心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOP広報ひろおひろおフォトダイアリー2013(平成25年)4月

ひろおフォトダイアリー2013 (平成25年) 4月

4月5日
本庄さんに長寿賞
本庄とせさんが、4月5日に満100歳の誕生日(大正2年生まれ)を迎え、
町から長寿賞が贈呈されました。村P町長が本庄さんを訪問し、
「100歳おめでとうございます。いつまでも元気で長生きしてください。」と
記念の楯を手渡すと、本庄さんはうれしそうに笑顔を見せていました。
この日は息子さんも駆けつけ、節目の記念日をお祝いしました。
4月8日
町内各学校で入学式

町内の各小学校・中学校・高校で入学式が行われました。
広尾小学校(荻原誠路校長)では48名の新入生が、
ピカピカのランドセルを背負って、お父さんお母さんと元気に登校し、
少し緊張した様子で式に臨みました。校長先生から
「やさしいお兄さんお姉さん、先生方にいろいろ教えてもらって、
みんな仲良く楽しい学校生活を送ってください。」とのお話に、
新入生は「はい!」と元気な声で答えていました。
期待と喜びにあふれる小学校生活がスタートします。

4月10日
交通安全キャンペーン
春の全国交通安全運動が4月6日から始まったことを受けて、
町内の関係機関による交通安全キャンペーンを実施しました。
町内の事業所などから約50人が集まり、朝8時から十勝神社前の
国道336号で旗波作戦を実施。道行くドライバーにスピードダウン、
デイライトの点灯など安全運転を呼びかけました。

4月10日
「ゆうゆうベーカリー」試食会
多機能型事業所「ゆうゆう舎」(小林美穂所長)による
パンの製造・販売事業「ゆうゆうベーカリー」が4月からスタートするにあたり、
関係者を集めて役場で試食会が開かれました。利用者の就業機会の確保、
販売を通じて地域の方にもっと施設を知ってもらいたいと
2年前から立ち上げの準備を進めていたもので、十勝産小麦ゆめちからを使い、
広尾産コンブを使ったコンブ水を練りこんだしっとりとした生地が特徴です。
会場には15種類のパンが並べられ、参加者はそれぞれ好きなパンを試食していました。
4月25日に第1回目の販売を役場ロビー、ショッピングセンターるるで行い、
5月は2回、6月からは週1回の販売を予定しています。
4月12日
さけ・ます大漁祈願祭
広尾漁業協同組合(亀田元教組合長)主催のさけ・ます大漁祈願祭が
十勝神社で行われ、漁業関係者約30人が出席しました。
参列者が豊漁と操業の安全を願って玉串を捧げ、亀田組合長は
「TPP問題など漁業を取り巻く環境は依然厳しいが、
安全操業で大漁になることを期待したい。」とあいさつしました。
4月15日
カナダからの短期留学生 表敬訪問
広尾高校国際交流事業でカナダ・ブルックス高校から生徒4人と
引率教諭1人が短期留学に来町しました。
15日には役場を表敬訪問し、村P町長と懇談。
「広尾での生活が楽しみ」「寿司やラーメンがおいしかった」などと感想を話していました。
約1週間、生徒宅にホームステイし、授業や部活に参加したり、
周辺町村を巡るなど日本での生活を満喫していました。
4月16日
クッキング・イン・豊似
パンやアイスクリーム作りを体験できる「クッキング・イン・豊似」が、
豊似農村環境改善センターの調理室で開かれました。
春・秋の年2回開催しており、リピーターの参加者も多い好評の催しです。
10人の参加者はJAひろお女性部の指導を受け、
6種類のパンと5種類のアイス作りに挑戦。パンが焼きあがると、
調理室は香ばしいにおいが立ち込め、試食会では「おいしい」と好評でした。
4月22日
平成24年度体育連盟表彰式
平成24年度の広尾町体育連盟表彰式がコミセンで行われました。
各競技大会で優秀な成績をおさめた12人、2団体に魚井会長から
表彰状とメダルが手渡されました。魚井会長は「皆さんが自己の向上に努め、
各種大会で優秀な成績を修めて、町民に活力を与えたことに対し、
敬意と賞賛を送りたいと思う。これからも広尾町のスポーツ発展のため、
精進されることを願っています。」と受賞者の今後の更なる活躍に期待していました。
4月23日
幼年消防クラブ入団式
広尾・丸山両保育所で幼年消防クラブ入団式が行われました。
子どもたちは金子消防クラブ幹事長、池田広尾消防署長から
はんてんと記念品を受け取り、「ぼくたち、わたしたちは約束を守り、
火遊びは絶対にしません!」と元気に約束。みんなで「火の用心のうた」を
大きな声で歌い、最後にはんてん姿で記念撮影をしました。
4月24日
町内会連合会総会
広尾町町内会連合会(藤井喜代隆会長)の総会がにコミセンで開かれ、
町内会長22名が出席しました。総会の冒頭に町内会役員の
永年勤続表彰式が執り行われ、出席された12名に村P町長、藤井会長から
表彰状、感謝状が手渡されました。総会ではルート336花壇づくりや
町民パークゴルフ大会などの年間事業計画が承認されたほか、
今年度は帯広・広尾自動車道の早期整備促進にかかる
町民署名活動を新たに行うことを決定しました。
4月25日
「ゆうゆうベーカリー」販売開始!
障がい者を支援する多機能型事業所「ゆうゆう舎」(小林美穂所長)が製造した
パンの販売が役場ロビー、ショッピングプラザるるで行われました。
「るる」では午前11時30分の販売開始前からお客さんが列を作って並び、
お揃いのユニフォーム姿で接客した利用者は大忙し。
150個用意したパンは15分ほどで売り切れてしまうほどの盛況ぶりでした。
上々の滑り出しに小林所長は「自分たちで作ったものが売れることは、
利用者にとって大きな喜び、自信になる。たくさんの人に利用して
もらえてうれしいです。」と笑顔で話していました。
次回の販売は5月16日(木)を予定しています。
4月28日
札幌・ジュニア・ジャズスクールがコンサート
札幌・ジュニア・ジャズスクール中学生クラスのメンバー21人によるコンサートが
児童福祉会館で開かれました。同スクールは2010年から毎年この時期に広尾町で
合宿を行っており、今回はその成果発表を兼ねてのコンサートの実施となりました。
「広尾町での合宿が毎年の活動のスタートです。」と話したメンバーたちは
全9曲を披露し、約100人の聴衆は大きな拍手を送っていました。
 ←3月へ 5月へ→


back前ページへ戻る