心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2013年<平成25年>8月16日〜8月31日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

8月31日(土)

ひろお未来塾第3回講座「講演会(一般公開)」に出席しました。
ひろお未来塾第3回講座ひろお未来塾第3回講座

町長メッセージ

ひろお未来塾の第3回講座が開かれ、今回はまちづくりの事例を学ぶこととして、講師に長崎県小値賀町の鰹ャ値賀観光まちづくり公社 高砂樹史氏を迎えて、島ぐるみでの観光の取り組みを聞かせていただきました。このことで平成24年度地域づくり総務大臣賞大賞を受賞されています。
人口2,800人の小さな町で20人の雇用を生み出し、観光産業を漁業、農業に継ぐ産業まで成長させたNPOです。今の時代で忘れかけた大事なことを、都会の子ども達に大人たちに、この島の素晴らしいところを提供し、次の時代に繋いでいきたいとの想いから始めた事業です。
地域で住んでいる人は発見できない素晴らしいところを外から見つけ出し、それを地域の売りにして町おこしをする。今、広尾町がしようとしていることと重ね合わせ、大変参考になる講座でした。ない物ねだりより、あるもの発見です。


8月30日(金)

食育推進計画第2回策定委員会に出席しました。

町長メッセージ

広尾町が進める、食で元気、町づくり計画の第2回策定委員会が開催されました。
食は人にとって、生きる基本、健康に生きる毎日の食で最も重要な課題であります。
健康・福祉・子供の教育・産業振興・地域文化など多くの切り口があり、町づくりそのものです。
そして計画を実践していく上で家庭、保育所、幼稚園、学校、地域、産業、ボランティアなどの連携は”人づくり”に直結するものです。
町おこしは人おこしです。食で元気な町づくりを進めてまいります。


8月28日(水)

高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画策定委員会に出席しました。


8月27日(火)

保育所統合建設検討委員会に出席しました。


8月26日(月)

農協女性部運動会に出席しました。
農協女性部運動会農協女性部運動会

町長メッセージ

第25回農協女性部室内運動会が行われました。十勝は農業大国で広尾も農業が経済を支えています。元気な産業は地域が元気で携わる人が元気で横の連携がしっかりしています。25回も女性部の運動会が続いているのは全道でも数少ないと思います。女性の元気は、家庭の元気、地域の元気、町の元気の源です。これまでの取り組みに感謝します。


8月25日(日)

第15回町長杯争奪町民パークゴルフ大会に出席しました。
第15回町長杯争奪町民パークゴルフ大会第15回町長杯争奪町民パークゴルフ大会

町長メッセージ

町内会連合会主催の第15回町長杯争奪町民パークゴルフ大会が町内会対抗で23チームの参加の下、熱戦が繰り広げられました。
町づくりをしていく上で、大切なのは住民の横の連携が欠かせません。その連携の代表選手が町内会活動であり、町の基盤を作っていただいている各町内会に感謝しています。
「自分たちの町は自分達の手で創る」その取組みがだんだん広がってきています。これからも住民の方と協働してまちづくりを取り組みます。


8月23日(金)

さけます神社秋季祭典に出席しました。
さけます神社秋季祭典さけます神社秋季祭典

町長メッセージ

8月24日から始まる秋サケ漁を前に、サケマス神社秋季祭典が行われ、関係者一同が大漁、航海安全を祈願しました。
秋サケはここ数年漁獲高が減少しており、厳しい状況が続いています。本町の漁業の主力は秋サケが占めているだけに、今年の漁に大きな期待をしています。


日高信用金庫から「生活支援ハウスなごみ」に物品の寄贈をいただきました。
日高信用金庫から「なごみ」に寄附日高信用金庫から「なごみ」に寄附

町長メッセージ

日高信用金庫が創業90周年を機に地域貢献として、5年間毎年10万円相当を寄付している事業で、今年で3年目です。今回は、「なごみ」の施設で皆に喜んでもらえるベーカリー2台、スチーム清掃機、パラソルを寄付していただいたものです。普段、欲しくてもなかなか購入できないもので入所者一同感謝しています。


8月21日(水)

子どもたちへの本の購入代として寄附をいただきました。
畑下茂氏から寄附

町長メッセージ

株ィ下組社長の畑下茂氏が子ども達への本の購入代金として、今年から毎年10万円の寄付を図書館にしていただくことになりました。
畑下社長はこれまで、会社が広尾町にお世話になったお礼として、何か恩返しをしたいということで、将来の広尾町の担い手となる子ども達が本に親しんでもらいたいとの思いから、今回の寄贈になったものです。
今の時代、メールなど子供たちの活字離れが進む中、本に触れることは大事なことであり、今回の寄贈は大変ありがたいことであります。今後、畑下文庫として整備していきたいと思います。


大樹町で開かれた南十勝複合事務組合議会に出席しました。


お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る