心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2013年<平成25年>9月1日〜9月15日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

9月15日(日)

サーフィン大会に出席しました。

サーフィン大会

町長メッセージ

第11回広尾町サーフィン大会が、町内外から多くのサーファーの参加で盛会にフンベの浜で開催されました。
広尾の波はサーファーから評価が高くAクラスの波だそうです。この波は広尾町の財産ですから大事にしていきたいです。主催者の皆さん有難うございました。


紋別地区のお祭りに出席しました。
紋別地区のお祭り

町長メッセージ

地域に開拓の鍬を入れた片上氏の出身の四国愛媛の大山神社を祭っています。
毎年、神事の後は、地域の皆で焼肉バーべキュー、ビンゴゲームで楽しみ懇親を深め豊穣を願います。


共栄地区のお祭りのお祭りに出席しました。
共栄地区のお祭り

町長メッセージ

地域が豊穣の秋を祈願して集まり、懇親を深めています。子供やお年寄りまで皆で楽しんでいます。
このコミュニケーションが地域を支え、町が発展する力になります。


9月14日(土)

豊似神社秋季祭典に出席しました。
豊似神社秋季祭典豊似神社秋季祭典

町長メッセージ

広尾町の豊似神社秋季祭典が今年も地域の方の手作り祭りで地元はもちろん、広尾市街や隣町からも多くの人で賑わい、楽しんでいます。
祭りは心を一つにして地域がまとまりやりきる、これが祭りの原点です。豊似の祭りがお手本です。


9月13日(金)

開会中の広尾町議会で一般質問が行われました。

町長メッセージ

第3回定例会が9月10日から13日まで開催されました。一般質問の概要を報告します。
1 山谷議員
Q帯広厚生病院の移転・新築に伴う広尾町の負担について。
 帯広厚生病院が病院建設費約210億円の30%、63億円を十勝管内19市町村に要請したが町長の見解は。
 過去の救命救急センター建設時の広尾町の負担は。
 今回の負担割合は前回の16%から30%となっているがその根拠は、負担額の予測は、国や道の負担はあるのか。
A救急救命センターは85億円に対し、16.65%が市町村の負担で帯広市が70%、町村が30%、広尾町は2,307万円。今回の建設費の30%負担根拠は示されていない。負担に対しては地方債の過疎対策債が適用される。
 今後、資金計画など情報収集に努め、十勝町村会として統一した見解を出していく。

2 小田議員
Q
国内最大級の群生地があり町の財産の一つでもあるオオバナノエンレイソウを町花として加える考えは。
A現在のところは追加の考えはないが、今後選定の機運が高まれば検討する。
Q原発の再稼動の是非が議論されている中、自治体の長として考えや意思を明確に示す必要があるとおもうが。
A福島原発事故は未だに終息に至っていない、最近では汚染された地下水が流出するなど危機は深まるばかりである。原発に頼らないエネルギー政策を望む。
Q空き家対策で条例を制定して対応してはどうか。
A危険と思われる物には指導してきたが、今後条例整備についても検討する。

3 旗手議員
Q生活保護基準の見直しに伴う影響は、就学援助の支給など様々な制度に連動してくるが、影響が生じる制度、金額、人数は。
A83世帯、1万7918円、一人当たり216円/月。
 影響する制度は19件、342人。
 サービスが後退することのないようにする。
Q介護保険制度の「要支援1,2」は保険給付対象から外し、市町村の事業とするのはサービスの後退では。
 これまでのサービスは可能か。
 介護事業者への影響は。
 「要支援1,2」の人数、要支援から要介護へ変わる人、要介護から要支援に変わる人は。
A市町村に事業が移行されても要支援事業の財源は介護保険から充てられる。財源構成も変わらない。従前通りのサービスをする。
 要支援1,2は412人中127人30%、要支援から要介護へは113人中29人。
 要介護から要支援は255人中6人。
Q「障害者控除」認定の拡充を。障害者の範囲に難病が加わり、障害福祉サービスを受けられるようになったが、受けている人はいるか。
 難病で障害福祉サービスを受けている人も障害者控除の認定をすべきでは。
A現在はいない。
 障害者総合支援法の難病に認定されても、所得税や住民税の障害者控除の対象にはならない。

4 前崎議員
Q国民健康保険の広域化については、保険料の値上がりにつながり国の果たす役割を放棄するものと言わざるを得ないと思うが町長の見解は。
A国民健康保険の被保険者が市町村になるのは、多額の赤字を一般会計から繰り入れているなど限界に来ている。広域で実施する場合でも国費投入で赤字構造を解消することが前提。
Q期限付き教員の実態について。
 今後の教職員の住宅改築、改修計画は。

A期限付き教員は産前・産後、育児休暇による代替教員、学級数の増、定数加配に対応するもの。
教職員の住宅整備は計画的に進め、民間住宅の活用も併用する。

5 志村議員
Q海産干場にトイレ、水道などの整備について、道路の防塵処理について今後の整備の考え方について
Aトイレ、水道は行政が主体的に実施するのは困難。道路の防塵処理は検討、
 いずれも漁業協同組合と協議してすすめる。

