心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2013年<平成25年>12月1日〜12月15日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

12月12日(木)

第4回広尾町議会定例会で一般質問が行われました。

町長メッセージ

第4回定例会が12月6日から11日の日程で開催され、一般質問が行われましたので概要をお知らせします。
1 志村国昭議員
Q介護マークの導入の考えは。
 介護中の人が外見では介護をしていることが分かりにくいために、誤解や偏見を持たれることがあるので、周囲に理解をしてもらうためにも介護マークの導入をすべきでは。
A26年度から介護マークを導入する。
Q臨時、パート職員の待遇改善と正職員の採用計画について
 正職員の数は自立プランを上回る削減になっている。住民サービスに影響のないように計画的な採用が必要では。また、臨時職員の待遇改善を図るべきでは。
A職員数は時代背景や住民ニーズの変化で組織の見直しが必要であり、住民サービスに影響が出ないようにする。
 臨時職員は管内平均を上回る水準にあり、労働条件も改善している。今後も職場環境の向上に努力する。


2 小田雅二議員
Q職員研修のあり方について
 職員としての基礎的、専門的研修以外に物産展、イベントに他の部署から職員を派遣しての研修をすべきでは。また、民間企業も研修の選択肢に入れてはどうか。
Aこれまでも、イベントで担当以外の職員の派遣もしている。今後も対応していく。民間企業も今後検討する。
Qイメージキャラクター「さーたちゃん」について
 サンタメールの永田萌さんの絵とマッチングは出来ないか、商標権などの法的整備は。
A永田萌さんの絵は著作権があり無条件ではマッチングできない。
 「さーたちゃん」は商標登録する方向で検討する。
Q広尾町食育推進計画について
 地産地消で広尾の水産物、農産物を最大限利用すべきでは。講演会の取り組みも必要では。
A計画の目標の一つに地産地消で豊かな食育の推進を掲げている。食育講演会を開き、行政、家庭、学校、地域、関係機関と連携して食で元気な町づくりをめざす。


3 前崎議員
Q消費税増税に伴う行政経費の増大は。
 来年4月から消費税率を8%に増税するが、行政コストの増加も見込まれるが額はいくらか。行政サービスに繋がると懸念されるので増税中止を求めるべきでは。
A25年度予算ベースでは約8.000万円から9.000万円の歳出の増加が見込まれる。町村会では、税制改正にあたっては安定的な財政運営に必要な地方交付税の一般財源の総額を、確実に確保することを要請している。
Q職員の再任用の実態について
 平成25年以降、公的年金の報酬比例部分の支給開始年齢が引き上げられることにより、無収入期間が発生するが再任用の実態は。当該職員の意識調査は。
A年金の支給年齢の段階的な引き上げに伴い、再任用制度の運用について現在作業を進めている。要綱が決定してから該当者に説明する。
Q公営住宅オール電化の見直しについて
 電気料金の値上げが大きくなっている。オール電化の公営住宅の設備を灯油、ガス等に改修する計画は。暖房機器のリース解約の説明が不足では。
Aオール電化の公営住宅については、入居者が希望選択したものである。
 暖房機器のリース解約の説明が不足していることから戸別に説明をする。


4 旗手議員
Q後期高齢者医療の来季保険料見直しについて
 被保険者の負担軽減措置を国と道に求めるべきでは。
 保険料の軽減策の特例措置が廃止されたときの影響は。町の対策は。
A前回の改定の際にも剰余金、安定基金の取り崩しの抑制策をしてきた。今回も同様の対策を講じるよう要請する。特例措置廃止の影響ですが、157名で大きく影響を受けるのは59名程度。
Q学校給食費に町費の助成は。
A現在は7町村で一部助成、補助を行っているが本町では困難。
Q統合する保育所の名称について
 新しくなることで名称はどうするのか。
A親しみやすく、子ども達が通いたくなるような名称を一般公募する。


12月8日(日)

「第44回毛がにまつり」が開かれました。
毛がにまつり毛がにまつり

町長メッセージ

第44回広尾毛ガニ祭りが、晴天の下盛大に開催されました。
直経2メートルの釜でゆでた、熱々の毛ガニを格安で販売とあって「毛ガニ大釜茹で」実演販売では、午前9時の開始に6時ごろから行列が出来るほどの人気です。
この時期としては暖かく、会場は約1万5,000人の人で賑わい、抽選会、早食い競争、子供駄菓子まきや美味しい食コーナー、物販で楽しんでいただきました。
また、毎年、姉妹市町の長崎県西海市から美味しい甘いミカン、ゆずコショウ、桜イモなど、また芽室町からも豆、豚串、ソーセージなどの特産品を出店していただきありがとうございました。
各出店者の方も、産地ならではの取組みや安価で祭りを盛り上げていただき、感謝しています。


12月5日(木)

商工振興懇談会に出席しました。
商工振興懇談会

町長メッセージ

町と商工会との商工振興懇談会が開催され、商業部会、工業部会、サービス部会、青年部、女性部からそれぞれ、空き店舗対策、公共事業、高校存続、お祭り、学校跡の遊休地対策、サンタランド、港湾、外来船対策など、多くの課題について意見交換をいたしました。
厳しい時代が続きますが、お互いに工夫しながら課題解決に向けて努力することを、確認したところです。


12月3日(火)

まちづくり講演会に出席しました。
まちづくり講演会まちづくり講演会

町長メッセージ

「支え合いのまちづくり」と題して前せたな診療所長、前夕張希望の杜理事長、現在は「ささえる医療研究所代表」の村上智彦先生を迎えて講演会です。
町づくりは住民の命を守ることであり、それは住民自身が行動して取組み支えあうことが重要である、など実践例の中から町を変えるには行政でなく住民が変わっていかなくては、と今までと視点の違う話を聞かせていただきました。
住民の福祉、医療について本気で取組まなければ良い町が出来ない、そんな思いを強くしました。


12月1日(日)

ホテルオークラ広尾町フェアが開かれます。
ホテルオークラ広尾町フェアホテルオークラ広尾町フェア

町長メッセージ

12月1日〜31日まで広尾町の海の幸、ししゃも、サケの広輝、毛がに、ツブなど魚介類を使い、ホテルオークラ札幌で広尾町フェアを開催します。
食事の後には広尾の産物が当たるお楽しみの抽選会もあり、来ていただいた方に広尾の食材を楽しんでいただき、広尾のことをよく知って、広尾に来ていただければと思っています。
ホテルオークラ札幌さんには毎年開催していただき、感謝しております。
当日は札幌・広尾会の方と「海の恵みランチ」「気まぐれカレー」をいただき、一流ホテルの味を堪能いたしました。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る