心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOP広報ひろおひろおフォトダイアリー2012(平成24年)12月

ひろおフォトダイアリー2012 (平成24年) 12月

12月1日
ゆうゆう舎が展示即売会を開催
多機能型事業所ゆうゆう舎(小林美穂所長)が展示即売会を児童福祉会館で開きました。
利用者が作成した手作りおもちゃなどの木工製品、クリスマスリースなどの販売や
フリーマーケットが行われ、多くの人でにぎわいました。
小林所長は「来場者も年々増えてきて、手ごたえを感じています。
今後は春・秋の年2回開催を目指したい。」と話していました。
12月2日
中高一貫教育実践発表会
平成18年度に本格スタートした『広尾町連携型中高一貫教育』の成果と
課題を紹介する発表会が広尾高校で開催されました。
中学と高校が連携して行う公開授業、中・高吹奏楽部の合同演奏会、
中高一貫教育6年間の成果発表の後、広尾高校野球部出身でHBC(北海道放送)
アナウンサーとして現在活躍中の水野善公(よしまさ)さんが講演を行いました。
水野さんはアナウンサーらしい軽快な語り口で、野球や勉強など広尾で学んだことが
十分役立ったこと、夢を持ち目標を設定して取り組むことの大切さについて、
集まった学校関係者らに語りかけていました。
12月2日
新鮮で安い海産物が大好評〜広尾漁協「魚の日」
広尾漁業協同組合(亀田元教組合長)が主催する「魚の日」が開かれました。
鮮魚、加工品を格安の値段で提供している毎回大好評のイベントです。
今回は浜茹で毛がにの格安販売が行われるとあって、開始時間前から
長い行列ができ、1人で10ハイ、20ハイと買い求める人もいました。
札幌からの観光ツアー客もバス2台で会場に訪れ、産地ならではの安くて
新鮮な海産物をお土産に購入する姿が見られました。
12月2日
高齢者クリスマス会
広尾町社会福祉協議会主催の「お楽しみクリスマス会」が
老人福祉センターで開かれました。町内の独り暮らしのお年寄りを対象に
毎年催されているもので、71人が参加。
ボランティアによる特製手作り料理に舌鼓を打ちながら、
大正琴の演奏やカラオケ、ビンゴ大会などの余興で楽しい時間を過ごしました。

12月3日
防災マップ改訂へ町民との意見交換
広尾町防災マップの改訂に向け、音調津などの沿岸地区、
市街地区の町民との意見交換が行われました。両地区で約50人が参加。
改訂版マップの素案を見ながら、参加者からは「もっと文字を大きく見やすく」
「海岸地域のみのマップがあれば」などの意見が出されていました。
マップは3月末までの完成を目指し、全戸配布を予定しています。
12月5日
(株)共成レンテムと災害時協定
建設機械レンタルを主に手がける株式会社共成レンテム(黒川和雄社長、本社:帯広市)と
広尾町は、災害時におけるレンタル機材の提供に関する協定を結び、
広尾町役場で協定書の調印式が行われました。協定内容は、広尾町内において
大規模災害が発生した際、建設機械や仮設ハウスなどの機材の優先提供を
受けることができるというものです。村P町長は「災害時に資機材を自前で用意するのは困難。
民間の事業所と協力する体制ができたのは心強い。」と協力に感謝していました。
12月9日
第43回広尾毛がにまつり
「第43回広尾毛がにまつり」がシーサイドパーク特設会場で開かれました。
前日の大雪に加え、当日は強風が吹く悪天候のため、
「毛がに早食い競争」などのイベントが中止となりましたが、
祭り目玉の「毛がに大釜茹で」実演販売には早朝から長い列ができる盛況ぶりでした。
毛がにの他にも新巻鮭やししゃも、いくらなど、
来場者は広尾の豊富な海の幸を満喫していました。
12月17日
民生児童委員全国表彰を受賞
民生児童委員の室木孝子さん(丸山通北6)が、平成24年度の
全国民生委員児童委員連合会長表彰を受賞し、村P町長から伝達されました。
室木さんは平成6年から民生委員、主任児童委員を務め、
保育所や学童保育施設での勤務経験を生かし、子どものいじめ問題や
子育て支援など地域の児童健全育成に貢献されてきました。
室木さんは「主任児童委員の役割はあまり知られていないが、
悩み事があれば気軽に相談してほしい。」と話していました。
12月17日
中学生「税についての作文」で2人に広尾町長賞
11月11日〜17日の「税を考える週間」で募集された
『中学生の「税についての作文」』(国税庁、全国納税貯蓄組合連合会主催)で、
広尾中学校3年の吉田世奈さん、西山瑞姫さんが広尾町長賞を受賞しました。
広尾中学校69編の応募作の中から、優秀作品として選ばれた2人に、
笹原教育長から表彰状と記念品が手渡されました。
12月18日
犯罪のない明るいまちに〜歳末特別警戒出動式
歳末特別警戒出動式が広尾警察署で開かれました。
防犯協会、町内会などから約30人が参加。
広尾警察署の伊藤芳雄署長が「町民がよい新年を迎えられるように、
治安の維持に努めたい。」とあいさつ。その後、町内を巡回して啓発活動を行いました。
12月20日
ひろお幼稚園でもちつき
ひろお幼稚園(堀田由紀子園長)でもちつきが行われました。
園児たちは、おじいちゃんやおばあちゃん、お父さんと一緒におもちをつき、
自分たちであんこを包んであんこもちを作りました。
「杵が重かった」「うまくつけたよ」と普段体験できないもちつきを楽しみ、
最後はみんなでおいしく「ごちそうさまでした!」 
12月20日
子育て支援センタークリスマスコンサート
子育て支援センターの「クリスマスコンサート」が児童福祉会館で行われました。
札幌市を拠点に活動する「パフファミリー」を招き、音楽ありダンスあり
面白マジックありと盛りだくさんの内容で、
集まった約200人の子どもやお母さんたちは
一緒に歌ったり、踊ったりして楽しい時間を過ごしました。
12月27日
中学生海外派遣研修結団式
「中学生海外派遣研修派遣結団式」がコミセンで行われました。
町内の中学生12名と引率者3名が、1月4日から9日間の日程で
アメリカで研修を行います。生徒一人一人が「日本との文化の違いを肌で感じたい。」
「自分の英語力を試したい。」など抱負を述べ、村P町長から「研修で得た教訓を
今後の人生の糧にしてがんばってほしい。」と激励がありました。
最後に生徒を代表し、金石衣織さん(広尾中2年)が「現地で多くのことを学び、
それをたくさんの人に伝えたいです。」と出発に向け、力強くあいさつを行いました。
12月31日
十勝港の2012年(平成24年)の利用実績
「中学生海外派遣研修派遣結団式」がコミセンで行われました。
町内の中学生12名と引率者3名が、1月4日から9日間の日程で
アメリカで研修を行います。生徒一人一人が「日本との文化の違いを肌で感じたい。」
「自分の英語力を試したい。」など抱負を述べ、村P町長から「研修で得た教訓を
今後の人生の糧にしてがんばってほしい。」と激励がありました。
最後に生徒を代表し、金石衣織さん(広尾中2年)が「現地で多くのことを学び、
それをたくさんの人に伝えたいです。」と出発に向け、力強くあいさつを行いました。
 ←11月へ 2012年TOPへ→


back前ページへ戻る