6 北藤議員
Q大雨で畑が冠水し農産物の品質低下を招いている、道路の排水対策は。
A今後、関係者と協議して道路側溝整備、明渠事業・土地改良事業などで解決したい。


9月12日(木)

広尾市街地区の敬老会に出席しました。
広尾市街地区敬老会広尾市街地区敬老会

町長メッセージ

広尾市街地の敬老会が、町内会女性部の主催で開催されました。皆さんはこの日を来るのを楽しみにしていて、1時間以上前から会場にこられる方がほとんどです。フラダンス、舞踊、カラオケをしながら楽しい一時を過ごしました。
100歳になる島田ワカエさんも元気に出席、年を重ねるお手本です。


9月8日(日)

「福祉まつり」に参加しました。
福祉まつりに参加福祉まつりに参加

町長メッセージ

第21回福祉まつりが保育所、幼稚園児、小中高生、高齢者の芸能発表と多くの皆さんのボランティアの支えで開催されました。
これからも、高齢者が元気で楽しく暮らしていくためにも、色々と外出の機会を作りながら、楽しんでいただきたいと思います。また、そのイベントを支えるボランティアの方々の活動も心強いところです。


9月6日(金)〜9日(月)

南極観測船「しらせ」が十勝港に初寄港しました。
南極観測船「しらせ」が十勝港に初寄港南極観測船「しらせ」が十勝港に初寄港

町長メッセージ

南極観測船、砕氷艦「しらせ」(1万2,650トン)が広尾町十勝港に初寄港しました。
「しらせ」は毎年11月に日本を出発し、日本の南極昭和基地に物資と越冬隊員の送迎の任務を終えて4月に帰還します。その後、総合訓練で十勝港に寄港していただいたものです。
9月7日〜8日の一般公開では船内の案内をはじめ、南極のパネル、氷、石、観測機材などに多くの見学者は興味深く見ていました。
また、艦上レセプションで、「しらせ」の日高艦長は「2年連続昭和基地に接岸できていないので今回は乗組員の心を一つにしてチャレンジしたい。」と決意を述べていました。
「しらせ」の航海の安全と第55次南極観測の成功を心から願っています。


9月5日(木)

広尾中学校生徒会が集めた募金を届けてくれました。
広尾中学校生徒会が募金を届けてくれました広尾中学校生徒会が募金を届けてくれました

町長メッセージ

広尾中学校の生徒会が街頭募金で取組んだ募金を広尾の子ども達のためにと、持ってきてくれました。
生徒会はこれまで、一年目は東日本大震災に、二年目は住民福祉に、今年は子ども達にと募金活動をしてまちづくりに貢献しています。


9月4日(水)

豊似地区敬老会に出席しました。
豊似地区敬老会豊似地区敬老会

町長メッセージ

豊似地域敬老会に白寿の方が出席されました。とっても元気で、毎日散歩や身の回りのことは自分でするそうです。
長寿社会ですが、このように年を重ねていきたいものです。この日は、町内会女性部のお手伝いと地域のグループの余興で1日敬老会を楽しみました。


広尾町防災会議に出席しました
広尾町防災会議広尾町防災会議

町長メッセージ

今年度、第1回の防災会議が開かれました。
10月1日に巨大地震・津波を想定した総合防災訓練として、警察、海上保安署、自衛隊、北海道、消防、関係機関が参加して訓練をします。
住民の避難訓練、救出訓練、ヘリコプターによる移送訓練、消化訓練、炊き出し訓練を予定しています。
また、会議では特別警報の発令についての説明がありそれぞれの機関が認識を深めたところです。


9月3日(火)

南十勝消防事務組合「第2回消防合同実践訓練」に出席しました。
南十勝消防事務組合合同実践訓練南十勝消防事務組合合同実践訓練

町長メッセージ

第2回南十勝消防合同実践訓練が、大樹町を会場に開催されました。
近年、異常気象による大雨洪水、土砂崩れ、竜巻被害など大規模な災害が多発しています。
また、大地震、大津波も予想されていることから、消防の役割は大きくなっています。
さらには広域で支援する体制整備も重要です。
このことからも、南十勝の消防が一同にして訓練することは、大きな意義があると確信しています。
今後、この訓練の成果を十二分に活かして、技術の向上、広域連携強化に努めていきたいと思います。

9月2日(月)

南十勝消防事務組合議会に出席しました。


9月1日(日)

サンタランドコンサートに出席しました。

町長メッセージ

一年をとおしてサンタランド事業を展開しています。その取り組みの一つがサマーコンサートです。
当日はあいにくの雨で、会場を大丸山のサンタの家から児童福祉会館に移してのコンサートになりましたが、陸上自衛隊第5音楽隊の演奏に多くの方に来て頂き有難うございました。
これからも、夏のイベントを取組みサンタランドから情報を発信していきたいと思います。


野塚地区敬老会に出席しました。
野塚地区敬老会野塚地区敬老会

町長メッセージ

今年の広尾町敬老会が、野塚地区をスタートに5か所で開催されます。
ここまで広尾町が発展して来たのも、皆様方のおかげであります。
私たちがさらに良い町にして、次の世代に引き継がなければ成りません。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る