心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2013年<平成25年>4月16日〜4月30日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

4月30日(火)

(株)ディノス様から、立派な大漁旗をいただきました。
(株)ディノス様から、立派な大漁旗をいただきました。

町長メッセージ

潟fィノスは30年にわたり、広尾町の魚介類をテレビショッピング、カタログで全国に発信していただいています。一つの自治体と30年にわたってお付き合いをさせていただき、その上、今回、30年を記念して立派な大漁旗を頂いて感謝の気持ちで一杯です。これからも皆さんに喜んでもらえる自慢の特産品を作って皆さんにお届けしたいと思います。


4月29日(月・祝)

東京都荒川区で開かれた「川の手荒川祭り」に参加しました。
東京都荒川区で開かれた「川の手荒川祭り」に参加東京都荒川区で開かれた「川の手荒川祭り」に参加

町長メッセージ

第22回荒川区の川の手祭りが行われ、ふるさと市では全国の荒川区と交流のある22の自治体が参加して、盛大に開催されました。
広尾町も3回目の参加で自慢の魚介類を提供し、多くの人に喜んでいただきました。
荒川区との交流は広尾出身の女子野球日本代表のキャプテンを務めた志村選手が荒川のアサヒトラストの野球チームに所属し、また、荒川区の中学校で講師を務めているなどの縁で交流がはじまり、荒川の川の手祭りには広尾の海産物を販売しています。
広尾町も市町村の交流をとおして町づくりを学び、生かしていきたいと思います。


4月26日(金)

札幌市で開かれた第60回北海道漁港漁場協会総会、第22回北海道漁港漁場大会に出席しました。
第60回北海道漁港漁場協会総会に出席北海道漁港漁場大会に出席

町長メッセージ

それぞれの総会、大会が開かれ、今後の漁港・漁場・漁村づくりにあたり、厳しい状況を踏まえ、効果的な促進を図るために要望活動を展開する。また、漁港や海岸の環境美化運動に引き続き実施して愛護運動の啓蒙普及に努めることが確認されました。


4月25日(木)

札幌市で開かれた北海道町村会の定期総会に出席しました。

町長メッセージ

第67回北海道町村会定期総会が開かれ、道内町村を取巻く環境は少子高齢化を背景に人口減少など、厳しい状況に食面していることから、住民生活の安全・安心に全力を尽くすことを確認しました。
また、25年度は給与関係経費が圧縮になり、地方交付税の減額となりましたが、地方交付税は行政サービスを維持するための地方固有の財源であります。地方財政の充実・強化を求め特別決議をしました。


北海道酪農振興町村長会議総会に出席しました。

町長メッセージ

平成25年度の総会が開催され、TPPなど北海道をとりまく酪農・畜産の情勢は一段と厳しさを増していることから、さらに中央要請、関係機関との連携、情報提供、研修会の実施などを確認いたしました。
総会後に、北海道農政部青木課長を講師に招き、TPPについて研修会を開催しました。


4月24日(水)

雪印メグミルク椛蜴工場の新棟披露式に出席しました。
雪印メグミルク椛蜴工場の新棟披露式に出席雪印メグミルク椛蜴工場の新棟披露式に出席

町長メッセージ

雪印メグミルク鰍フ大樹工場の「さけるチーズ」の新棟が完成し披露式がありました。雪印の大樹工場の生乳は広尾と大樹の生乳を受け入れて製品を作っています。今回は人気のある「さけるチーズ」の新棟を完成させ増産体制にはいり地域の酪農の振興をはかり、消費者の要望に応えるものです。
※左の写真で、左から順に村瀬広尾町長、中野雪印メグミルク且ミ長、高橋知事、伏見大樹町長


町内会連合会の総会に出席しました。
町内会連合会の総会に出席町内会連合会の総会に出席

町長メッセージ

広尾町町内会連合会の総会が開催されました。
総会に先立ち、永年勤続の町内会長に表彰状、役員の方に感謝状を贈呈いたしました。いずれも永い間、町内活動にご尽力をいただき、有難うございました。
町内会の活動は、地域のコミュティ、防犯、連携、など町をつくる原動力でありまちづくりの土台になります。連合会は毎月のように行事が組まれ、特に国道に花を植える運動は10年目を迎えて、広尾に来る人の心を和ませてくれています。また、パークゴルフの大会、研修など積極的に取組んで結束を強くしています。


4月23日(火)

