行われました。
ひろお幼稚園では「豆まきの歌」を歌い、「お菓子まき」や節分にちなんだ
「ゲーム大会」を行いました。途中現れた2人の鬼には「鬼は外!福は内!」の
元気なかけ声とともに豆を投げ、心の中の悪い鬼も一緒に追い払いました。
2月6日
老人ホーム「かもめ」節分交流
老人ホーム「かもめ」の多目的ホールで、老人ホーム入所者と丸山保育園児による
節分交流が行われました。節分交流は今年初の試みで、
世代間交流の一環として触れ合いや交流を図ることを目的に実施。
元気に豆を投げる子どもたちの姿に、お年寄りも元気をもらいました。
2月8日
初春芸術祭〈芸能発表〉
広尾町文化協会(小田雅二会長)主催の初春芸術祭(芸能発表)が
児童福祉会館で行われました。ジャズ演奏や人形劇、大正琴、
合唱など10団体・サークルが出演し、日頃の練習の成果を披露。
会場に集まったおよそ200人の観客からは大きな拍手が送られていました。
2月12日
男性のための料理教室
「男性のための料理教室」が健康管理センターで開かれました。
今回は「野菜を食べる!」をテーマに「野菜たっぷりボロネーゼ」
「サラダ」「豆乳のチャウダー」の3品に挑戦。栄養士・食生活サポーターの
指導を受けながら調理を楽しみ、1時間ほどで料理は完成。
試食会では「おいしい」と大好評でした。
2月14日
広尾ジュニアウィンドアンサンブル定期演奏会
広尾小学校の児童23人で編成する広尾ジュニアウィンドアンサンブル(白幡遊雪団長)
の第23回定期演奏会が2月14日に広尾小学校体育館で行われました。
嵐の「ハピネス」や、子どもたちに大人気の「妖怪ウォッチメドレー」など6曲を演奏。
広尾中と広尾高の吹奏楽部も演奏し、最後は小学生から高校生までの
出演者約60名による大迫力の合同演奏が行われ、来場した約200人の
観客からは大きな拍手が送られていました。
2月14日〜28日
帯広百年記念館 移動展
2月14日から28日までの期間、児童福祉会館1階及び2階にて帯広市在住の元映画看板絵師
飯田和幸氏が描いた看板などが展示されていました。かつて管内全ての市町村にあった
映画館について、写真パネルを通してその盛衰を紹介しました。
2月14日
ひろお未来塾卒塾式
ひろお未来塾の卒塾式がコミセン大ホールで行われました。
前半はこれまで塾で学んだ成果を一般公開で発表し、
後半には修了証書が授与されました。2年間の努力が詰まった
一般公開終了後には集まったお客さんから大きな拍手が送られました。
2月15日
野塚小学校閉校記念式典
野塚小学校(海鋒達也校長)の閉校記念式典が野塚小学校体育館で行われ、
同窓生や父母が約200人出席しました。同小学校は明治34年に開校し、
野塚少年消防クラブによる活動など地域に貢献してきました。式典で、
海鋒校長は「閉校してしまうことは残念だが、児童の皆さんは大きな集団の中での
生活に慣れ、たくさんの仲間を作ってほしい。」とあいさつ。また、
児童会長の古関杏菜さんが「祖父や父も学んだ野塚小学校に、
113年間ありがとうと言いたい。」とあいさつしました。
野塚小学校は3月末の卒業式をもって113年間の歴史に幕を下ろし、
広尾小学校に統合します。
2月25日
予算の報道発表
平成27年度予算の報道発表を役場庁議室で行いました。
次年度予算について村P町長から説明があった後、
各報道機関から質問が寄せられました。
2月25日
災害協定調印式
広尾町と一般社団法人十勝地区トラック協会による緊急時における
輸送業務に関する協定調印式が役場応接室で行われました。
この協定では災害時や緊急を要する場合に、優先して円滑な物資輸送を
行うというものです。村P町長は「十勝港で発生すると予測されている、
30Mの津波や予期せぬ災害が発生したときなどの
物資輸送が円滑化することは心強い。」と話しました。
2月27日
商工会 経営講習会
広尾町商工会(橘克弘会長)主催の経営講習会が、
室蘭工業大学理事・副学長の加賀谷誠一氏をお招きし
商工会館で開かれました。「交通インフラ整備とまちの創生」
〜帯広・広尾自動車道開通による広尾町の展望と十勝港の役割〜
をテーマに行われ、加賀谷理事から「帯広・広尾道が完成すれば、
物流の展開と活性化だけでなく医療関係の利便性の改善が起こり、
まちに良い効果が生まれる。」等のお話をしていただきました。
2月28日、3月1日
第3部総合防災訓練
第3部総合防災訓練が広尾町青少年会館で行われました。
救急救命講習や炊き出し訓練などのほか、今回が初の試みとなる
災害時を想定した宿泊訓練も行われました。慣れない環境での
一夜となりましたが、参加者からは緊急時に備えた緊張感が伝わってきました。
 ←1月へ 3月へ→


back前ページへ戻る