心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2013年<平成25年>6月16日〜6月30日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

6月30日(日)

自民党の二階俊博氏へ高規格道路にかかる要請を行いました。
自民党・二階議員に高規格道路にかかる要請自民党・二階議員に高規格道路にかかる要請

町長メッセージ

自民党の二階俊博氏が帯広・広尾自動車道視察の機会に更別ICで高規格道路の早期整備について、更別村、幕別町、大樹町、広尾町の町村長、議長、産業団体長、商工業の代表が要請を行いました。
本路線は、大樹〜広尾間が計画区間で事業化区間ではないことから、早期に事業区間への昇格を強く訴えたところです。
この路線は、@十勝の海の玄関口「十勝港」と結ぶ道路で十勝の農業、漁業を支える道路で、沿線には穀物サイロ、飼料工場、乳製品工場等が立地し食料の安定供給を支えています。
A防災・減災の道路としての役割があります。東日本大震災では広尾町は津波で大きな被害を受け、今後予想される津波の最大高さも29,4mと発表され、被災後の復興・復旧の道路としての役割があります。
B広尾町は帯広まで80kmと遠距離にあり、救急医療は帯広圏に頼っています。搬送時間短縮で地域医療の向上に貢献する道路です。
C十勝は全国の食料生産基地であり、高規格道路網の整備は輸送の効率性、競争力に貢献し地域振興に欠かせない道路です。また、新たな広域観光ルートが形成されるなど地域から一日も早い開通が待たれています。


6月27日(木)

民主党の十勝地域政策懇談会に出席しました。
民主党の十勝地域政策懇談会

町長メッセージ

民主党の十勝地域政策懇談会が開催され、管内市町村長から各懸案事項を要望しました。
広尾町は、国への要望10項目、道への要望3項目を要望し、その中でも喫緊の課題である高規格幹線道路「帯広・広尾自動車道」の整備促進、介護保険給付費に対する国の負担割合拡大、シカ被害防止対策の処理加工施設の建設、地域医療の充実と医師対策について強く要望いたしました。


広尾町交通安全部連絡協議会の総会に出席しました。
広尾町交通安全部連絡協議会総会

町長メッセージ

各町内会の交通安全部長の連絡協議会です。平成25年度の総会が開催され、年間スローガンである「ストップ・ザ・交通事故死」〜めざせ安全で安心な車社会〜のもと、本年度の事業として街頭指導、町の広報紙・行政無線による啓蒙、「ディ・ライト運動」、交通安全祈願署名などを決定いたしました。
交通事故を無くすのは誰もが願うもので、地道に継続して家庭、地域、職場を上げて取組む以外にありません。


6月26日(水)

十勝管内栽培漁業協議会の総会に出席しました。
十勝管内栽培漁業協議会総会

町長メッセージ

本協議会が豊頃町で開催されました。協議会は広尾町、大樹町、豊頃町、浦幌町、広尾漁協、大樹漁協、大津漁協の4町3単協で組織されマツカワ魚の栽培漁業に広域で取組んでいます。
昨年の水揚は全体で約10トン、1,230万円でした。この事業は平成4年から稚魚を放流して育てる漁業をすすめ、栽培漁業の振興と漁家経営の安定を図ることを目的にしています。
近年、沖合い漁業が苦戦し厳しい状況ですが、管理型漁業、資源の確保などで前浜を豊かにして漁業振興を図っていきます。


季節はずれのサンタクロースが広尾町を訪れました。
季節はずれのサンタクロースが広尾町を訪問季節はずれのサンタクロースが広尾町を訪問

町長メッセージ

サンタの町、広尾町にサンタクロースがやって来ました。
昨年に続いて2度目の来町ですが、今回は保育所をはじめ、町中を散策したのでみんなビックリです。神奈川県藤沢市の牧師のステモンス ジョンさんです。
教会で親子愛や子育ての活動をしていて、そのことはサンタクロースに繋がるということで広尾に来ていただきました。これからも広尾からサンタクロースの持つ優しさ、夢、愛、希望などを全国に発信していきます。


6月25日(火)

