心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2014年<平成26年>2月1日〜2月15日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

2月13日(木)

太陽財団助成対象事業贈呈式に出席しました。
太陽財団助成対象事業贈呈式太陽財団助成対象事業贈呈式

町長メッセージ

公益財団法人 太陽財団の26年度の地域づくり助成事業の対象事業贈呈式が行われ、広尾町は広尾サンタランド活性化事業に助成をいただきます。
太陽財団は、地域の資源を活用した地域づくりの取組みに対する助成などを通じて、豊かで潤いのある生活の実現と、活力ある地域社会の形成に貢献していきたいと、この活動を続けています。
広尾サンタランドは今年で30年を迎えることから、節目に町内の子供たちから募集したキャラクター「さーたちゃん」の着ぐるみを作成して、これまで以上に子供たちにサンタクロースの優しい気持ちや、夢、希望、愛などを届ける活動で、太陽財団からいただいた助成金を十二分に生かして、地域の活性化を図っていきます。


2月7日(金)

農協女性部通常総会に出席しました。
農協女性部通常総会農協女性部通常総会

町長メッセージ

広尾農協女性部の第61回女性部の通常総会が開かれ、26年度の事業計画が決定いたしました。
農業の生産高も毎年更新していますが、それには女性部の大きな力があります。活動を通して連帯感を養い、助け合い、努力することにより家庭や経営面にも力を発揮しています。女性の元気な町は活気があると言われています。これからも大いに期待しています。


2月6日(木)

広尾町消防団音調津分団で消防団救助資機材搭載型車両の納車式が行われました。
消防団車両納車式消防団車両納車式

町長メッセージ

消防団救助資機材搭載型車両が、総務省消防庁から広尾消防団音調津分団に配備されました。音調津地域は大津波により孤立化する恐れがあることから、地域の消防団の対応力を一段と強化するために、車両が配備されたものです。今回の配備で消防力がより強固なものになり、大変心強く思っています。


十勝管内栽培漁業推進協議会臨時総会に出席しました。

町長メッセージ

十勝管内栽培漁業推進協議会の臨時総会が開催され、平成25年度のマツカワ魚の飼育、放流状況と漁獲状況を報告し、了解されました。
25年度は約11トンの水揚げで1,176万円の漁獲金額となり、前年を少し下回る結果となりました。
厳しい漁業環境の中で、前浜資源であるマツカワ魚は有望な魚種であり、今後も増養殖事業を継続して漁業振興を図っていきます。


2月5日(水)

十勝町村会通常総会に出席しました。

町長メッセージ

26年の十勝町村会の通常総会が開かれ、今年の事業計画、予算が決定し、地方自治体が抱える課題を町村会として取組み、前進させることを確認しました。


2月1日(土)

長崎県西海市小学生親善交流団が来町しました。
長崎県西海市小学生親善交流団が来町長崎県西海市小学生親善交流団が来町

町長メッセージ

広尾町と姉妹市町の、長崎県西海市の小学生が広尾町を訪れ、子ども達と交流しました。西海市の旧大島町との交流から28年になりますが、北と南の町の交流が、今も子ども達や物産交流など続いています。3泊4日で、2泊は広尾の子ども達のところに民泊です。
今年は雪が少なくて残念でしたが、それでも子供たちは雪を見て大喜びの様子でした。初日は町内見学とソリ遊び、二日目は帯広氷祭りとアウトドア体験と野鳥観察で楽しみました。
広尾の子ども達は夏の暑さを体験するために、夏休みに訪問することになっています。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る