心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2014年<平成26年>6月16日〜6月30日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

6月30日(月)

生涯学習推進協議会に出席しました。
生涯学習推進協議会生涯学習推進協議会

町長メッセージ

平成26年度の、広尾町生涯学習推進協議会が開催されました。
生涯学習は、一人ひとりが健康で豊かな生活を送るために、あらゆる機会を通して行う学習活動です。家庭教育、学校教育、社会教育の中で、何かを学ぶことで知識や技術、健康・体力を向上させ、このことが住民の力をつけ、町の活力につながります。
今年も、自ら学ぶマイプラン、出前講座、まちづくりセミナー、人材バンク登録の活動を行います。


6月26日(木)

全国クルーズ活性化会議の第3回総会に出席しました。
全国クルーズ活性化会議 総会全国クルーズ活性化会議 総会

町長メッセージ

全国クルーズ活性化会議の第3回総会に出席し、会議の席上で、国土交通政務官に要望書を提出し、十勝港の現状と課題等の意見を発表してきました。
また、役員改選で新会長に、林文子横浜市長が選出されました。


6月25日(水)

海上自衛隊に護衛艦の十勝港寄港の要請活動を行いました。

 防衛省海上幕僚監部       防衛省  
 防衛省海上幕僚監部  防衛省
 護衛艦隊司令部  大湊地方総監部
 護衛艦隊司令部  大湊地方総監部

町長メッセージ

海上自衛隊護衛艦の十勝港寄港の要請を、大湊地方総監部、護衛艦隊司令部、防衛省海上幕僚監部へ行いました。これまでも、毎年護衛艦が寄港していますが、来年は、十勝港祭りが60回の節目を迎えることから、大型護衛艦の入港を要請してきました。


6月24日(火)

十勝管内栽培漁業推進協議会の総会に出席しました。

町長メッセージ

十勝管内栽培漁業推進協議会が浦幌町で開催され、26年度もマツカワ種苗放流を5万尾体制とし、また、イベントに参加してマツカワの消費拡大に取組むことを確認しました。
前浜では、幻となった高級カレイマツカワの資源回復が待たれています。種苗放流で水揚げは年々増加していますが、まだまだ本格的な事業化に至っていません。今後も放流事業を継続して、豊かな前浜を育てていきます。


6月23日(月)

相津恒男さんに瑞宝単光章を伝達しました。
相津恒男さんに瑞宝単光章を伝達相津恒男さんに瑞宝単光章を伝達

町長メッセージ

町内の相津恒男さん(81歳)が瑞宝単光章を受賞され、町長より伝達しました。
相津さんは、昭和36年に消防団に入団、平成12年退団まで39年間、また、平成7年からは分団長として地域の防災に貢献されました。
相津さんが所属していた音調津(おしらべつ)分団は、沿岸地域で火災のみならず津浪、高潮などの自然災害が発生するなど、特殊事情のある地域です。そのなかにあって、相津さんが団員の資質向上、組織の活性化、住民の安全確保に邁進した功績は大きなものがあります。
今後も地域防災にご指導いただきますようにお願いいたします。


広尾地区沿岸防犯協力会の総会に出席しました。


6月21日(土)

ひろお未来塾の第10回講座が開かれました。
ひろお未来塾 第10回講座ひろお未来塾 第10回講座

町長メッセージ

ひろお未来塾第10回目の講座です。前回に続いてシチズンシップ共育企画の、川中大輔氏の講師で、「行動する力を身につける〜コミュニケーション・リーダーシップ編〜」です。
朝9時から17時までの長丁場の講座ですが、塾生たちは真剣に取組み、かつ楽しくやっています。


6月19日(木)

不法投棄合同パトロールを行いました。
不法投棄合同パトロール不法投棄合同パトロール

町長メッセージ

不法投棄の一掃を目的に、産業団体、警察、道路管理者、関係団体が合同パトロールを実施しました。
依然として後を絶たない不法投棄をなくすために、毎年春と秋の二回実施しています。この活動を通して不法投棄のない、モラルのある町づくりを進めていきます。


6月18日(水)

高規格道路「帯広・広尾自動車道」の早期整備にかかる要望活動を行いました。
帯広・広尾高規格道路の要望活動帯広・広尾高規格道路の要望活動

町長メッセージ

高規格道路帯広・広尾自動車道の事業化へ向けて太田国交大臣へ要請を行い、事業化へ向けて動き出すことになりました。
本路線は、
@十勝港と結ぶ路線で物流の効率化をはかり、港湾振興に大きな役割と、十勝の農業に必要不可欠な道路です。
A地震・津波時の広尾町の孤立の回避、復旧・復興の道路として重要です。
B高次医療は帯広市に依存しているため、搬送時間の短縮で救急医療に貢献する道路です。
C本路線の延伸により、南十勝と日高東部を結ぶ広域観光に広がり見せるなど観光振興に貢献します。

広尾町の地域振興に大きな弾みが付き、住民が期待する道路であり一日も早い完成が待たれるところです。


6月16日(月)

新宝浜トンネルの貫通式に出席しました。
新宝浜トンネル 貫通式新宝浜トンネル 貫通式

町長メッセージ

一般国道336号線(通称:黄金道路)新宝浜トンネルの貫通式が行われました。トンネルは全長2,438mで、南側、北側から工事を進めて今日貫通しました。完成は平成27年度になりますが、開通すると広尾町〜えりも町までが大雨等による通行止めが無くなり、物流の効率化、観光振興など地域振興に果たす役割は大きなものがあります。
また、黄金道路を通る人の安全も確保され、防災の面からも必要なトンネルです。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る