広尾地区沿岸防犯協力会の総会に出席しました。
広尾地区沿岸防犯協力会総会

町長メッセージ

広尾町、大樹町の行政、漁協、漁業者で構成し、沿岸の犯罪を未然に防ぐ活動をしています。密漁、密出入国、密輸入防止を呼びかけ、関係者と協力し海岸線の警戒活動を実施しています。
十勝港も利活用が進むに連れて、外国船の出入港が増加しており、防犯には万全の体制で臨んでいます。不審船、不審外国人を見かけたら広尾警察署までご連絡ください。


満100歳の誕生日を祝い、長寿賞を贈呈しました。
長寿賞を贈呈長寿賞を贈呈

町長メッセージ

菅野まついさんが100歳を迎えられましたので町からお祝いです。
大変お元気で話もしっかりできて顔色もよく、ホームの職員にケーキでお祝いをしていただきました。
高齢化の時代ですが、菅野さんのように活き活きと年を重ねたいものです。
おめでとうございます。


広尾町ボランティア活動連絡協議会の総会に出席しました。
ボランティア活動連絡協議会総会

町長メッセージ

協議会は21の団体が加盟し、それぞれの団体が行う事業や活動内容を交流し連携を図りながら町のボランティア活動を推進しています。
まちづくりは、当然、行政だけではできません。色々な分野で地域の方の参画や行動で助け合い、支えあうことが大切です。そのことが豊かなまちづくりに繋がります。


6月24日(月)

十勝港祭り協賛会代表者、執行者会議に出席しました。

町長メッセージ

第58回十勝港祭り協賛会代表者、執行者会議が開催され、行事日程、執行体制が確認されました。
特に、8月3日(土)の十勝港海上花火大会は6,000発の花火で夜空を飾ります。ステージイベントでは、STVラジオの日高晤郎ショーでお馴染みの「こおり健太歌謡ショー、YOSAKOIソーラン(平岸天神ほか札幌のチームが複数参加)の演舞が行われます。


青少年健全育成推進協議会の総会に出席しました。

町長メッセージ

今年度の総会が開かれ、本年度の事業計画が承認されました。主な事業では、学校教育部会で広尾の自然絵画作品展、広尾サウンドフェスティバル、地域活動部会では夜間巡視、わんぱく自然体験塾、地域子供会事業では、スキー教室、親子体験学習、家庭教育部会では科学学習、親子ふれあい交流などを実施します。
広尾町の青少年の健全な育成と関係団体の相互の連携を保ち、調整を図るものです。子ども達が地域と一体となって活動することは子ども達はもちろんですが、大人たちも成長することができます。


6月23日(日)

町内会連合会が主催する国道336号沿いの花壇整備に出席しました。
国道336号沿い花壇植栽国道336号沿い花壇植栽

町長メッセージ

国道336号の植樹ますに住民、関係団体約150人が参加して花植えが行われました。広尾町花いっぱい運動の一環で各町内会から参加して植栽から草取り、最後の撤去まで住民が主体的に行う事業です。町の出入り口になる場所なので町民の方や広尾に訪れる人を優しく迎えています。
広尾の町を「きれいに」したいということで始まり、この運動は町民のボランティアで他の道路の植樹や職場、家庭で広がっています。


6月21日(金)

新宝浜トンネル北工事の安全祈願祭に出席しました。
新宝浜トンネル北工事の安全祈願祭新宝浜トンネル北工事の安全祈願祭

町長メッセージ

一般国道336号(黄金道路)新宝浜トンネル北工事の安全祈願祭がおこなわれました。このトンネルは地域の防災として永年の懸案事項で、地元漁業者の理解の下に着工できたものです。全長は2,438mで黄金道路では最後のトンネルとなり、完成により異常気象による通行止めがなくなり、防災はもとより産業振興、えりも岬経由の観光振興に大きな役割を果たす道路となります。無事故・無災害で完成することを願っています。


