心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2014年<平成26年>4月1日〜4月15日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

4月14日(月)

さけ・ます神社春季祭典に出席しました。
さけ・ます神社春季祭典さけ・ます神社春季祭典

町長メッセージ

さけ・ます漁の大漁、航海の安全を関係者で祈願を行いました。これまでは「さけます漁」は主力の魚種でしたが、年々赤字操業が続き厳しい状況にあります。今年は200海里以内で4隻、ロシア合弁で1隻の合計5隻で年々例年出漁が減っています。春の「トキシラズ」は脂が乗って美味しく自慢の魚ですから、大漁で浜が活気づいてくれることを期待しています。


4月12日(土)

広尾未来塾第8回講座「講演会(一般公開)」に出席しました。
広尾未来塾第8回講座広尾未来塾第8回講座

町長メッセージ

ひろお未来塾が2年目のスタートです。今回は広尾出身で活躍されている人を招いて、広尾町の可能性について講義です。
講師は、北海道議会議長 喜多龍一氏です。広尾の良いところを知り、発想力を養い、町に対する思いを強く持つ、などの話をしていただきました。


ボランティアグループ「たんぽぽの会」の総会に出席しました。
たんぽぽの会 総会たんぽぽの会 総会

町長メッセージ

ボランティア団体「たんぽぽの会」の総会が開催され、26年度事業が決定しました。これまでお年寄りのレクレーション、お楽しみ会などのボランティア活動を中心に大きな成果を挙げています。
また、町の各種お祭りなどの行事にも積極的に参画し、福祉行政だけでなくまちづくり活動にも貢献しています。


4月11日(金)

広尾町農民連盟総会に出席しました。
広尾町農民連盟総会

町長メッセージ

第45回広尾町農民連盟定期総会が代議員参加の下、開催されました。
厳しい農業情勢の中、TPP交渉など国内外の動向をより一層警戒と監視を強め、反TPP運動を続けることを運動方針で確認いたしました。
一次産業の町として、町が崩壊しかねないTPPには断固反対しています。


4月10日(木)

札幌にある海上自衛隊北部方面連絡官の山田竜二氏を表敬訪問しました。
上自衛隊北部方面連絡官 表敬訪問

町長メッセージ

札幌にある海上自衛隊北部方面連絡官を表敬訪問し、十勝港の利活用について要望してきました。
写真は海上自衛隊北部方面連絡官 1等海佐 山田竜二氏


4月3日(木)

町内の保育所の入所式に出席しました。
広尾保育所入所式 町長挨拶豊似保育所 入所式

町長メッセージ

4月2日に広尾保育所、丸山保育所、4月3日に豊似保育所が入所式を迎えました。広尾保育所では、3月末で野塚保育所が閉所となったため、野塚の4人の子供達も加わり、20人の子供が入所してスタートしました。
子供たちが健やかに育つように、家庭と保育所がしっかり連携して取組みます。


4月1日(火)

4月1日付新規採用者への辞令交付、新年度スタートにあたっての訓示を行いました。
4月1日付新規採用者へ辞令交付4月1日付新規採用者へ辞令交付

町長メッセージ

26年度の新規職員の辞令交付式と、新年度にあたり訓示を行いました。
今日から新しい職員10名を加えて、新年度がスタートします。
町部局、各執行機関含めて役場の仕事ですから、与えられたポジションで全力で業務に当たるのが役場の職員の使命であり、そのことが住民に信頼される役場になり、町の発展につながります。
それぞれの部署の町政執行方針を十分理解し、実施に向けて職員一丸となり業務に当るようお願いします。
今年度は、町長として2期目の折り返しです。
2期目の政策の柱を「笑顔と活力があふれる町を築くために」「災害に負けないまちづくりに」「食の資源を活かしたまちづくりに」「夢をかたちにするまちづくりに」全力を尽くし行動するとしています。
まちづくりの原点は、住んでいる人が豊かな生活をして次の世代に豊かな町を引き継ぐことにあります。
地域をもっと元気にするには、職員の情熱が源です。「このままじゃだめだ」「町を変えたい」「そのために何をしなければならないか」という本気の思いがないと、物事は動きません。
その情熱を実現するためには、それぞれの部署で課題の整理、目標の設定、そのための手段などの事を進めるにあたって、組み立てが必要です。「木を見て森を見る」。住民の豊かな生活が森で、それを実現するための政策が木です。しっかりデザインして取組んで頂きたい。
また、若い職員を育てるのは上司の役割であります。組織に力を付けるにはまず、仕事で力を発揮できる人間関係を作り、活気のある職場にしていただきたい。
読売ビジネスが、道内のリーダーによる中学校の読売夢事業のなかで、CEホールディング杉本社長が言っていた言葉です。
「真剣だと知恵が出る、中途半端だと愚痴がでる、いいかげんだと言い訳がでる、努力は結果で示す」。まずは行動することを呼びかけています。
自分自身が意識改革をして住民の期待に応えられる職員になっていただきたい。
職員1人ひとりが自らを高め、そして職員全員が町づくりの想いを一つにして、この1年間を元気に取組むことをお願いして、新年度の挨拶とします。


広尾消防団の団長に小椋榮輔さんが就任しました。
小椋団長 就任

町長メッセージ

4月1日から消防団長が、神野団長から小椋団長に引き継がれました。
小椋団長は昭和50年に入団し、平成10年広尾消防団分団長、平成18年広尾消防団副団長を経て、今回団長に就任です。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る