心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOP町民のページ健康・福祉高齢者支援在宅生活を支えるサービス

在宅生活を支えるサービス

訪問理美容サービス事業

在宅の寝たきり高齢者や重度の身体障がい者の方で、理髪店や美容院に出向くことが困難な方々に対し、町に登録している登録店が自宅へ訪問し、理美容を行なっていただけます。

訪問に係る出張料を本町が助成する制度です。(理美容料は自己負担となります。)

  対象者は次のとおりです。

   理美容に出向くことが困難な、

1 要介護度3以上の方

2 身体障害者手帳をお持ちの方で、下肢または体幹障がいが1、2級の方

 

布団洗濯・乾燥サービス事業

在宅の要介護高齢者等がいる家庭において、寝具の洗濯・乾燥・消毒が困難な方に対し、寝具洗濯乾燥消毒を実施することにより、寝具の衛生管理が図られるとともに利用者および家族の保健・衛生に配慮した生活を援助します。

 対象となるのは、次の条件の方を介護されている世帯です。

  1 要介護4以上の方

  2 障害程度区分5以上の方

 

日常生活用具の支給

在宅の一人暮らしの高齢者(65歳以上)、難病患者等及び小児慢性特定疾患児の生活を容易にするための日常生活用具を給付・貸付をします。

 

緊急通報システム設置事業

在宅で一人暮らしの高齢者の方々などに対し、急病や災害発生時に「非常ボタン」を押すと、自動的に広尾消防署に通報される緊急通報装置(電話)を設置することにより、緊急通信体制の確立を図ります。
 対象者は次のとおりです。
   1 65歳以上の高齢者で、心身病弱のため現在通院治療しており、日常生活に支障のあるひとり暮らしの方(心疾患、脳血管疾患、糖尿病等で通院治療されている方)

2 要介護認定又は要支援認定を受けており、現在の生活に不安のある
      ひとり暮らしの方

3 障害者手帳をお持ちのひとり暮らしの方で、下記に該当する方

    ・下肢、体幹、聴覚、視覚障がい 1級又は2級の方

     ・心臓、じん臓、小腸、免疫機能障がい 1級から4級までの方

4 ひとり暮らしの方で、療育手帳A又は精神障害者保健福祉手帳1級をお持ちの方

5 上記と同等と認められる世帯

 

老人福祉電話設置事業

65歳以上の一人暮らしの高齢者又は高齢者のみの世帯で、電話の設置が困難な方に電話を貸与することにより、緊急の事態の対応に万全を期します。電話機の設置工事および基本料は町が負担し、利用料は本人が負担するものです。

 

高齢者居室整備資金貸付制度

高齢者又は高齢者と同居する世帯に、高齢者が居住するための対応を施した住居を新築または増改築をする場合200万円を限度に無利子の貸付を行います。

 

福祉灯油支給事業

冬期間の暖房用燃料費の確保が著しく困難と判断される世帯に燃料費の援助をすることで生活の安定を図り福祉の増進に寄与することを目的としています。

(1)対象世帯 生活保護法による保護の基準に基づく基準額に、3割加算した年収以下であると認められる世帯(高齢者世帯、障がい者世帯、ひとり親世帯等)
(2)援助の額  灯油100L相当額

 

住宅用火災警報器購入助成事業

消防法の改正により、住宅用火災警報器の設置が義務付けされています。火災警報器の設置を促進するため、町では購入者に対し助成を行っています。

(1)対象世帯 町内に住所を有する所得税非課税世帯で65歳以上の方で構成されている世帯、又は重度障がい者を含む世帯
(2)助成額及び
助成個数
購入価格の9割分(上限額13,950円)
1世帯に2個まで(1回)
(3)その他 煙感知式のみ助成の対象となります。

  

高齢者等雪下ろし費用助成事業

町では、居住する住宅の屋根の雪下ろしにかかる経費の一部を助成する制度を行っています。
対象世帯は、町内に居住し、下記のいずれかに該当する所得税非課税の世帯です。

高齢者世帯(世帯全員が65歳以上)

ひとり親世帯

障がい者世帯(世帯全員が身体障害者手帳1級又は2級の世帯)

世帯全員が療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳を保有する世帯

ただし、上記のいずれも、施設入所者及び生活保護世帯、親族等から雪下ろしの援助を受けられる世帯は除きます。
雪下ろしにかかる助成の利用は、一世帯につき1回までです。なお、助成の限度額は、10,000円です。
また、雪下ろし業者は、広尾町商工会に登録した業者になります。(ただし、業者の指定はできません)
利用を希望される方は、次の手続を行ってください。

@福祉係窓口で申請手続を行ってください。

A町で内容を審査し、該当する方には業者から連絡が入ります。日程を決めていただき、雪下ろし作業の実施となります。

B作業終了後、費用全額を業者にお支払いください。後日、町から指定口座に助成金を振り込みます。


福祉有償運送

身体障がい者や要介護者など、1人では公共交通機関を利用することが困難な移動に制約がある方を対象に、町内を有償で輸送するサービスです。
広尾町社会福祉協議会が実施しています。

平成28年度広尾町福祉有償運送運営協議会 会議録
PDF
(47KB)

お問い合わせ
保健福祉課 福祉係(TEL:01558-2-0172)
広尾町社会福祉協議会(TEL:01558-2-4110)


介護用品等支給事業

介護保険法に基づく要介護度1以上で、日常的に紙おむつを必要とする在宅の高齢者(町民税非課税世帯)に対し、介護に必要な紙おむつ等(月額1万円以内)及びおむつ交換等により生じたごみを処理するために必要なごみ袋を支給し、家族の身体的・精神的・経済的負担の軽減を図ります。

 

要介護高齢者等介護手当事業

広尾町に住所を有し、介護保険法に基づく要介護4又は要介護5の方を在宅において、住民基本台帳上、同一世帯で主に介護している方に支給します。

 

訪問サービス事業

65歳以上の一人暮らしで、定期的な訪問が必要な方を対象に、月1回、ケア推進員が訪問し、健康状態や生活状況をお聞きします。

 

介護マーク配布事業

介護している家族や関係者が、介護中であることを、周囲に理解されるよう介護マークの配布を行います。介護する方の精神的負担の軽減、介護環境の向上が目的です。

←介護マーク

対象

次のいずれかに該当する方の介護者及び関係者

  1. 要支援・要介護認定を受けている方
  2. 身体障害者手帳の交付を受けている方
  3. 上記1、2に準ずる者として町長が認める方

申請に必要なもの

  1. 介護保険証
  2. 身体障害者手帳

※上記1、2がない場合でも、介護状況により配付の対象となります。

本人負担

負担はありません。

申請窓口

広尾町地域包括支援センター (広尾町役場保健福祉課内)
電話 01558-2-3370

チラシ

(466KB)


広尾町高齢者等SOSネットワーク事業

 認知症など徘徊等により行方不明になるおそれのある高齢者等を対象に、名前や特徴など をあらかじめ登録し、行方不明時に早期発見につなげることを目的とした事業です。
  

事前登録申請書

協力機関登録届出書

   

お問い合わせ
地域包括支援センター(役場内)(TEL:01558-2-3370)

back前ページへ戻る