役場で行われた叙勲の伝達式に出席しました。
叙勲伝達式叙勲伝達式

町長メッセージ

軍司勝裕さん(74)が瑞宝単光章を受賞し、このたび北海道知事(代理)から伝達が行われました。軍司勝裕さんは昭和38年に広尾町豊似消防団に入団、平成14年から18年までは分団長として活躍し、通算43年間の消防人生です。
日頃、仕事を持つ傍ら地域住民の命と財産を守る消防団活動の功績により栄えある受賞です。心からお祝い申し上げます。


6月20日(木)

広尾建設業協会安全・衛生大会に出席しました。
広尾建設業協会安全・衛生大会

町長メッセージ

協会傘下の各企業が参集して、今年一年の工事の「無事故・無災害」の実現、実行を確認するために、安全・衛生大会が開催されました。
なれあい、うっかり、意識低下〜これらを事故に起因する三大大敵としてとらえ、安全管理に徹底するよう呼びかけをしていました。


警察官友の会総会に出席しました。
警察官友の会総会警察官友の会総会

町長メッセージ

平成25年度警察官友の会総会が広尾地区、大樹地区の会員参加の下、開催されました。
地域の住民の安全を確保するのが自治体の役割であります。警察署はじめ、関係機関、地域の住民が連携していかなければなりません。警察官友の会は地域で警察官を支える会で、その役割は大きなものがあり、町あげて住民が安心して暮らせるよう犯罪のない交通事故のない町を目指します。


6月18日(火)

南十勝消防団活性化事業に参加しました。
南十勝消防団活性化事業南十勝消防団活性化事業

町長メッセージ

南十勝(中札内、更別、大樹、広尾)の消防団の活性化事業として、雨模様の中でしたがパークゴルフで腕を競いその後は、焼肉・焼魚で懇親会です。日頃より、仕事を持つ傍ら地域住民の安心のために、各地域の防災にご尽力をいただき心から感謝申し上げます。南十勝消防本部の下、各団は独立して活動をしていますが、合同訓練など広域で取組むなど組織強化を図り、大規模災害に備えています。


広尾町生涯学習推進協議会総会に出席しました。
生涯学習推進協議会総会生涯学習推進協議会総会

町長メッセージ

平成25年度の総会が開かれ、24年度の総括と25年度の事業計画について意見交換を行いました。
本協議会は、町民の方が余暇を利用して生活を楽しむために、いつでも自由に学べる学習の機会を提供して、一人一人の学習の成果をまちづくりに活かすことを目指しています。
趣味の講座の「マイプラン」、情報提供の出前講座、特技を活かす「まちの先生」など多くのメニューを揃えています。
情報交換では、子ども達と地域の係わりが大切で、その中で子ども達が成長していくことや、各関係団体の横の連携で活動が活発になること、さらには各団体の交流で新たなコミュティが生れていること、学校を地域活動の発表の場所として提供してもらえること、子ども達が地域学習を通して学んだことを地域の力を借りて形にすること、広尾の魚介類を子ども達に知ってもらう出前事業などで地域の産業を理解してもらう等々内容の濃い総会でした。
地域が活性化することは、それぞれの個人、グループ、地域、学校、団体などが力をつけて行動し連携するところに大きなエネルギーが生まれ「地域力」になります。


6月17日(月)

ひろおすまいる元気塾で「町長とのふれあいトーク」を行いました。
すまいる元気塾参加者とふれあいトークすまいる元気塾参加者とふれあいトーク

町長メッセージ

すまいる元気塾は高齢者の学習講座で毎日が活き活きと充実した生活を送るために年8回、学習の機会を設けています。
メニューは、レクリエーション、音楽鑑賞、介護予防、映画鑑賞、視察等多彩な活動で皆さん楽しく学び活動しています。高齢者の方が元気に生活することはまちづくりの柱の一つです。家に閉じこもることなく、外出して皆と話をすることは、病気の予防、特に認知症の予防に大変重要なことです。
今回は講座のひとコマを利用させていただき、高齢者の方とふれあいトークを実施しました。防災の避難所、介護予防、病院の送迎バス、福祉センター利用、シカ被害等の日常課題で懇談をすることができました。これからも多くの方の意見を聞いて、行政執行していきたいと思います。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る