心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長日誌

 

町長日誌(2013年<平成25年>3月16日〜3月31日)

 町長日誌TOPへ ←前へ 次へ→

3月29日(金)

3月31日付退職者に退職辞令を交付しました。
3月31日付退職者に辞令を交付3月31日付退職者に辞令を交付

町長メッセージ

平成25年3月31日付けで退職される12名の仲間に退職辞令を交付しました。
毎年のことですが、これまで私と苦楽をともにして一緒に広尾町の発展に頑張ってきた仲間が去ることは寂しさを隠せません。長い方で40年の役場生活であり、今日の広尾町があるのも皆さん方のご努力のおかげであり感謝申し上げます。定年を迎えた方は、今後の第二の人生を夢を持って更に活躍することを願っています。また、折に触れ後輩たちにご指導いただきますようお願いします。事情により広尾を離れる方も、新たなところで頑張っていただき、広尾町の応援をよろしくお願いします。


南十勝消防事務組合退職者の辞令交付を行いました。

町長メッセージ

今年は3名の消防職員が退職です。3名とも一部事務組合の設立第一期生であり、いつも緊張の連続で広尾町の防災行政に貢献していただき感謝申し上げます。これまで積み重ねた実績を後輩がしっかり引き継ぎ、住民の命と財産を守る使命を果たしていきます。


中国人技能実習生の歓迎会に出席しました。
中国人技能実習生の歓迎会に出席中国人技能実習生の歓迎会に出席

町長メッセージ

JAひろおでは、第5期の中国人技能実習生8名を受け入れました。
広尾の基幹産業である農業は、年々規模拡大が進む中で働き手不足が深刻ですが、その不足を中国の研修生にお願いしています。研修生全員が女性で研修目的をしっかり持って、明るくて、働き者で農家の人も大いに助かっています。受入れ農家の人ともすぐ打ち解け、地域の行事にも参加して日本・中国の友好関係を築いています。


3月28日(木)

南十勝介護認定審査会の懇親会に出席しました。
南十勝介護認定審査会の懇親会に出席南十勝介護認定審査会の懇親会に出席

町長メッセージ

南十勝(広尾町、大樹町、更別村、中札内村)の介護認定審査会が開かれ、2年間の期間が満了となりましたが、全員の委員さんが留任していただきました。
一回の審査に30件以上の審査をしていただくわけで、負担は大きいものがありますが、これまでスムーズに審査会を運営していただき感謝しております。
毎月の審査会は、テレビ会議ですが、1年に一度、委員さんが集い懇親を深めます。


3月27日(水)

排雪作業ボランティアをいただいた事業所に感謝状を贈呈しました。
排雪ボランティアの事業所に感謝状を贈呈排雪ボランティアの事業所に感謝状を贈呈

町長メッセージ

3月9日に広尾町の除雪契約業者と関連業者12社が公共施設9か所の排雪作業をボランティアでしていただきましたので、各業者の方に感謝状を贈呈しました。毎年、実施していただいていますが、特に今シーズンは雪が多く、排雪作業まで行き届かないのが現状で大変助かりました。感謝申し上げます。


女子野球日本代表の志村亜貴子選手による「少年野球教室」が行われました。
女子野球日本代表の志村さんを招いて野球教室を開催女子野球日本代表の志村さんを招いて野球教室を開催

町長メッセージ

全日本女子野球のキャプテンを務めた志村亜貴子選手が、故郷広尾で小学生、中学生を対象に野球教室を開きました。子ども達は憧れの志村選手の指導に喜びでいっぱいでした。広尾の子ども達も将来、志村選手のようにたくましく成長してほしいと願っています。


退職される校長先生、教頭先生の合同送別会に出席しました。

町長メッセージ

今年は豊似小の庄司校長先生、野塚小の片山校長先生、野塚小の杉山教頭先生が定年退職です。また広尾高校の川崎校長先生が岩見沢緑陵高校へ、広尾中の高橋校長先生が音更中学校へ、豊似小の佐藤教頭先生が足寄小学校へ転勤です。
これまで、それぞれの先生には、在職中、広尾町の子ども達はもちろんですが、地域としっかり連携して教育振興に大変なご尽力と、多くの成果をあげていただき厚くお礼申し上げます。


3月23日(土)・25日(月)

町内各保育所での修了式に出席しました。
丸山保育所の修了式広尾保育所の修了式
豊似保育所の修了式野塚保育所の修了式

町長メッセージ

3月23日(土)に広尾保育所、丸山保育所、3月25日(月)に豊似保育所、野塚保育所で修了式が行われ、保育所から36人が新一年生になります。
子ども達は立派に終了証書をもらい、元気一杯でした。そんなお子さんを見てお母さん、お父さん達も感激で涙が止まりません。4月から元気に学校に行って、たくましく健やかに育ってほしいと願っています。
子どもの数が少なくなり、少し寂しくなっていますが、明るい町を創るには元気な子供が財産です。家庭、学校、地域でしっかり子育ての環境を創っていきたいと思います。