JAひろおの総会に出席しました。
JAひろおの総会に出席JAひろおの総会に出席

町長メッセージ

第65回通常総会が開催されました。昨年は春先の天候不順、生産資材高騰など厳しい環境でありましたが、農業総生産額は過去最高の56億3,900万円を挙げ、広尾町の経済を支えていただいています。
しかし、今日の農業情勢で予断を許さないのが、TPP交渉を正式に表明し7月にも合流しようとしていることです。関税が撤廃されれば、第一次産業で成り立っている、広尾、十勝、北海道の経済は破綻し、私たちの生活は成り立ちません。守るべきは守ると言っていますがどうやって守るのか、守らなければ撤退をするのか、何も明らかになっていません。農業や漁業だけの問題ではなく、健康保険、医療、金融、製薬、投資、訴訟等々私たちの生活に直結する重大な問題です。
総会では、TPP交渉参加断固反対の決議を採択し今後も反対行動関係団体と連携して進めることを確認しました。


ジャズスクール開催にかかる有志の打ち合わせに出席しました。
ジャズスクール開催にかかる有志の打ち合わせに出席

町長メッセージ

今年から広尾で札幌市芸術文化財団がジャズの講習会を月に1回開催し、プロの演奏家が来て頂き、演奏の指導、ジャズの魅力を教えてくれます。
広尾だけではバンドを結成する生徒が集まらないため、十勝全体で応援してジャズスクール開設を成功させ、十勝からジャズを発信できればと有志が集まっていただきました。


交通安全協会の総会に出席しました。
交通安全協会の総会に出席

町長メッセージ

交通安全協会は、住民の交通事故死ゼロ、無事故の目標達成のため交通安全意識の高揚を図り、春・夏・秋・冬の全国交通安全運動、「ディライト」の普及、街頭キャンペーン、町の行事の交通指導など住民の安全・安心ために日々活動しています。


4月20日(土)

第48回南十勝吟道大会に出席しました。
第48回南十勝吟道大会に出席第48回南十勝吟道大会に出席

町長メッセージ

広尾町サンタランド港友会20周年記念、第48回南十勝吟道大会が十勝川温泉筒井ホテルで開催されました。
南十勝の会員の方が毎年、発表会を開き親睦を図り、特に今回は広尾町サンタランド港友会が20周年を迎えるということで皆さん張り切っていました。
「一吟天地の心」聴いていると背筋が伸びます。皆さんは、地域では詩吟を通して文化活動に尽力され、感謝申し上げます。


ボランティアグループ「たんぽぽの会」の総会に出席しました。
ボランティアグループたんぽぽの会の総会に出席

町長メッセージ

ボランティアグループ「たんぽぽの会」の総会が老人福祉センターで開催されました。タンポポの会の活動は独り暮らしのお年寄りの行事を中心に、老人ホームなどの施設慰問、夏祭りの仮装盆踊り、福祉祭りのバザー協力など毎月のように活動しています。地域の福祉をしっかり支えていただいています。


4月19日(金)

NPO法人のーまひろおの総会に出席しました。
NPO法人のーまひろおの総会に出席

町長メッセージ

NPO法人「のーまひろお」の定期総会が開催されました。
「のーまひろお」は昨年、多機能型事業所の認定を受け、自立に向けて活動をスタートしています。
特に今年からは、パン工房を立ち上げて、利用者の就労支援と作業を通じて社会参画し、また、地域の方に施設を理解してもらうことを目的にしています。
総会で理事長が杉田一司さんから高橋和夫さんに変更になりました。杉田さんは6年間理事長を務め、今日の「のーまひろお」を育てていただき有難うございました


広尾町消防団広尾分団の総会に出席しました。

町長メッセージ

広尾消防団の広尾分団の総会が開催されました。
広尾には、4つの分団があり広尾分団が大所帯です。いつも団員さんには仕事を持つ傍ら、日々訓練を積み重ねて住民の命・財産を守っていただいています。いまや、団員さんの力なくして地域の安全は維持できません。また、家族の方々の消防団に特段のご理解をいただき、心から感謝しています。


4月16日(火)

民生委員・児童委員協議会の総会に出席しました。
民生委員・児童委員協議会の総会に出席

町長メッセージ

平成25年度、民生委員・児童委員協議会の総会が開かれました。
今、核家族化や単身世帯の増加、家族意識の変化で人と人のつながりが希薄になっています。さらに児童虐待、子育て不安、悪徳商法など後を絶ちません。
安心な地域をつくり住民が幸せに暮らすには、自主的な支えあい、助け合いが大切であり、民生委員、児童委員さんの地域福祉の中心的な担い手としての活動が町を支えてくれています。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る