心豊かにふれあう海と大地 〜北海道広尾町〜

広尾町TOPページへ
文字を拡大縮小  サイトマップ  google WWW を検索 サイト内検索

サイトの考え方

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

広尾町役場

〒089-2692
北海道広尾郡広尾町
西4条7丁目1
TEL(01558)2-2111
FAX(01558)2-4933

TOPこんにちは町長です町長からのメッセージ

町長からのメッセージ

 

帯広・広尾自動車道シンポジウム

11月2日(水)、広尾町で帯広・広尾自動車道早期全線開通促進シンポジウムが開催されました。
帯広・広尾自動車道は帯広市から大樹町までは事業計画がありますが、大樹町から広尾町までは計画区間で事業化になっていません。道東自動車道の夕張―占冠間が10月29日に開通し、十勝と道央が高速道路で繋がりました。産業、経済、行政各方面から大きな期待の声が上がっています。この道東自動車道の連結する帯広・広尾自動車道にとっても、物流、観光、医療、防災面で地域に与える影響は大きなものがあります。
地域に物流があり、人の流れが出来て、消費があり、産業が生れる、この循環が経済であり地域振興であります。
北海道では、高規格幹線道路の整備が全国の72%に比べ50%に満たない状況であり遅れております。産業振興、救命救急医療機関へのアクセス、地震等の災害時における緊急輸送道路網の確保などの道路整備が重要な課題となっている。
地域の自立と競争力強化においては、広域経済圏の形成、広域交流・連携、広域観光などの推進が最も重要であり、そのためには、地域から自信のある宝物を発信する力をつけなければならない、そして道路網整備で、より各分野で情報の発信が出来て、地域の振興に繋がるように大きな期待をしています。
当日は、事業化の目途が立っていない大樹・広尾間の早期事業化へ向けて、「この道が南十勝の流れをかえる」をテーマに室蘭工業大学田村亨教授の基調講演の後、十勝毎日新聞社小野寺裕氏のコーディネーターで5人のパネラーにより、ディスカッションを行いました。
詳細は、添付ファイルを参照して下さい。





講師/アドバイザー
室蘭工大教授
田村 亨 氏
コーディネーター
十勝毎日新聞社
執行役員社長室長
小野寺 裕 氏

パネリスト
北大大学院水産科学研究院
特任准教授
古屋 温美 氏
パネリスト
十勝海運(株)
代表取締役社長
堀田 成郎 氏
パネリスト
十勝管内商工会
女性部連合会長
萬亀山 ちず子 氏

パネリスト
帯広市長
米沢 則寿 氏
パネリスト
広尾町長
村瀬 優

基調講演
要旨
シンポジウム
発言概要
PDFファイル
(84KB)
PDF
(158KB)

十勝毎日新聞 2011年11月4日付紙面より


 町長からのメッセージ(バックナンバー)


広尾町は、「核兵器廃絶・平和の町宣言」をしています。

お問い合わせ
企画課 ふれあいの係(TEL:01558-2-0184)

back前ページへ戻る