心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOP広報ひろおひろおフォトダイアリー2014(平成26年)10月

ひろおフォトダイアリー2014 (平成26年) 10月

10月1日
災害協定調印式
電気設備の保安管理業務を手がける
「一般財団法人 北海道電気保安協会」(大内全理事長、本部:札幌市)と
広尾町は、災害時における電源の復旧に関する協定を結び、
広尾町役場で協定書の調印式が行われました。協定内容は、
広尾町内において大規模災害が発生した際、公共施設の
電気使用設備の応急対応を優先的にを受けることができるというものです。
村P町長は「災害時にライフラインである電源を確保できるのは力強い。」
と協力に感謝していました。
10月2日、3日
アロマ研修
「現場で使えるアロマ活用術〜基本編〜」と題して札幌のwhite庵樹株式会社
代表取締役 堀田拡美氏による講演を2日に行いました。
アロマオイルの効果や効能、注意点と介護現場におけるアロマの活用法で
室内消臭に良いアロマや睡眠導入に良いアロマの方法を資料を基に説明。
また、3日には実際にトリートメント(ハンドマッサージ)の手技を
学び職員同士で実践しリラクゼーション効果を実感しました。
10月5日
愛の鍵モニュメント
愛の鍵モニュメントの施錠式が大丸山森林公園で行われました。
愛の鐘の横に並ぶ愛の鍵モニュメントは、頂部に2つのハートを載せており、
そのツリーに南京錠を掛けることで、永遠の愛を誓うものです。
町内の川井克巳さんご夫婦が最初に愛の鍵を施錠し、川井さんは
「第1号になれてうれしい。」と話していました。
モニュメントに掛ける鍵は、サンタの家で販売しています。
10月5日
サンタランドコンサート
サンタランドコンサートが大丸山森林公園サンタの家野外ステージで
行われました。ひろおサンタランド・ジャズスクール、
札幌・ジュニア・ジャズスクール、小野健悟.Groupの3グループが
楽曲を披露してくれました。ジャズの軽快なリズムが響き渡り、
クリスマスシーズンに向けて、サンタのまちが盛り上がる1日となりました。
10月6日
防火作品コンクール授賞式
第35回防火作品コンクール授賞式が広尾消防署多目的ホールで行われました。
標語、ポスター、作文のそれぞれの部での授賞式が行われ、
町内小学校4〜6年生32人が表彰されました。広尾消防火災予防委員会の
池田セ光会長は「防火意識の高さが伝わってくる作品が多かった。
これからもその意識を忘れないでください。」とあいさつしました。
10月7日
水難救助訓練
水難救助合同訓練が十勝港第3ふ頭で行われました。
広尾海上保安署などの関係機関が連携を取りながらの訓練は、
漁船が岸壁に激突し、乗組員3人が海中に転落したとの想定で実施。
訓練は、緊迫した雰囲気のなか、的確な指示のもと迅速な対応で救助訓練が行われました。
10月7日、9日
広尾小学校食育学習
サケについての食育学習が広尾小学校(鎌田一寿校長)で行われました。
今回は5年生を対象に、サケについて学習をした後、
調理実習を行い試食もしました。慣れない作業に戸惑いながらも、
みんなで協力しながら調理しました。また、9日には町内の給食で、
秋サケ「広輝」が鮭のマヨネーズ焼きとして提供され、
子ども達は「おいしい」と大満足でした。
10月8日
ふるさと講話
広尾中1年生56人を対象とした町長講話が広尾中学校(太田昭弘校長)で
行われました。村P町長から、広尾町の産業や歴史など、
ふるさと広尾について様々なことを学びました。広尾町で始まった
塩づくり事業やサンタランドの活動についてなど、普段学ぶ機会のない
町長の講話に真剣な表情で聞き入っていました。
10月10日
海上自衛隊の多用途支援艦「すおう」入港
海上自衛隊の多用途支援艦「すおう」(980t・乗員47人)が十勝港に入港しました。
「すおう」の主な役割は、日本周辺海域の防衛や海上交通の保護など、
多種多様です。10日午後と11日には一般公開を行い、
2日間でおよそ660人のお客さんが来艦。普段見ることのできない
操縦室などを見学することができ、子どもから大人まで楽しむことができました。
10月11日
ししゃも漁解禁
広尾の秋の風物詩「ししゃも漁」が解禁されました。
港に戻った漁船から銀色に輝くししゃもが水揚げされると、
岸壁では家族らが手際よく選別作業を行っていました。
日本有数の水揚げ量を誇る広尾町の「ししゃも」をPRしようと、
「広尾おいしい町づくりの会」では今年も「ししゃもラリー」を
11月29日まで開催中。参加店自慢のししゃもメニューを食べたり、
旅館・ホテルに泊まってスタンプを集めると抽選でプレゼントがもらえるイベントです。
みなさんも広尾町にお越しになって、今が旬のおいしいししゃもを味わってみてください。
10月15日
広尾少年消防クラブ秋の火災予防運動
広尾少年消防クラブが秋の火災予防運動の初日となる15日に
街頭啓発活動を行いました。広尾小学校の4〜6年生の団員24名が
フクハラ本通店とショッピングプラザるるの2ヶ所に分かれて来店者に
「火の取り扱いに注意してください」と声かけをしました。
10月15日
町長とのふれあいトーク
町内会女性部連絡会(川津和子会長)主催の「町長とのふれあいトーク」を、
コミセン大ホールで開きました。各町内会の女性部長など22名が出席し、
村P町長と意見交換を行いました。町長と直接意見を交わせる
貴重な機会とあって、町のイベントの内容ややまちづくりなど
普段の生活で気づいたことが意見として出されていました。
10月17日 
   
