心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2016年<平成28年>6月16日〜6月30日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

6月30日(木)

札幌市で開かれた地域創生フォーラムに出席しました。


十勝港港湾BCP策定協議会に出席しました。


6月28日(火)

十勝三水難救難所合同訓練に出席しました。
十勝三水難救難所合同訓練十勝三水難救難所合同訓練
十勝三水難救難所合同訓練十勝三水難救難所合同訓練


6月27日(月)

生活支援体制整備事業協議体に出席しました。


漁村ホームステイ説明会に出席しました。


6月24日(金)

広尾地区沿岸防犯協力会の総会に出席しました。


広尾建設業協会安全大会に出席しました。
広尾建設業協会安全大会広尾建設業協会安全大会


6月23日(木)

広尾町企業等誘致促進期成会の総会に出席しました。


故山越昭氏に叙勲(瑞宝双光章)の伝達を行いました。
叙勲伝達


6月22日(水)

ひろおすまいる元気塾に出席しました。
ひろおすまいる元気塾


6月21日(火)

不法投棄パトロールを行いました。


広尾町摂食・嚥下研修会に出席しました。
広尾町摂食・嚥下研修会


6月20日(月)

南十勝農業振興協議会の総会に出席しました。


十勝港まつり協賛会代表者会議並びに執行者会議に出席しました。


6月19日(日)

町内会連合会主催のルート336花壇づくりに参加しました。
ルート336花壇づくりルート336花壇づくり

6月17日(金)

自衛隊協力会の総会に出席しました。


6月16日(木)

開会中の広尾町議会で一般質問が行われました。

町長メッセージ

小田 雅二 議員
Q 国道に滑り止め用の保管ボックスが設置されているが、町との協議はあったのか。
Aボックスの設置は国道内なので、協議はない。26年度までは、仮設で設置していたが、27年度からは固定している。今後、歩行者が見えづらいなど危険個所と思われる場合は協議する。

旗手 恵子 議員
Q子供の医療費無料化は高校生まで拡大をすべき。また拡大の所要額は。
A本町は27年度から中学生まで拡大した。高校生までの拡大は財政状況を鑑み困難である。拡大の所要額は約500万円である。
Q後期高齢者医療制度の特例軽減廃止の影響。
 ・本町での被保険者数、特例軽減の対象者数は。
 ・特例軽減がなくなると負担能力を超える深刻な事態となる。具体的な影響は。
 ・特例軽減廃止、保険料の大幅な引き上げを許さない取り組みをすべき。
 ・75歳以上の高齢者の窓口負担を全額助成すべき。
A・被保険者数1,361人、9割軽減382人、8.5割軽減415人。
 ・影響は最大で低所得者は3倍、元被扶養者は10倍。
 ・全国広域連合協議会で現行制度を維持する要望者を提出している。
  今後も関係機関と連携を図りながら行動していく
 ・高齢者の窓口負担の助成は困難な状況にある。

前崎 茂 議員
Q臨時職員の正職員化と賃金引上げについて
 非正規職員の割合は高く憂慮すべき事態である。
年次的に正職員化等の改善をはかるべき。賃上げも毎年引き上げをすべき、また、諸手当の改善を図るべきでは。

A正職員の配置は、全体の職員数、退職状況を考慮し、また、施設においては将来的な管理運営方法について調査・研究する中で検討する。
 臨時職員の賃上げは人事院勧告、管内情勢を勘案しながら処遇改善を図ってきた。
 今後においても状況を見極めながら、待遇改善について取り組む。
Q TPPに係る本町の影響額と今後の取り組みについて
 本町の農林・水産業の影響額は。また、TPPを承認させない取り組みは。
A農業は生産額の69億9千8百万円の9%に当たる6億3千万円、水産は51億4千8百万円の5.4%に当たる2億7千6百万円で合計9億6百万円の影響額となる。
 TPPは当初より反対の姿勢である。今後においても関係機関と連携して対応する。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る