心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2014年<平成26年>7月1日〜7月15日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

7月15日(火)

夏の交通安全運動に合わせた交通安全キャンペーンに参加しました。
夏の交通安全運動キャンペーン夏の交通安全運動キャンペーン

町長メッセージ

夏季交通安全運動キャンペーンで街頭旗波作戦を実施しました。
道内で大きな死亡事故が発生しており、引き続き交通安全について地域・職場・家庭から取組み、死亡事故ゼロをめざします。


7月14日(月)

四町広域宣伝協議会の歓迎レセプションに出席しました。
四町広域宣伝協議会 歓迎レセプション四町広域宣伝協議会 歓迎レセプション

 広尾町の特産品「ししゃも」

町長メッセージ

四町広域宣伝協議会(浦幌町、様似町、えりも町、広尾町)が十勝、日高でサイクリングツアーをしている台湾メディア・台湾自転車協会を迎えての交流会です。一行は、十勝でサイクリングをした後、広尾に立ち寄り浦河に入り、四町広域宣伝協議会と地域の美味しいものを囲んで国際交流です。


7月10日(木)

広尾町殉公者追悼式に出席しました。
広尾町殉公者追悼式広尾町殉公者追悼式

町長メッセージ

平成26年広尾町殉公者追悼式が来賓・遺族の参列の下、コミセンで開催され、先の大戦で犠牲となられた132柱の御霊に追悼の誠を捧げました。
今なお世界各地で紛争がたえないこと、残念でなりません。毎年この追悼式で改めて悲惨な戦争を繰り返してはならないことを強く思うところです。
今、日本に対して心外な圧力がかかっています。日本をどう守るか議論されていますが、重要なことは断じて戦争に踏み切ってはならないということです。
平和な広尾・日本をこれからも町民とともに守ることを決意しています。


7月4日(金)

上田文雄札幌市長を表敬訪問しました。
上田文雄札幌市長サッポロ・シティ・ジャズ2014

町長メッセージ

広尾町では、昨年サッポロ・シティ・ジャズ実行委員会の支援で、ジャズのワークショップを開催し、今年「広尾サンタランド・ジャズスクール」が立ち上がりました。
サッポロ・シティ・ジャズ実行委員会は、地域からジャズを広めていこうということで、昨年は広尾、倶知安でワークショップを開催、今年は砂川、幕別で開催する予定です。
上田札幌市長は、サッポロ・シティ・ジャズ実行委員会の委員長なので、支援のお礼で表敬訪問し、また、上田市長は十勝の幕別町出身ですから、十勝の食、観光、産業振興等で情報交換ができました。


7月3日(木)

豊似地区交通安全宣言集会に出席しました。
豊似地区交通安全宣言集会豊似地区交通安全宣言集会

町長メッセージ

広尾豊似小・中学校の交通安全集会と、街頭キャンペーンが行われました。
集会では、小学生、中学生の代表が交通安全宣言を読み上げ、交通事故に合わないことを宣言し、その後、国道でドライバーに自分達が書いた交通安全メッセージとキャンディー等を手渡し、安全運転を呼びかけました。


十勝港まつり代表者執行者会議に出席しました。
十勝港まつり代表者執行者会議十勝港まつり代表者執行者会議

町長メッセージ

第59回十勝港祭り協賛会並びに、執行者会議が開催され、行事日程、内容、執行体制が確認されました。
8月2日(土)海上花火大会、8月14日(木)夏祭り(盆踊り)
海上花火大会は6,000発を打ち上げ、特に水中花火は港でしか見れない花火で、十勝管内から多くの人が来町し大変な賑わいを見せる花火大会です。


7月2日(水)

厚岸町で行われた、海難防止・水難救済センター全道大会に出席しました。

 開会式  広尾救難所
 開会式  広尾救難所
 憲仁親王妃久子殿下  救助訓練の様子
 憲仁親王妃久子殿下  救助訓練の様子

町長メッセージ

海難防止・水難救済センター全道大会が、日本水難救済会名誉総裁の憲仁親王妃久子殿下のご臨席の下、厚岸町で開催されました。
海難事故の未然防止、救難所員の救助技術習得を期するため、毎年大会が開かれています。
広尾町からも多くの漁業者が参加しました。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る