 子育て支援センターミニ運動会
子育て支援センターのミニ運動会が、青少年会館体育館で行なわれました。
親子で2チームに分かれて、かけっこや大玉ころがしなどの競技を楽しみました。
子ども達はお母さんと一緒に力いっぱい駆け回り、会場には元気な声が響いていました。
 10月17日
高齢者見守り協定調印式
広尾町とコープさっぽろが、「高齢者見守り協定」を結びました。
この協定は、コープさっぽろの宅配サービスを利用している
高齢者宅へ配送した際に、担当者が異変を感じたら、
役場やご近所、緊急時には救急車等の手配をする協定内容です。
村P町長は、「安心して住み続けられるまちにしていきたい。」と話しました。
 10月17日
 
広尾高校生海外研修報告
9月27日から10月5日まで、カナダ・アルバータ州ブルックス市で
海外研修を行った広尾高校(岩田一郎校長)2年の菅野瑞貴さん、
中野杏菜さん、佐々木海奈さん、齊藤涼介さんの4人と引率教諭らが役場を訪れ、
村P町長、笹原教育長に海外派遣の報告を行いました。生徒たちは
「積極的に関わることができた」「文化の違いを肌で感じることができた」などと報告。
村P町長は「頑張ったことはこれからの力になる」と生徒たちの今後に期待をしました。 
 10月17日
ハロウィン仮装でパレード
10月31日のハロウィーンを前に、魔女やお化けに仮装したかわいい子どもたちが
役場を訪れました。教育委員会主催の「キッズ英会話教室」が
5年前から行っているもので、同教室に通う子ども達が「ハッピーハロウィーン!」
のかけ声とともに役場庁舎内を回りました。お菓子もらった子ども達はとても喜んでいました。
 10月19日
ルート336花壇づくり 花壇撤去作業
町内会連合会(藤井喜代隆会長)が主催し、国道336号の消防署から楽古橋に
整備してきた花壇の撤去が10月19日に行われました。町内会員ら107人が参加し、
広尾の玄関口で来町者の目を楽しませていた
マリーゴールドの花苗約4,000株をきれいに撤去しました。
 10月24日
育成牛の退牧
町内の酪農家から町営牧場のオソウシで預かっていた育成牛の退牧が
行なわれました。約6か月間のびのびと暮らし、大きくなった牛たち
約160頭は次々とトラックに乗せられて、自分の牧場へと帰っていきました。
 10月25日
第31回サンタランドツリー点灯式
第31回サンタランドツリー点灯式が大丸山森林公園で開かれました。
点灯セレモニー前には広尾町の新マスコットキャラクターの
「さーたちゃん」がお披露目され、午後5時からの点灯セレモニーでは、
村P町長やさーたちゃんの生みの親の七田素榮さんらが来場者の
カウントダウンに合わせスイッチを押すと、公園中に飾り付けられた
約15万個のイルミネーションに一斉に光が灯り、公園内は幻想的な
雰囲気に包まれました。イルミネーションは12月31日まで点灯(午後10時まで)
していますので、ぜひ一度ご覧ください。
10月26日
 
 サンタランド30周年記念講演会
サンタランド30周年記念講演会がコミセン大ホールで行われました。
講師には22年間、ひろおサンタランド「サンタメール」のイラストを描き続けてきた
永田萠さんを招き、来場者には永田さんイラストのポストカードが配られました。
永田さんが作る絵本の中には広尾町の風景が参考にされているなど、
絵本製作についてのお話も聞くことができました。
10月28日
 
 高齢者スポーツ大会
広尾町社会福祉協議会が主催する「高齢者スポーツ大会」が、
高齢者健康増進センターで開かれました。町内12の老人クラブから
高齢者が参加。紅白に分かれて玉運びリレーや玉入れなどで
楽しく体を動かしました。広尾・丸山保育所の児童たちもお遊戯で花を添え、
おじいちゃんおばあちゃんのハッスルぶりに大きな声援を送っていました。
お昼は民生委員がボランティアで豚汁を提供し、参加者は楽しい1日を過ごしました。
10月29日
 
 ミルクフェスティバル
第16回ミルクフェスティバルが農村環境改善センターで行われました。
株式会社石井獣医サポートサービスの代表取締役、石井三都夫さんによる
「牛のための繁殖管理技術について」の講演などを行いました。
終了後には手作りのチーズなどを食べ、懇親会も行いました。
10月30日
 
 環境と芸術の作家展植樹祭
環境と芸術の作家展植樹祭が大丸山森林公園イベント用駐車場で行われました。
サンタランドでの植樹を通じて地球環境の大切さをアピールすることを目的としており、
平成22年から5年間の植樹活動を行っています。植樹に参加した
環境と芸術を考える会の清水事務局長は「この木が成長し、
ファクトリーのツリーになるのを見てみたい。」と話しました。
10月30日
 
 商工会女性部絵本寄贈
広尾町商工会女性部(萬亀山ちず子部長)の萬亀山部長ら2人が
子育て支援センターを訪れ、絵本を寄贈しました。
同女性部が5年前から毎年行っている事業で、
「たくさんの本を読んで、元気に過ごしてください。」と
6冊の絵本を子ども達に手渡し。子ども達はもらった絵本を、
すぐにお母さんに読んでもらい大喜びでした。
 ←9月へ 11月へ→


back前ページへ戻る