3月22日(金)

町内各小学校で卒業式が行われました。(野塚小の式に出席)
野塚小学校の卒業式に出席野塚小学校の卒業式に出席

町長メッセージ

広尾小学校と野塚小学校の卒業式が行われ、私は野塚小学校の卒業式に出席しました。
野塚小学校は全校生徒20人の小規模校で今年の卒業生は2人です。校長先生が卒業証書を手渡し、6年間の思い出と‘はなむけ‘の言葉を贈り、在校生からの別れの言葉、卒業生からは感謝と中学校への決意が述べられ、小さい学校ならではの素晴らしい卒業式でした。
野塚小学校は開校110年の伝統ある学校で今年で1,863人の卒業生を送り出しています。


3月19日(火)

漁協、農協、商工会の3団体女性部料理交流会に出席しました。
3団体女性部料理交流会に出席3団体女性部料理交流会に出席

町長メッセージ

農協、漁協、商工の女性部の料理交流会が農村環境改善センターで開催されました。今年で4回目の開催で、年々料理のメニューも拡がり美味しく頂きました。
今年のまちづくりの目標に「食の元気づくり計画」を掲げています。食べることは生きることの基本であり、食材の地産地消による産業振興、体にいいものを食べる健康増進、生活習慣病の医療対策、子供にしっかり食事をさせる食育など食はまちづくりの根幹です。「食の元気づくり計画」を策定して、それぞれの分野で頑張っている人たちの横の連携を図りながら、系統的にまちづくりを進めていきたいと考えています。
この女性部料理交流会もまちづくりの大きな力になっています。


3月18日(月)

広尾町、大樹町、広尾警察署が暴力団排除の覚書を締結しました。
広尾警察署と暴力団排除の覚書を締結広尾警察署と暴力団排除の覚書を締結

町長メッセージ

広尾警察署管内の広尾町と大樹町が広尾警察署と暴力団排除の覚書を交わしました。暴力団排除については、これまでも取り組んできましたが、今回、町で暴力団の排除の条例を制定しました。条例では、暴力団の排除の理念を定め、町、町民、事業者の責務を明らかにし、暴力団の排除に関することを定めて、町民の安全で平穏な生活の確保と地域の発展に寄与することを目的としています。
「暴力団を恐れない、暴力団に資金を提供しない、暴力団を利用しない」の三ない運動を進め明るいまちづくりを進めます。


広尾交通少年団の退団式に出席しました。
交通少年団の退団式に出席交通少年団の退団式に出席

町長メッセージ

平成24年度の広尾交通少年団の退団式が行われましたが、今年は6年生がいないために団員に修了証が渡されました。交通少年団は昭和55年に設立された歴史のある少年団です。他の少年団と違って、交通安全の街頭指導など人のために活動する少年団です。町を挙げて交通安全運動をしていますが、子ども達が少年団として活動していることが凄く心強く思います。


3月17日(日)

冬季の津波避難訓練を行いました。
冬季の津波避難訓練を実施冬季の津波避難訓練を実施

町長メッセージ

初めての冬の地震・津波の避難訓練です。東日本大震災の教訓で大津波は施設では守れないので早く逃げることとして防災計画を変更しました。津波はいつ来るか分かりません。特に冬の避難には多くの課題がありますので訓練を通して検証し、万全の体制をとっていきたいと思います。
今日は、海岸地域の方の避難訓練で多くの方に参加をいただきましたが、今後も防災意識の向上を図り、全町内に自主防災組織を立ち上げ、「自分の命は自分で守る」ことを喚起していきたいと思います。


3月16日(土)

広尾町ジュニア・ジャズスクール創設説明会に出席しました。
広尾ジュニア・ジャズ・スクール説明会に出席広尾ジュニア・ジャズ・スクール説明会に出席

町長メッセージ

広尾町でジュニア・ジャズスクールを立ち上げようと説明会が開かれました。
この取り組みは札幌市芸術文化財団、広尾町、広尾町教育委員会、町内サークルが広尾からジャズで文化を発信して町に活気が出るようにと取組んでいます。
札幌市芸術文化財団が札幌市以外でジャズスクールの取り組みは初めてで、地方からジャズを広げて行きたいとの思いからです。
札幌市芸術文化財団は札幌・ジュニア・ジャズスクールを運営し、5年前から広尾の子ども達と合同演奏会を開いたり、広尾で合宿をしていることから、今回のジュニア・ジャズスクールを広尾で立ち上げようということになりました。
毎月1回、札幌からプロの講師を招いてレッスンを受けます。広尾町以外の方も大歓迎で、十勝全体で拡げていければと思っています。
当日は札幌・ジュニア・ジャズスクールのメンバーが演奏会も開いていただきました。


お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る