心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2015年<平成27年>4月1日〜4月15日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

4月15日(水)

身障広尾町分会の総会に出席しました。
身障広尾町分会 総会身障広尾町分会 総会


町長メッセージ

27年度の身障広尾町分会の総会が、町内のたんぽぽ会館で開かれました。
移動研修会、パークゴルフ大会、身障スポーツ大会など事業が盛りだくさんです。
今年度、役員改選があり浦野会長から新会長に田村氏が選出されました。


4月14日(火)

広尾町商工会女性部の総会に出席しました。
広尾町商工会女性部 総会広尾町商工会女性部 総会


4月12日(日)

共栄地区の春祭りに参加しました。


4月10日(月)

さけ・ます神社春季祭典に出席しました。
さけ・ます神社春季祭典さけ・ます神社春季祭典

町長メッセージ

さけ・ます神社春季祭典・大漁祈願祭が十勝神社で執り行われました。
年々厳しくなるさけます漁ですが、最盛期は60隻くらいの出漁でしたが今年は4隻となっています。
また、ロシア政府が来年より流し網を禁止する方向を打ち出し、今後の日露の政府間交渉を注目する状況にあります。


農民連盟の総会に出席しました。
農民連盟 総会農民連盟 総会


4月8日(水)

広尾高校の入学式に出席しました。
広尾高校 入学式広尾高校 入学式


4月5日(日)

自衛隊の入隊式に出席しました。
自衛隊 入隊式自衛隊 入隊式


4月3日(金)

豊似保育所の入所式に出席しました。
豊似保育所 入所式豊似保育所 入所式

町長メッセージ

豊似保育所(小規模保育所)の入所式が7名の子供を迎えて行われました。
全体で20名の子供で豊似保育所を運営することになりますが、豊似は、お父さんの協力も大きく地域性豊かな保育所です。子供が少なくなっていますが、健やかに成長できるよう子育て対策を進めます。


4月2日(木)

広尾保育所・丸山保育所の入所式に出席しました。
広尾保育所広尾保育所
丸山保育所丸山保育所

町長メッセージ

広尾保育所・丸山保育所の入所式が行われました。
子どもたちが年々少なくなっていることから、来年から二つの保育所を統合して新しい保育所になります。
子どもを産み、育てる環境を良くするよう皆さんのご意見を聞きながら進めていきます。


4月1日(水)

4月1日付新規採用者への辞令交付、新年度スタートにあたっての訓示を行いました。
訓示4月1日付新規採用者へ辞令交付

町長メッセージ

 今日から新しい職員9名を加えて新年度がスタートします。
このたび、新規に採用されました皆さんは、多くの応募者の中から選ばれ、本日を迎えられたことに対しまして、まずもってお祝い申し上げます。
 また、人事異動を終えて新年度スタートするわけですが、職員の皆さんは町部局、各執行機関で与えられたポジションで必死になって仕事に打ち込むことが役場の職員の使命であります。そのことが住民に信頼される役場になり、町の発展につながります。
それぞれの部署の町政執行方針を十分理解し、実施に向けて職員一丸となり業務に当るようお願いします。
 本年は、町政を担当させて頂き2期目、最後の年を迎えました。
これまで、職員の皆様の頑張りで各分野において着実に前進させていることに感謝します。
 今、地方創生・人口減少が広尾町で抱える大きな課題です。
この危機的状況を正面から受け止め、人口減少問題を取り組む必要があります。
 今年度、策定する広尾町総合戦略の中で、自ら知恵を絞り創意工夫を引出し、行動することが大切であり、あらゆる関係団体・機関等で構成する推進組織を立ち上げ、方向性や具体案など実効性のある施策に取り組んでいきます。
 これまでも、人口減少、過疎対策に取り組んできましたが、反省点として、危機感、本気度が足りなかったことがあげられます。
地方戦略を立てる中で、また、日ごろの事業執行の中で目標値を数字で示し実行、チェック、次のアクションを起こすことが大事であります。必ず実施してください。
また、町外から人材を誘致して町の活性化を図る目的で「地域おこし協力隊」を導入して、観光・水産・定住などの地域の課題に取り組みます。
更に、住民の心を一つにして町の活性化・人づくりを図るために、「ひろおサンタランドマラソン」を町民の力で成功させ、まちづくりの次のステップに向けた起爆剤にしたいと考えております。
 町づくりを進めるための人材育成事業「ひろお未来塾」から、二年間の研究成果として「定住・観光」について提言を受けていますので、具体的な政策立案に取り組みます。
食で元気な町づくりを進めるために、昨年に引き続き、食育フェスティバルを実施して、食を通して健康で豊かな生活の実現を図ります。
今年は、高規格道路の大樹・広尾間の事業区間へ昇格の予定であり早期の整備促進に全力を上げて取り組みます。
 次に挨拶についてお願いです。
役場はサービス業です。住民にサービスを提供して、住民が安心して暮らしていける町を作ることです。役場を訪れる人はお客様ですから、必ず声を出して挨拶をしてください、挨拶は仕事です、挨拶の仕事をできない職員は必要ありません。          
住民から挨拶の指摘をされますが、一人の挨拶をしない行動が役場全体を指されます。
個人のネームを付けているので、個人名を報告してもらうようにします。
 まちづくり=地域の力が問われることです。
地域力とは、それぞれの分野の課題を解決していく人材と組織の結束力です。更に、役場の力も地域力の要です。役場の力=人材、職員力です。
職員の元気は町の元気に繋がります。職員の広尾町をさらに元気にしたいという強い熱意を持って、与えられた仕事に本気を出してやっていただきたい。
住民は職員の仕事に対する姿勢を見ています。
信頼関係が出来て、はじめて協働のまちづくりが出来ます。
 また、新入職員の皆さんには、このような意気込みで、未来に希望を持ち働くことが出来る環境を提供出来るように、私を先頭に課長、係長等が責任を持って努力しますので、新入職員は気合を入れて、若者らしく柔軟な発想で、仕事に取り組むことを期待しています。
そして、職員を育てるのは上司の役割であります。組織に力を付けるにはまず、仕事で力を発揮できる人間関係を作り活気のある職場にしていただきたい。
この1年間を元気に取り組むことをお願いして新年度の挨拶とします。
 厳しい時代がこれからも続くことが予想されますが、町民の皆様が協力し合い「町民みんなで歩むまち」を実現し、この難局を乗り越えることができるよう一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。


お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る