心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2015年<平成27年>2月16日〜2月28日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

2月28日(土)

宿泊体験型の冬季防災訓練を実施しました。
冬季防災訓練冬季防災訓練


2月26日(木)

広尾町森林組合通常総会に出席しました。
広尾町森林組合通常総会広尾町森林組合通常総会


十勝圏複合事務組合の定例会に出席しました。


2月25日(水)

平成27年度予算の報道発表を行いました。
平成27年度予算の報道発表平成27年度予算の報道発表

町長メッセージ

27年度の予算案の内容については、地方創生・人口減対策を基本に重点施策の推進、子育て支援や教育施策に取り組むため、若い世代に対し保育・子育て支援策が必要なことから、中学生までの医療費の無料化、広尾高校生の通学費助成、高校の学校給食の提供など子供を育てる環境を整備します。
町の活性化・人づくりについては、町外から人材を誘致する「地域おこし協力隊」を導入し、観光・食・定住などの地域の課題に取り組みます。さらに住民の心を一つにして「ひろおサンタランドマラソン」を町民の力で成功させ、まちづくりの次のステップに向け起爆剤にしたいと考えております。
また、まちづくりを進めるための人材育成事業「ひろお未来塾」から二年間の研究成果として「広尾ブランド化計画・広尾観光プランニング」について提言を受けておりますので、具体的な政策立案に取り組んでまいります。
「食で元気なまちづくり」については、昨年に引き続き、食育フェスティバルを実施するとともに、各団体が取り組んでいる事業と連携し、「食」を意識したまちづくりを進めます。
防災・減災対策では、災害時での避難所でもある広尾中学校屋内運動場の改築工事、避難路や防災保管庫を整備します。また、昨年に引き続き、統合保育所の施設整備を行い、保育の充実、安全性の向上など保育環境の整備、安全で良質な水を安定的に供給できる浄水場施設の整備を図ります。
一般会計の予算規模は、101億1,900万円、前年度の当初予算との比較で29.7%増としています。(物件費、維持補修費、扶助費、公債費で増)
臨時的なものとして、公債費に港湾事業借換債の一部繰上償還を25億円計上。
繰上償還分を除くと76億1,900万円(前年比2.3%減。1億8,100万円の減)
特別会計及び企業会計を含めた広尾町の予算総額では、149億9,654万4,000円で、22.4%の増としています。


<平成27年度予算の主な内容>

『活力が湧き出る産業振興のまちづくり』
(基本目標1:豊かな自然を生かした活力ある産業のまちづくり)
産業の活性化により、まちの経済に活力を与え続けられるよう、産業振興を継続実施します。
漁業振興 うに増殖対策、さけ・ます増殖振興事業など漁業生産の確保支援、安定した漁業経営への支援事業を継続して実施します。
農業振興 新規就農補助事業、TMRセンター設立支援利子補給事業ほか、将来を担う農業者確保の支援など、農業振興事業を継続して実施します。
林業振興 町有林整備事業など、森林整備・育成の計画的推進を継続実施します。
港湾振興 港湾振興会と連携し、更なる港湾振興と企業誘致活動に努めます。
商工振興 広尾町起業家支援事業の実施。中小企業融資制度貸付金等を継続実施
し、活力ある商工業の振興を図ります。
観光・サンタランド 物産の販路拡大・PR事業の継続、広尾おいしいまちづくり事業と連携し、食と観光を結び付けた事業を継続実施します。主な事業は、第60回十勝港まつり記念事業です。


『人に力を与える安心と、幸せを感じるまちづくり』
(基本目標2:住み慣れた地域で安心して暮らせる支え合いのまちづくり)
町民の皆さんが、住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、健康・地域福祉・子育て支援を継続します。
子育て支援
医療費の無料化を中学生まで拡大、保育料第3子無料化、保育時間延長などを継続実施し、安心して生み育てることができる支援事業の充実を図ります。
 広尾・丸山保育所新築統合事業(平成25年度〜27年度)の実施を継続します。(本年度は、保育所統合施設の外構工事・備品購入)
健康・予防事業
 各種健診事業、予防接種事業を継続実施し住民の健康づくりの推進を図るとともに、がん検診、特定健康診査等の受診率の向上対策として、「スタンプカード」、「レディース検診日」を継続し、特定保健指導を徹底します。


『人が活き活きと輝くまちづくり』
(基本目標3:豊かな心を育み文化を高めるまちづくり)
教育・文化・スポーツの振興により豊かな心を育む事業を推進します。
広尾中学校屋内運動場改築事業として、本年度は屋内運動場の改築を行います。
中高一貫教育連絡協議会への助成を継続し、地域の財産である広尾高校の更なる活性化を支援します。
教員補助員・教科指導助手の設置、教育力向上推進協議会運営事業を継続実施し、教育力向上の推進と義務教育の充実を図ります。
放課後児童クラブ運営事業を実施し、健やかな子に育てる家庭教育の充実を図ります。
広尾ジュニア・ジャズスクール運営団体へ引き続き支援を行い、各種イベントへの出演等により地域活性化を図ります。
各体育団体等への支援事業を継続実施し、町民皆スポーツの振興を図るとともに、今年は、「ひろおサンタランドマラソン」を実施します。



『安心して暮らせるまちづくり』
(基本目標4:住みやすさが感じられるまちづくり)
高齢者支援として、要援護者対策推進調査事業を継続実施します。
平成24年度から継続している防災・減災事業として、避難所となる公共施設の耐震改修を実施します。 ・耐震改修工事:勤労青少年ホーム・広尾中学校屋内運動場改築工事
・避難路の整備、防災保管庫の設置をします。
自主防災組織の設立を支援します。
上水道の整備として、浄水場の建設を昨年に引き続き実施します。

『みんなで創るまちづくり』
(基本目標5:次世代に引き継ぐことができるまちづくり)
人材育成
まちづくりを実践する地域のリーダーの育成を目的とした「まちづくり人材育成事業」を継続します。
町民と行政の協働のまちづくりを推進するための事業である「まちづくり活動支援事業」を継続します。
ボランティア団体への育成支援を継続して実施します。
行財政改革
財政の健全化を図り、将来にわたって安定した財政運営による行政サービスの提供を継続するため、計画的な行財政運営を進めます。
後年次の負担軽減と安定した財政基盤の確立を図るため、繰上償還額25億円を計上。財源として減債基金から22億5,000万円を取崩し、平成17年度に借入した港湾事業借換債の一部を繰上償還します。


トラック協会と災害協定を締結しました。
トラック協会と災害協定を締結トラック協会と災害協定を締結


2月20日(金)

南十勝複合事務組合定例会に出席しました。


十勝圏消防広域市町村長会議に出席しました。


2月18日(水)

日高東部・十勝南部区域連携推進協議会の総会に出席しました。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る