心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOP広報ひろおひろおフォトダイアリー2013(平成25年)2月

ひろおフォトダイアリー2013 (平成25年) 2月

2月1日
保育所・幼稚園で豆まき
町内各保育所・幼稚園で節分の豆まきが行われました。
ひろお幼稚園と丸山保育所にはそれぞれ2人の鬼が登場。
鬼を間近に見て泣き出す子どももいましたが、勇気を振り絞って
「鬼は外!」のかけ声で豆をぶつけて鬼を幼稚園から追い払い、
子どもたちはほっと一安心の様子でした。
2月1日
広尾高校で雪中予餞会

広尾高校の雪中予餞会が広尾高校グラウンドで行われました。
卒業する3年生を送り出すために、毎年行っている伝統イベントです。
3日間かけてクラスごとに高さ3m、幅10mの雪像を
作成したほか、そりリレーや餅つきを実施。
当日は絶好の天気にも恵まれ、笑い声の絶えない楽しいイベントとなりました。
なお、生徒たちが作った雪像は2日、3日に一般公開も行われました。

2月2日
ジュニアウィンドアンサンブル定期演奏会
広尾小学校の児童20名で編成する広尾ジュニアウインドアンサンブル(會川綾乃 団長)の
第21回定期演奏会が、同小体育館で行われました。
「ウィーアー!」を皮切りに7曲を披露し、会場を盛り上げました。
広尾中と広尾高の吹奏楽部も出演し、2曲ずつ演奏。
最後には出演者全員での迫力ある合同演奏が行なわれ、
来場した約200人の聴衆から大きな拍手が送られていました。

2月3日
町民スキー大会
広尾町スキー協会(宮本裕次会長)による第46回町民スキー大会が、
町営スキー場で開かれました。前日の降雨の影響で
最高のゲレンデコンディションとはなりませんでしたが、
幼児からベテランまで32人が各部門に分かれて回転競技に挑みました。
競技終了後はお菓子拾いなどのゲームも行われ、
会場では子どもたちの歓声が響き渡っていました。
2月10日
北樺町内会で雪まつり
北樺町内会(伊東久寿会長)主催の「防火防犯交通安全雪まつり」が
町内会広場で開かれました。会場には町内会員による手作りの大型すべり台と
雪像も設置され、ソリ大会やビンゴ大会などの催しでお菓子やプレゼントが
当たった子どもたちは大喜び。女性部員による温かいうどんやそばなども振舞われ、
約100人の来場者は楽しく交流を深めていました。
2月14日
新宝浜トンネル安全祈願祭
帯広開発建設部が国道336号(黄金道路)で進めている
「新宝浜トンネル」(2,438m)建設工事の安全を願う祈願祭が、
ビタタヌンケの同トンネル工事現場で行われ、村P町長ら関係者約50人が
玉ぐしを捧げて工事の無事を祈りました。
大雨時の黄金道路通行規制の解消を図る目的で整備される
同トンネルは、2014年度の完成を予定しています。
2月20日
子育て支援センターでひなまつり
子育て支援センターのひなまつりが健康管理センターで行われ、
センターを利用している親子など約40人が参加しました。
手遊びなどで楽しんだ後、千代紙を使ってひな人形づくりに挑戦。
お母さんに手伝ってもらいながら、かわいいお内裏さまとおひなさまが完成しました。
最後にひなあられのプレゼントもあり、子どもたちはにっこり笑顔。
お友達みんなで桃の節句をお祝いしました。
2月21日
新規就農者を激励
広尾町農業担い手育成センター主催の「新規就農者激励の集い」が、
新規就農者4名と農業関係者8名が出席して行われました。
萬亀山JAひろお組合長は「町内には手本となる先輩もたくさんいるので
仲間の輪を大事に、大きな夢と目標を持って足元をしっかり見ながら
がんばってもらいたい。農協もしっかり支援します。」と激励。
新規就農者の尾崎さん、坂本さん、久保さん、横井さんは
「自分の夢をかなえるのはもちろんだが、支えてくれる方々の
ためにもがんばりたい。」などそれぞれ今後の抱負を述べていました。
2月28日
フノリ漁がスタート
広尾の冬の味覚、寒フノリ漁が解禁となりました。
解禁日は2月13日でしたが、悪天候の影響などから
約2週間遅れのスタートとなりました。晴天の下、防寒具に身を包んだ
漁業者が国道336号(黄金道路)沿いの岩場に集まり、
びっしり生えたフノリを手際よく手摘みし、手に持ったかごに
次々と入れていました。漁は4月下旬頃まで続けられる予定です。
 1月へ 3月へ→


back前ページへ戻る