心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOP>広報ひろおひろおフォトダイアリー2010(平成22年)>11月

ひろおフォトダイアリー2010 (平成22年) 11月

11月3、4日
野塚・豊似地区文化祭
野塚地区(11/3,4)と豊似地区(11/3)で文化祭が行われ、子どもたちの習字、
絵画やサークルの陶芸、手芸品などの作品展示が行われました。
豊似地区では劇団風の子による演劇も上演され、たくさんの人が鑑賞に訪れていました。
11月5日
ティラノの読み聞かせおはなし会
町立図書館主催の絵本作家 宮西達也さんによる「読み聞かせおはなし会」が
広尾小学校体育館で行われ、親子連れなど約180人が参加。
子どもたちはキラキラ目を輝かせて絵本に見入り、
宮西さんの楽しい読み聞かせに歓声を上げていました。
11月5日
高齢者スポーツ大会
第38回高齢者スポーツ大会が、高齢者健康増進センターで開かれました。
65歳以上の参加者約130人が4チームに分かれ、ボール渡し競争や風船リレー、
保育所園児との玉入れ合戦など8種目の競技で楽しく体を動かしました。
11月7日
食育1日体験学習
漁師のお母さんとお父さんが先生の1日体験学習が広尾小学校で行われ、
小学5,6年生19人が参加。漁業やサケの話を聞いた後、獲れたてのサケを使って、
サケ鍋、ホイル焼きなどに挑戦。漁師のお父さん、お母さんの指導を受けながら、
ぎこちない手つきでサケをさばき、おいしい料理が出来上がりました。
11月7日
広尾町社会福祉大会
広尾町社会福祉大会が老人ホーム多目的ホールで開催されました。
2年に1回開催されているもので、福祉の向上に功績のあった28人に
社協会長から表彰状、感謝状が贈呈されたほか、
法律講談家の森 和雄氏による記念講演も行われました。
11月7日
東京広尾会総会・懇親会
第30回となる東京広尾会(小林英男会長)の総会・懇親会が東京都池袋で行われ、
広尾町から村P町長ほか8人が出席しました。
出席した首都圏在住の会員31人は、村P町長から故郷広尾町の近況報告を聞いたり、
久しぶりに再会した懐かしい顔と談笑したりと親睦を深めていました。
11月5日〜8日
親善交流少年団が西海市訪問
親善交流少年団として町内の小学生9人が、姉妹市町の長崎県西海市を訪問。
みかん狩り体験や長崎県の原爆資料館、出島などを見学し、
北海道との地域の違いや歴史を学びました。
長崎のおいしいものをたくさん味わい、友達もたくさんできた貴重な4日間でした。
11月14日
秋の芸術祭(芸能発表)
広尾町文化協会主催の第51回秋の芸術祭(芸能発表)が児童福祉会館で行われました。
大正琴、民舞、ダンス、合唱など9団体・サークルが出演し、日頃の練習の成果を披露。
集まった約300人の観衆は大きな拍手を送っていました。
11月16日
豊栄会優秀賞受賞
農業女性グループ「豊栄会」(加藤亜紀代表)が、北海道の「女性・高齢者チャレンジ活動」の
優秀賞に輝き、伝達式が行われました。この日は伝達式の後、野塚小学校の児童に対し、
オリジナルの人形劇の披露やアイスクリーム作りを通して、
酪農の魅力発信や食育活動を熱心に行っていました。
11月17日
マリンJr.道東大会ベスト4
広尾マリン・Jr.少年団が11月6日、7日に開催された
第30回道新カップ北海道小学生バレーボール道東大会でベスト4に入賞し、
全道大会出場報告のため役場を訪れました。
白幡主将は「十勝では広尾しか残っていないので他のチームのためにも
頑張りたいです。」と意欲あふれる抱負を述べていました。
11月17日
「のーまひろお」とふれあいトーク
「NPO法人のーまひろお」と町長とのふれあいトークがコミセンで行われました。
のーま役職員、利用者など11人が出席し、障害者地域活動支援センター
「ゆうゆう舎」の運営状況や障害者を取り巻く広尾町の現状について、
約2時間にわたり、町長と意見を交換しました。
11月19日
浜頭さん秋の叙勲受章
浜頭正治さん(本通3)が町議会議員を9期36年務めた功績により、
平成22年秋の叙勲(旭日双光章)を受章し、役場で伝達式が行われました。
十勝総合振興局 佐藤副局長から伝達を受けた浜頭さんは
「組織を持たない自分を支えてくれた支持者の皆さま、
家族そして亡き妻に感謝したい。」と喜びを語りました。
11月21日
天皇の料理番が講演
「広尾町 食の講演会」が広尾中学校で開催されました。
宮内庁侍従職嘱託(天皇の料理番)高橋恒雄氏が「食は世界の共通語」と題して講演。
「食事を家族揃って食べることで、子供にマナーを教えたり、
コミュニケーションが取れる。楽しんで食事をしてほしい。」などと語り、
参加した約100人は食の大切さを改めて認識していました。
11月16〜22日
町政懇談会を町内各会場で開催
町政懇談会「おじゃまします。町長です。」が町内7会場で開催され、110人が参加。
第5次まちづくり計画で建設予定の生涯学習センターに関すること、
人口減や財政問題について町の将来を心配する声など多くの意見が寄せられました。
皆さんからの貴重な意見をこれからのまちづくりに生かしていきます。
11月25日
健康づくり講演会
「健康づくり講演会」が健康管理センターで開催され、40人が参加しました。
帯広市在住の村田歩氏、ナホ氏夫妻を講師に「豊かな食」と題して講演が行われました。
自身で監修した食育かるたを題材に、「十勝は海、山、畑があり、食について
条件に恵まれている。その良さを子供たちに伝えていければ」と語りました。
11月26日
広尾小学校児童がマツカワ放流
広尾小学校5,6年生66人が、シーサイド前浜で
カレイ科の高級魚マツカワの稚魚放流を行いました。
約10cmほどに成長したマツカワは、子供たちの手で元気よく海へ放たれました。
今年度は全部で約4万7000匹が放流されました。
11月29日〜12月2日
子ども作品展
子ども作品展(広尾町学校教育推進協議会主催)が開催され、
町内の保育所、幼稚園、小中学生の絵画、習字、工作などの作品が展示されました。
11月30日には広尾保育所の子供たちが見学に訪れ、自分たちのつくった布ぞうりや、
お兄さんお姉さんたちの作った作品を熱心に見て回っていました。
←10月へ 12月へ→

back前ページへ戻る