心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2014年<平成26年>12月1日〜12月15日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

12月14日(日)

「第45回毛がにまつり」が開かれました。
第45回毛がにまつり第45回毛がにまつり

町長メッセージ

第45回毛ガニ祭りが十勝ばれの晴天の下、多くの来場者でにぎわう中で開催されました。例年、12月第一週の日曜日に開催され、一年を締めくくるイベントで十勝管内はもとより、札幌などからもカニを求めて来ています。
値段も、市場より相当安くゆでたての旨さが人気となり、大窯の前は長蛇の列です。
また、長崎県西海市から市長、議長も参加していただき、ミカン、ゆずこしょう、かんころもち、あんのうイモなどの販売で物産交流を深めました。


12月10日(水)

第4回広尾町議会定例会で一般質問が行われました。
第4回広尾町議会定例会第4回広尾町議会定例会

町長メッセージ

第4回広尾町議会定例会が12月9日から開催され、10日は5人の議員が一般質問を行いました。概要は次の通りです

1 前崎茂議員
Q新築住宅工事に係る助成の拡大について。
 住宅リフォーム助成制度と同様に町内建築業者等の事業振興と活性化のために新築住宅工事にも助成すべきでは。
A本年度の新築件数は23件で、町内業者の受注は7件、他はハウスメーカー。住民の新築に対するニーズも多様になっており町内事業者が一部対応出来ないなど、助成制度の拡充は難しい状況にある。
Q臨時職員の待遇改善について。
 北海道の最低賃金が引き上げられている。臨時職員の賃金を引き上げ、待遇改善と長期臨時職員の正職員化を図るべきでは。
Aこれまで職員の給料の引き下げがあっても、臨時職員の賃金は据え置き、さらに待遇改善を行ってきた。賃金は27年度約2%の引き上げを行う。
 臨時職員の部所によっては民間委託の検討もしており、職員の補充は臨時職員としている。


2 旗手恵子議員
Q消費税10%増税は先送りではなく、撤回・中止を求めるべきでは。
@ 消費税8%の影響について住民の暮らし、中小企業の経営の影響は。
A 10%になれば、自治体の負担は。
B 増税延期でも社会保障制度の見直しを進めるというが財源確保は。
C 先送りでなく撤回・中止を求めるべきでは
D 地域活性化・生活応援のプレミアム券の販売の検討は。
A@消費税増税で家庭への影響は大きい。中小企業も消費税を価格に転嫁できない、仕入れ価格の上昇、燃油・電気料高騰で厳しく景気の回復の兆しが見えない状況。
A27年度の推計では約6,400万円の負担増。
B増税が延期された場合、税収を財源に想定していた社会保障制度改革にも影響が及ぶものと推測される。

C増税は子育て・医療・介護・年金の社会福祉に充てられるもので、国の財政補填や地方財源の減少にならないよう要請している。
D 消費税の引き上げに対しては、臨時福祉交付金、子育て世帯臨時特別給付金の措置をしている。プレミアム券は検討していない。


3 浜頭勝議員
Q避難路の老朽化対策について。
 避難路が老朽化し、路盤の痛みが激しく、また、手すりなども必要なことから避難路の改修対策をすべきでは。また、住民も高齢化しているので管理の在り方も検討できないか。
A避難路の老朽化対策については次年度に実施しする。管理についても町内会と協議をして進める。


4 小田雅二議員
Q現在の経済状況を踏まえた町行政のあり方について。
 町は経済状況や町民の生活状況を考慮し、町民の生活を第一に考えて祭りやマラソン大会よりも福祉や教育に重点を置くべきでは。
A行政執行はまちづくり計画に基づき行われている。社会・経済の変化に対応するため3年ごとに見直しを行い、産業から、医療、福祉、教育、防災などバランスよく行政運営をしている
 まちづくりの活性化に向けて大切なものは、住民一人ひとりがやる気を持ち意欲を持って取り組むことが大事である。各種イベントを通して住民の力をつけて、さらに交流人口を増やして町の活性化を図るものである。


5 志村國昭議員
Q乳幼児等医療費助成対象範囲の拡大について。
 来年4月から15歳まで助成範囲を拡大するが、所得制限や一部負担などを設けない配慮をすべきでは。
A現在12歳までの医療費の助成についても、所得制限や一部負担金なしで実施している。15歳までの拡大でも同様の取扱いとする。


12月6日(土)

ひろお未来塾の第14回講座が開かれました。
ひろお未来塾 第14回講座ひろお未来塾 第14回講座

町長メッセージ

第14回目のひろお未来塾の講座が行われました。広尾の未来に向けてのグループ討議で、具体的に町の活性化案を提案します。
来年2月の卒塾式と合わせて、広く町民の方にも参加していただき、2年間の塾の取組みを見てもらい、広尾の未来に向けたプレゼンテーションを行います。


黒澤賞受賞祝賀会に出席しました。
黒澤賞受賞祝賀会黒澤賞受賞祝賀会

町長メッセージ

第66回日本酪農研究会発表大会(経営部門)で最高位の黒澤賞を受賞した、加藤太郎さんの祝賀会です。
全国の酪農家が目指す最高位の賞で、この10年間で広尾から3人目の快挙です。
加藤さんは、『自分にできることは自分で、基本に忠実に』をモットーに経営改善に取組み、黒澤賞を受賞しました。


12月4日(木)

広尾中学校総合学習発表会に出席しました。
広尾中学校総合学習発表会広尾中学校総合学習発表会


12月3日(水)

広尾郵便局前の郵便ポストに「さーたちゃん」のモニュメントを設置しました。
「さーたちゃん」郵便ポスト設置セレモニー「さーたちゃん」郵便ポスト設置セレモニー


南十勝消防組合議会の定例会に出席しました。


12月2日(火)

HBCラジオの収録を行いました。
HBCラジオの収録

町長メッセージ

今回、HBCラジオ番組の「あの街ツアーズ」が広尾町の特集になります。
広尾町の紹介や、サンタランド、毛ガニ祭りの話題など盛り沢山の内容です。ゲストに、広尾出身のHBCラジオアナウンサーの水野善公さんも出演で盛り上がった収録でした。
放送日は12月7日(日)11時〜12時のHBCです。


12月1日(月)

ホテルオークラで広尾町フェアが開かれます。
ホテルオークラ広尾町フェアホテルオークラ広尾町フェア

町長メッセージ

ホテルオークラ札幌で12月1日〜31日まで、とかち広尾町フェアが開催されます。
初日は札幌広尾会、漁組、セントラルプロモーションの方とオープニングセレモニーです。
ホテルオークラの広尾地域フェアは今年で5回目、毎年、たくさんの人に楽しんでいただいています。広尾の新鮮な食材をホテルオークラのシェフによる多彩なアレンジで楽しめます。
一階のレストラン・コンチネンタル、地下一階の中国料理・桃花林、地下一階の郷土料理・杉ノ目で開催です。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る